« 【NEW】「女子ラーメン部 公式ブログ」スタート! | トップページ | キモチが満たされる仕事。 »

2009年10月16日 (金)

ミュージカル「ALL SHOOK UP」@青山劇場

Photo招待していただき、ブロードウェイ発のラブ・コメディ「オール・シュック・アップ」を青山劇場で観てきました。

V6の坂本昌行主演。エルヴィス・プレスリーのロックンロールナンバー25曲にのせて、恋と歌どダンスが軽快に展開するミュージカルです。

後半は結構笑ってしまいました。だって恋は盲目っていうか、恋しか考えてないっていうか、心変わりも激しくて、、、えぇ~!そこ、イキナリくっついちゃうの~!!と。

まあ、恋に落ちるとは、こういうことなのかもね。

舞台とかミュージカルって、観終わった後、なんか心にズシリと重いものが残ってしまう作品って、多いと思うんです。

「オール・シュック・アップ」はそれとは全くの対極!

あははは!わぁ~、楽しかったぁ。・・・そんなスッキリ感です。予想以上のハッピーエンド!

舞台の上の人たちも、ホント楽しそうなんですよね。

でも、歌も展開も激しいので、これはかなりの体力を消耗するでしょうね。

ヒロイン役の玉置成実が素晴らしく良かったです。ダンスのキレといい、声の強さといい。そうか、こういう人だったのかぁ、と改めて知った感じ。かなり好感を持ちました。

20091015132114 カーテンコールで、出演者がギターを弾くパフォーマンスをしながら歌い踊っている時、彼女のギターのストラップが切れたのか外れたのか、肩にかけられなくなったんだけど、カバーしつつパフォーマンスを終えた時、さっと坂本クンがそのギターを受け取り、大丈夫?的なフォローをしてる感じが、おっ!紳士な気づかい、と優しさを垣間見た瞬間。

舞台に限らず、予定外の何かが起きた時、その対処の仕方に、その人が表れたりするんですよね。

前半終わった時点で、「絶対ハッピーエンドだよね。ってことは最後はどういうハッピーエンドになるか予想しよう」なんて話していたんですが、予想外な部分も楽しめました。

終演後、「恋愛のことだけ考えてた頃が懐かしいね~」なんて話しながら、宮益坂を渋谷駅まで歩きました。

|

« 【NEW】「女子ラーメン部 公式ブログ」スタート! | トップページ | キモチが満たされる仕事。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/46499246

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル「ALL SHOOK UP」@青山劇場:

« 【NEW】「女子ラーメン部 公式ブログ」スタート! | トップページ | キモチが満たされる仕事。 »