« 試写回想録。 | トップページ | 映画「ハナミズキ」試写。 »

2010年7月27日 (火)

SUPERGRASS解散。

Cimg0100

4月、「スーパーグラス(UK)解散」というニュースを聞いた時、あぁ、バンドって、会っていなくても続いていると思っていたら、解散する日が来るんだなぁ・・・なんて、切ないような、懐かしいような、残念な気持ちでいっぱいになりました。

6月上旬のツアー終了時に解散、とわかっていても、パリに観に行くパワーはなかった。

スーパーグラスとは1997年頃、ロンドン、オックスフォード、東京、ダブリン・・・と何回もインタビューや撮影、ライブを観ました。初めて会ったのはロンドンのEMI UKのオフィス。デビューが決まった新人バンドのインタビューでした。来日した際、日本の普通のアパートにメンバーを連れて行って撮影したり、オックスフォードでは当時ギャズがGFと暮らしていた家に招待してもらったり、なんか結構楽しんだなぁ。

★私の好きな曲。「Caught by the Fuzz」

Cimg0102

Cimg0108

あの頃、私は「Smashing!」(銀河出版)というタイトルのUKバンド本を出版し、5号まで出版しました。中でもblurとレディオヘッドとスーパーグラスとアッシュは、ほぼレギュラーで、毎月ロンドンに数回行って取材していました。日本での取材は、来日したタイミングでしか出来ないので、UKにリクエストを出して、スケジュールが出たらすぐに渡英、というムチャなこともやってました。

↑↑画像は、今はもうない溜池のEMIのビルの前&ロビーにて。

Cimg0103

当時から、面白い写真を撮りたい!といつも企んでました。TOKYO FLATの企画は最高!って今も思います。だって、日本の普通の2DKのアパートにスーパーグラスがやってきた、という企画。

いきなり土足、しかもブーツのまま畳の部屋にあがってビールで乾杯したり、カップヌードル食べ始めた時は、もう爆笑でした。

「ねえ、日本人はホントにこんな狭いアパートに暮らしてるの?」と驚くスーパーグラスのメンバーは、当時まだ20才そこそこの年齢で、既にオックスフォードで広い一軒家をシェアしてたからなぁ。

Cimg0104

Cimg0106

最後は建物の屋上で弾けてジャンプ!そうそう、なんかスーパーグラスは、よくジャンプしてました。

アイルランドのダブリンへは、blur、スーパーグラスが出演する野外ライブに同行しました。既に「Smashing!」の撮影を楽しみにしててくれるようになった彼らは、信じられないくらい時間をたっぷり割いてくれます。ダブリンの街の中を歩きながら撮影した後は、ホテルでインタビュー。

Cimg0107

夕方からライブ。彼らのセットリストの最後の曲は「Going out」だったんだけど、この曲が始まると、あっちでもこっちでも抱き合ってキスしてるの!曲のパワーって凄いなぁ、と思った瞬間でした。

スーパーグラスと共有できた素敵な時間は、今も記憶の中で輝いています。

ありがとう♪

|

« 試写回想録。 | トップページ | 映画「ハナミズキ」試写。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/48263728

この記事へのトラックバック一覧です: SUPERGRASS解散。:

« 試写回想録。 | トップページ | 映画「ハナミズキ」試写。 »