« 「アーティストとファン」について思うこと。 | トップページ | 「アーティストとファン」について思うこと。(3) »

2010年10月24日 (日)

「アーティストとファン」について思うこと。(2)

《アーティストとファン》について、記憶の片隅に残ってるエピソードとか、思うことを、とりとめもなく書いてみます。

映画だったら、映画が封切られてからファンは観ますよね。音楽だったらリリースされてからファンは聴きます。TVドラマだったらオンエアーされてから観る。でも、その作品が実際製作されていた期間というのは、半年~1年前だったりします。特に映画や音楽は完成までに時間かかります。だからファンが作品に触れて、いろいろな感想をつぶやく時期と、その出演者が作品に密に向き合ってる時期には、タイムラグが大きくあります。

映画と音楽は、市場に公開されてからの流れが若干違うなぁと感じたことは以前もブログに書きましたが、映画は公開直前までがプロモートのピークで、公開しちゃったら、もうPRに時間は割かない。だから出演している俳優の気持の流れとしては、作品への出演が決まって、台本を読んで気持を作りながら準備して、撮影に入り、演技をしている期間がまずは自分を最大に出し切るために力を注いでいる時間。クランクアップから編集作業が行われている頃には、もう次の仕事に気持が移っていて、いよいよ公開日が確定すると、その少し前にプロモート期間があるので、撮影していた時のことを思い出しながら、あの頃はこうだった~とインタビューなどに応える、と。

公開された作品を観たファンが、感想を言い合い、絶賛もあれば、中にはダメ出しも。その声が出演者に届く頃、もう作品は世の中のものというか、製作サイドの手を離れて独り歩きしているので、絶賛も批判も、ちょっと客観的に受け止めてしまったりするんですよね。

だから1つの作品に対する「渦中」という感覚は、アーティストとファンでは、半年~1年くらいズレているんです。実際ファンの目に耳に届く時には、アーティストはさらに半年~1年先のことを考えていたり、準備していたり、製作してる、と。

でも音楽は、音源をリリースしてから「ライブ」という再現する場があって、ミュージシャンにとっては再現する場こそ、ファンにダイレクトに伝える場なので、そこでの反応はすごく気になるところ。

--------------------

いつかのワンシーン。

あるバンドのライブ後の打上げが夜中まで盛り上がった後、「次の店行く~?」、「俺、明日早いから帰るわ」、「じゃあまたね~!」と、参加者がそれぞれ繁華街の路上でバラバラに解散していくよくある風景。

ボーカルの人と私は酔いさましにぶらぶら歩いていました。渋谷だったか青山だったか麻布だったか、、、その辺りの歩道橋の真ん中で、下を見れば車がビュンビュン走っていた。ビルの明かりや通り沿いの看板のネオンがキラキラ眩しくて、夜なのにココ(東京)は、なんて街なんだろう!大勢の人達が眠らずに活動している・・・まばゆい街の灯にうっとりして「キレイだなぁ」と思わず声に出してしまった私に、その人は、「夜の街の明るさはまやかしだよ。暗闇に汚いものを全て隠してしまうからね。朝になったらゴミとか汚いものが見えるよ」と笑いながら言いました。

それから、「ライブも似てるかもね」なんて話に。「ファンが見てる姿は、俺たちがライトの中で輝いてる姿だからなぁ」・・・その姿も、まやかしかもしれない・・・!?

(つづく)

|

« 「アーティストとファン」について思うこと。 | トップページ | 「アーティストとファン」について思うこと。(3) »

コメント

まやかしでも、結局は夢と希望をファンに与えるのがアーティストのお仕事ですよね~。
本人たち(やその仕事に関わる周囲の人たちも)がツィや小手先でいろいろ漏らすのはプロ意識の欠如ですね。

今回の東方神起事態はプロかそうでないかという違いをはっきり見せられたような気がします。

投稿: Elle | 2011年1月20日 (木) 12:29

>Elleさん

順番に読んでくださって、ありがとう!

コンサートに行くファンは、高いチケット代を払って、2時間くらいの時間、日常のリアルな生活やいろんなこと全部をいったん忘れて、会場の中で、大好きなアーティストと同じ時間・空間を過ごすんですよね。そこでは夢を見させて欲しいし、リアルな日常なんて忘れていたい。

会場を一歩外に出た瞬間に、また日常というリアルに連れ戻されてしまうから。

だから私個人の考えとしては、アーティストまでもがリアルな日常を見せ過ぎては(そこはブランディングによるさじ加減があると思うけど)、ライブの時、そのアーティストに夢を見れなくなってしまうと思うんです。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月30日 (日) 14:21

ご返事ありがとうございます。

私はずっと東方神起オンリーなんですが、SMTライブつながり(LAのほうに行きました)でSuper Junior やSHINeeなども気になっています。
SuJuのヒチョル君はツィッターでよく写真アップとともに一言言っていますが、何か癒されています。
結局ファンに安心や感謝や愛情を発信できるか、ですね。
それができないのなら止めなさい、と言いたいですね。

投稿: Elle | 2011年2月 6日 (日) 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/49827506

この記事へのトラックバック一覧です: 「アーティストとファン」について思うこと。(2):

« 「アーティストとファン」について思うこと。 | トップページ | 「アーティストとファン」について思うこと。(3) »