« 海外。 | トップページ | 今月余裕ナシ! »

2010年10月 4日 (月)

東方神起について思ったこと。

熱狂的なファンがたくさんいるアーティスト。大好きなアーティストの活動が止まってしまうと、ファンは苦しいだろうな。

私は1リスナーだけど、現在の状況に至る前から、東方神起というアーティストをちょっと不思議な感じで捕らえていました。私が過去にレコード会社で働いていたり、アーティストのプロデュースをした経験があるから、無意識に何かと比べてしまうのかもしれないけど、日本のアーティストとは違って、東方神起は常に満身創痍みたいな印象があって、常に100%以上を出す姿勢が人々を魅了して、感動させるんだろうな、なんて思いつつも、とにかく新鮮な部分で、「へぇ~!」と思うコトがいくつかありました。

例えば・・・新曲を発表する時やライブのバックステージ映像で「しっかり準備してきた」というコメントが多い。バックステージにカメラが潜入にしてるのに、そのさらにバックの見せない部分に時間を費やしていることが伝わるコメントで、日本のアーティストで、「準備をしてきた姿を見てくれ」という言葉は意外に聞き慣れないコメントだったので新鮮でした。自信があるから言える言葉でもあるし、実際そうして発表される新曲の演出(歌、ダンス)は、確かに凄い!と感心しました。日韓で活躍しながら充分に忙しそうなのに、目に見えるスケジュール以外に、どれくらいの準備時間を東方神起に費やしているんだろう。

例えば・・・「もっと頑張るので、頑張る僕らを応援してください」というような、自らを鼓舞する発言も、日本のアーティストではあまり聞かないので、へぇ~!と最初は驚きをもって聞いていました。自分たちにものすごく厳しいんだな。そして、宣言してファンを引っ張っていくタイプのアーティストなんだなぁ、と。そういう有言実行の責任感が、彼らを走り続けさせ(メンバーがケガなどしても)、その時点で100%を出し切っていかないと緊張が切れてしまうのかもしれないなぁ、なんて思いながら見ていました。

他にも例えば、アルバムのジャケット撮影とかも、ロケ撮影が多い、というもの意外というか、低予算(?)なのかなと思ったり。メンバー全員がパートを分けて歌うので、Aメロ~Bメロ~サビが、全てくって入っていくので、ブリッジが少なくて、1人でカラオケで歌うとつなぎが難しい、とか(笑)、いろんなタイミングで目に、耳に入ってくる東方神起の活動を、なんかいつも、「ほぉ~!」みたいな感じでウォッチしていました。

アーティストと、彼らを支えるスタッフと、ファンの作り出すトライアングルがどんどん大きくなっていくことで、大勢の人を巻き込みながらサクセスを掴んでいった東方神起。ものすごく全てがうまくいって勢いがある時は、アーティストもスタッフもファンも、皆が笑顔でいたはず。

バンドやグループの人数が多ければ、グループの意志は、メンバー数の最大公約数になるから、メンバー個人の意志が全部反映されるってワケにはいかなくて、自分を殺すことでチームを生かす、みたいなスポーツに近い感覚がチームワークを生み出したりしますよね。5人だったら5つの円が重なるところが最大公約数。個性的なメンバーが集まればバランスをとるのは難しくなってくるし、でも、個性的なアーティストが集まったからこそ、1+1+1+1+1>5 になって、5以上のパワーを発揮する! でも、ミラクルの影には常に不確かな要素を含んでいるんですよね。

ちょっと話は変わりますが、私が以前関わったアーティストでこんなことがありました。

ライブハウスで10名くらいのお客さんの前でライブをやっていた3ピースの10代のバンドに出会った時、「うわっ!このバンドは絶対売れる!」とライブを見て一瞬で確信したんです。大勢のオーディエンスの前で演奏している彼らの姿も想像できました。ライブ後、声を掛けて、「私がレーベル見つけてくるから!一緒にデビューしよう!」なんてことを言ってました(笑)。それから本当にレーベルを見つけ、毎日のように彼らと会って食事したりいろんなことを話して、曲を選び、レコーディングをして、ジャケットのアートワークもプロデュースして、彼らはインディーズからCDをリリースしました! 

誰もが想像していた以上に売れたんです!瞬く間にライブハウスもオーディエンスで満杯!レーベルからはすぐに2枚目のCD製作の話が出ました。・・・その頃、ある日レーベルの社長が、メンバーに直接連絡をしてきて、メンバーとだけで会いたいから、私にはこのことを連絡しないで、メンバーだけで会社に来て欲しい、と言ってきたんです・・・。メンバーは私に内緒で社長に会うことをためらい、私に報告してくれ、「一緒に行こう」と言ってくれました。でも、その時はショックでしたね。私がレーベルにプレゼンしたアーティストを、一緒に売り出したレーベルに裏切られたような失望感。あぁ、私のこと外そうとしてるんだな、きっと彼らが売れそうだから、自分たちがコントロールできる大きな事務所に入れたい、と考えたんでしょう。

社長にクレームの電話を入れながら、悔しくて悲しくて放心状態でした。もうこの人のことは信頼できないと思い、「ごめん、そんなつもりはなかったんだよ~」と言われても、もうその言葉は私の心には届きませんでした。

私の経験したこと以外でも、バンドの解散やメンバーの脱退、事務所の移籍、マネージャーの交代など、何度も見てきました。

また別なある時は、私が親しかったバンドが、数社のメジャーレーベルの争奪戦に巻き込まれている時、レーベルの人から私にアプローチがありました。メンバーにうちのレーベルと契約するようにあなたからプッシュして欲しい、という内容だったんだけど、欲しいアーティストに対しては、契約書を締結するまでは、可能性のあるあらゆる方向から攻めるのも仕事。売れるアーティストを獲得したいですもの。自分たちと組まないか?自分たちを選んでくれたらこんな素晴らしいことが起こるよ、ってね。

東方神起ほどの人気アーティストだったら、いろんなアプローチがあっても不思議じゃないと思います。

だけど、誰を信じて、誰と組むか?

これは本当に難しい問題。アーティストは自分自身でお金の交渉やスケジュールのブッキングをしないから、いつも誰かに・・・自分の才能を高く評価してくれて、自分では想像もつかないような大きなパワーで高い未知の場所へと引っ張り上げてくれる人を求めている傾向があります。いろいろな出会いがある中で、誰を信じて、誰と組むか?

どういう状況になっても、ファンが、このアーティストのファンになって本当に良かった!と思えることが理想だけど、いろいろな解決されていない問題1つ1つを、今まで彼らがやってきたように、100%以上の全力で向かい合って欲しいなぁ。

|

« 海外。 | トップページ | 今月余裕ナシ! »

コメント

はじめまして。
僕は観る聴く買う側なのでとても新鮮なブログです♪
今度ついに元マスラヲコミッショナーのVo.とDr.がメンバーであるusual o.k.が初アルバムを発売しますね。
僕はマスラヲコ時代の初めの黄色いマキシ青いマキシ~最後のBESTまでCD全部、DVDは2枚持ってます。
ライブでは「星の番人」で涙流して遠藤さんをギョッとさせたり、ツアー中は酒飲まないの知らずに日本酒差し入れてしまったりしました。
解散前は「最近どうしてますか?」とおもちゃ工房に電話するくらい心配しました…。
BESTに収録されたカセットの曲が「世明けまえ」「マーバンサー」が抜かれていて結局聴けず終いなのに、そのカセットの写真だけ歌詞に載ってて非常~に悔しかったですね。
大好きでしたから。
全てが懐かしい青春であり、歌を聴けばいつでも蘇る輝かしい時間です。
世に送り出していただきありがとうございました!

投稿: きくち | 2010年10月 8日 (金) 08:14

>きくちさん

コメントありがとう!
きくちさんのコメントを読んで、朝から泣きそうになりましたよ。
あぁ、良かった!私が送り出したアーティストが届いたんだなぁ、って。
やっぱり。初めて彼らに会った時の、ヒラメキに間違いはなかったなぁ!

黄色いマキシは、選曲、ジャケのイラストをこの人に描いてもらいたい!と依頼するところから、そして中の彼らの写真も私が撮影したものなので、思い入れが詰まった1枚です。売れて嬉しかったです。

投稿: kiyori ♪ | 2010年10月 8日 (金) 10:55

初めまして。
私は東方神起のファンです!
検索から飛んできました。


この記事、深いですね。
私も、
東方神起は他のアーティストとは違うと感じ、
ファンになりました。

誰よりも努力している彼らが、
また笑えるようになることを
早く復活できるようになることを

願っています。


投稿: さき | 2010年10月10日 (日) 00:08

>さきさん

笑顔って、その人自身を表しますよね。
言葉にしなくても、
見る側は、その笑顔が心からのものか、貼り付けたものか、、、
伝わってしまうものですよね。

これはアーティストに限らず、私たちだって同じ。

アーティスト、支えるスタッフ、ファンの全てが笑顔になれる瞬間は、ホントは奇跡なんですよ。でも、その渦中にいる時は、奇跡の瞬間に気づかずに過ごしてしまったりするものですよね。

投稿: kiyori ♪ | 2010年10月11日 (月) 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/49476020

この記事へのトラックバック一覧です: 東方神起について思ったこと。:

« 海外。 | トップページ | 今月余裕ナシ! »