« 新入社員。 | トップページ | 軽快な懐メロの意味するところは? »

2010年4月 7日 (水)

映画「苦い密」試写

むむむむっ。これは困った。何が困ったって・・・私にはかなりイマイチの作品だったから。

もしかしたら、いやいや、いいじゃん!って人もいるだろう。だけどごめん。私はダメだったな。

ビートルズのブッチャーカバーと呼ばれるプレミアム盤が盗まれるという事件が起きてから1年後に偶然「「ビートルズバー」に集まった人たちが、1年前の事件について真相を語りだす---という、映画「キサラズ」とか「大洗にも星は降るなり」系のシチュエーションドラマ作品。

ビートルズバーの中だけで物語が展開してゆく。

たくさんいる登場人物のキャラクター設定や背景などがあまり描かれきっていないような感じがしました。なので、会話がサラッと浅く感じちゃうんですね。

ビートルズファンが何かを期待して観に行ったら、ブッチャーカバーという小道具もあまり、物語のフックになっていないような・・・。

この作品に限らず、最近、試写を観に行って、、音楽について思うコトがいろいろあるので、今度また別に書きます。

|

« 新入社員。 | トップページ | 軽快な懐メロの意味するところは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/47892949

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「苦い密」試写:

« 新入社員。 | トップページ | 軽快な懐メロの意味するところは? »