« 映画「闇の列車、光の旅」公式WEBサイト。 | トップページ | 映画「海の金魚」試写。 »

2010年2月 7日 (日)

ヤン・イクチュン監督来日。

20100207092635

映画「息もできない」で監督・脚本・主演をひとりでやったヤン・イクチュン監督にインタビューを申し込んだのは、ホント勢いからの流れでした。

試写をT君と観に行った直後のこと、エンドロールが流れ、試写室が明るくなり、観に来ていた人たちが座席を立ち、ざわざわっとする中、T君と私は「よかったぁ~!」「すっごい良かったね!」と言い合っていました。

予想以上、、、まさかこんなに揺さぶられるとは思わなかった。

試写前に渡されるマスコミ用プレスシートには、世界各国の映画賞で25以上もの賞を受賞した、と絶賛されの文字が躍っていて、それが逆に、「ほんとに?」「ちょっと大袈裟なんじゃあないの?」と、うがった見方をさせてしまったりもする。

で、結局いつも行き着く答えは、「まず自分の目で観てみよう!自分の感想を大事にしよう!」ということになる。

試写が始まったすぐには、オヤジみたいなチンピラみたいな乱暴者のサンフン(ヤン・イクチュン)を、かなり引いた感じで傍観していたのですが、終わってみれば、このビジュアルでさえ可愛い、とまで思い始めているあたり・・・なんというストーリー力!

試写室を出る際、監督来日時のインタビューをオファーしてしまいました。・・・というまさかの展開!(笑)

インタビューはホテルの一室。その日は朝一番の取材が【strobo】でした。映画の役の感じとは全く違う、ラフなスタイルの若者がいました。ジーンズにTシャツの上からチェックのシャツを重ね着。

インタビューはT君が担当。監督はシャイだけど一生懸命に語ってくれました。終わった後、T君とハグしてた。

インタビュー中、私からも1つだけ質問したんですが、ヤン監督の片思いしてた時の話まで飛び出して(!?)、泣いたり笑ったりのジェスチャー付きで、話を聞くみんなが笑顔になり、時間はあっという間に過ぎていきました。

★ヤン・イクチュン監督のインタビューは、2/25発行の【strobo】に掲載されます。

|

« 映画「闇の列車、光の旅」公式WEBサイト。 | トップページ | 映画「海の金魚」試写。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/47480399

この記事へのトラックバック一覧です: ヤン・イクチュン監督来日。:

« 映画「闇の列車、光の旅」公式WEBサイト。 | トップページ | 映画「海の金魚」試写。 »