« お知らせ【strobo】購入希望の方へ。 | トップページ | 映画「大洗にも星はふるなり」試写 »

2009年10月10日 (土)

映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」試写

平井堅の歌う「僕は君に恋をする」を最近よく耳にしますね♪ なんか気配が「世界の中心で愛を叫ぶ」に似てて、懐かしいなぁ~なんて思いながら聴いてしまします。

でも、この曲、岡田将生、井上真央主演の映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」、通称「僕キミ」の主題歌なんですね。

「僕キミ」といえば、ティーン女子の認知度100%の人気コミック「僕の初恋をキミに捧ぐ」(青木琴美原作)の実写映画化!単行本は全12巻で、累計600万部を超すベストセラー!

人気コミックは役のイメージが出来上がっているので、実写化の話が出ると、一体誰が演じるのか!?と、毎回問題、というか話題になりますね。コミックに思い入れがある人は、想像していた人物像がリアルになった時、違う~!とか、ピッタリ!と、一喜一憂。

---- 8歳の夏、繭(まゆ)は、父の病院で入院生活を送る同い年の逞(たくま)と出会い、お互いに恋心を抱き始めます。ある日繭は、逞が重い病気のため「20歳まで生きられない」ことを知ることに。ショックを受けながらも、幼い2人は、いつか大人になったら結婚しよう!と誓い合います。時は経ち、中学生になっても一途に逞を愛し続ける繭に対し、逞は忍び寄る自分の死いついて考え、繭への気持ちを封印して遠ざけようとします。

進学問題や恋のライバル登場に、気持ちは揺れ動き、本当はお互いを想いながらもすれ違ったり、もどかしい日々。逞の病状は次第に悪化していきます・・・・。

8歳で出会ってから、ずっとひとりだけを好きでいる、という純愛設定。まず、子役の女の子のものすごい演技力に驚かされます。そして成長した2人を演じる井上真央と岡田将生は新鮮なカップル。

コミックはちょいエロいシーンもあるので、どうなることかと思っていたけど、映画はピュアな2人。しかし!岡田くんは、「ハルフウェイ」でも思ったけど、女の子とじゃれたりキスするのが自然ですごく上いなぁ(笑)。

コミック12巻分の2人のエピソードを2時間にギュッと詰め込んでいるので、ストーリー展開が急激で、人間関係も詰め込み詰め込みって感じで、かなり無理はあるけど、2人だけに絞って展開しているので、コミックを見ていない人でも余裕でついていけます。

私もコミックを読破していたので、ストーリーはわかっているつもりで油断して観ていたら、あれ?後半思わぬ展開にビックリ!待ってよ!そ、そうなの!?

私の記憶違いだっけ?と気になったので、帰り道、コミック「僕キミ」最終巻だけ購入して読んでみました。ふん、ふん、・・・だよね。

主題歌を聴きながら、なんとなく思ったのは、高校生の純愛と病気、という設定も「世界の中心で~」と似ているのかな、と。

+++++++++++++++++++++++++++

2009年/122分/監督:新城毅彦/キャスト:井上真央、岡田将生、杉本哲太、森口瑤子、細田よしひこ ほか/原作:青木琴美「僕の初恋をキミに捧ぐ」(小学館刊)/主題歌:平井堅「僕は君に恋をする」/配給:東宝

1024日(土)全国東宝系ロードショー

|

« お知らせ【strobo】購入希望の方へ。 | トップページ | 映画「大洗にも星はふるなり」試写 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/46462918

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」試写:

« お知らせ【strobo】購入希望の方へ。 | トップページ | 映画「大洗にも星はふるなり」試写 »