« 「アーティストとファン」について思うこと。(6) | トップページ | 【strobo】溝端淳平さんインタビュー。 »

2011年1月16日 (日)

500円がもったいない時と、そうでない時。

仕事をしていても、「こんなご時勢だから~」とか、「不景気だから~」というセリフをよく聞きます。

これだけ聞くということは、本当に不景気なんだなぁ・・・なんて改めて確認してみたり。

お金の価値って、人それぞれだと思いますが、例えば、500円のお賽銭はケチケチするな!って思うのに、好きなドリンク(TEAS'TEAのベルガモット&オレンジティー)が数円安いというだけで、安売りしてる店まで買いに行ってしまったり。そういうのって何なんでしょうね。

390円で売ってるお弁当で充分じゃん!倹約倹約!なんて思う日もあれば、ランチで1800円でもおいしいモノを食べるべき!と思ったり。それって何なんでしょうね。

ケチなんですかね?大雑把なんでしょうか?

話は全く変わりますが、横断歩道。信号が赤で、待ってる状態。左右を見ても車が来る様子は全くなし。こういう時、渡っちゃいますか?

ちゃんと交通ルールを守るべき!と待つ日もあれば、今急いでるから渡っちゃえ!って渡ってしまう日もあったり。自分がちゃんと待ってるのに、人々が信号無視して渡って行くと、もうっ!とムカムカするのに、自分が急いでる日はお構いなしに渡る。これって一体何なんでしょうね。

電車で、座っている時、お年寄りが目の前に来た・・・すぐに席を立って「どうぞ」って日もあれば、寝たふりして気づかないふりしてやり過ごそうなんて思う日もあったり。席を譲った日は自分が良いことをした、と気分が良かったり、譲らなかった時は・・・そう、別に悪いコトをしたとも思ってなかいなぁ。

何を言いたいか、というと、誰にでも自分の中でいろんなジャッジがあるんじゃないかな、と。こんな小さなことでも、その日の気分で、選択する方向が全く違ったりするんだから。

よく「ブレない人」って言い方、ありますよね。

ブレブレなのが普通なんじゃないかなぁ~と思ってるので、ブレない人、一貫した態度を貫いている人って、本当に芯の強い人か頑固者なのかも。

そんなことを、ふと思いました。

|

« 「アーティストとファン」について思うこと。(6) | トップページ | 【strobo】溝端淳平さんインタビュー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/50500296

この記事へのトラックバック一覧です: 500円がもったいない時と、そうでない時。:

« 「アーティストとファン」について思うこと。(6) | トップページ | 【strobo】溝端淳平さんインタビュー。 »