« ブログをやってて嬉しくなる瞬間。 | トップページ | 500円がもったいない時と、そうでない時。 »

2011年1月13日 (木)

「アーティストとファン」について思うこと。(6)

2人(ユノ、チャンミン)で復活した現在の東方神起を支持します。

*青字追記しました。

このコラムもシリーズ6まで書いてきました。そして今回、イキナリ思い切ったことを書いたかもしれない。いろんな意味での渦中のアーティストだからね。でも、日本での活動が本格的に再開する前に、「応援しているよ!」という気持ちを伝えたかった。

174596_m

それはまず、彼らが韓国でリリースしたアルバム『なぜ(Keep Your Head Down) 』の内容が、素晴らしい!と素直に思えたから。選曲からアレンジに至るまで、かなり構築された内容だと思います。以前みたく音楽ライターとしてレビューを依頼されたら、このアルバムの完成度を絶賛しましたね!間違いなく。

何度も聴くうちに、最初聴いた印象と変わりつつも、気に入った曲をリピートしてしまいます。タイトル曲はMVのクオリティにも圧倒されました。製作費のかけ方にも!ハードにアピールしながらもスタイリングなどの繊細な部分はものすごく上品。洗練されたファッションは、それを着こなせる身体とセンスがなければ、服に負けてしまったり、着せられてる感が出てしまうものですが、彼らは完全に、世界(ファッションも楽曲もダンスもMVのセットも・・・)を自分たちのカラーで支配していました。

タイトル曲以外に私がへぇ~!と驚きと新鮮さを感じたリピート曲は、「SHE」と「Honey Funny Bunny」です。初めて聴いた時から、これは中毒性の高い曲だなぁ~!(笑)と、笑顔になってしまいました。クリエイター陣が優秀なんでしょう。で、アルバムの中でこれだけの振り幅のある楽曲を集めてきても捨て曲がない、というのは、製作過程で、かなりの数の楽曲を用意したはずです。一体何曲の候補曲から選ばれたんだろう!と思いました。

いろんなアーティストのレコーディングやCD製作を見てきたけど、レコーディングに突入しているのに、楽曲が間に合ってないとか、作詞しながら、とか、あと1曲何とかしなくちゃ!とか、そんなことよくありますから。特にバンドだと、作詞・作曲する人にレコーディングの比重がかかってしまって、その期間中の、或いは製作時期の、思ってることや影響されてる(よく聴いてる)曲の雰囲気が色濃く出てしまい、全く違う世界観で曲を作ったり、違う言葉で1つのことを表現するのが難しかったりするんですよね。だから、東方神起が優秀なクリエイターに囲まれて、多分かなりの量の候補曲の中からセレクトした、こういうプロジェクト的なチームワーク(2人は声という楽器を使った表現者として)での楽曲作りが、成功の1つのポイントだと思います。

それはまた、後のライブでの表現までも予測した2人のポテンシャルを最大限に生かされるポイントだと思います。完成した曲に、彼らがステージで表現するという、次のフェーズでの表現が加わってくることも想定されていて、そうやって高い方へ想定できるのは、彼らがステージに立つと表現者としてさらに+αの未知の力を発揮する、と多分スタッフやプロデューサーも確信が持てるから、信頼してるから、だからこういう楽曲セレクトになったんだろうなぁ・・・と、ついつい製作者サイドからの見方もしてしまいますが。

「高い方へ想定できる」・・・すいません、伝わりづらかったですね。一般的にレコーディングしてCDになった楽曲は、レコーディングの現場ではいろいろ重ねたり付け加えたり、ピッチを変えたり、音を加工したり、時には切り貼りしたり、、、とまあ、最高の音源を作るためにいろんな努力がなされるワケですよ。そして、完成した楽曲を例えばバンドがライブで演奏する時、メンバーだけで表現するには音の厚みがなくなってしまったり、重ねていたハモもボーカルひとりが何重にも歌ってることもあるので、薄く感じてしまったりということがあります。だから、CDリリース後にライブ演奏する際、さてどうしよう?とか、どういうアレンジにしよう?とか、この曲は生演奏無理な曲、終了(笑)とか、リアルなステージでの挑戦があるんですね。

東方神起を見た時に、ステージで楽曲を表現する時には、彼らのダンスや表現力が音源に上乗せされる、ということが確実に想定できる、ということです。実際、今回出演した韓国の音楽番組でのパフォーマンスを見て、感心させられました。音源以上のものを生で見せれるって、凄いことだと思います。

「SHE」や「Honey Funny Bunny」がライブでどのように表現されるのか、期待してしまいます。

はい、最初に戻って。応援を表明しようと思った理由その2。それは、彼らの直近のインタビュー記事を読み、アーティストとしてのプライドと覚悟を強く感じたからです。2人の覚悟と潔さと責任感が響きました。2人の気合っていうんでしょうか、批判も全てひっくるめて受け止めて、前に進む、という強さに感動しました。

2009年年末の紅白を見た時の驚愕の記憶が私の中に残像として焼きついているからかもしれません。

アーティストを応援するファンが、ブログやツイッターなどでアーティストを盛上げますよね。でもファンはどうしても、アーティストから発信された作品や発言などを受けて、そこからの応援になるので、アーティストサイドが激変する最中には、ファンもアーティストの発言に一喜一憂しつつ振り回されてしまうことってあると思います。ファンとして、ブログなどで発言したことで、バッシングコメントを受けたりすると、発言する時点で言葉に気を使ってしまったり、ここまでは書かないでおこう、と勝手に自粛してみたり、守りに入って、楽しめなくなったり・・・ブログやってる人なら、そういう経験誰でもありますよね。モチロン私もあります。

それくらい、言葉にするって、外に向けて発信するって、簡単だけど実は大変なことなんですよね。責任とかいろいろ考え始めると大変だけど、でも実はシンプルに向き合えば簡単なこと、なんですよ。つまりはメビウスの輪みたいなものです。表と裏はいつもつながっている。何かを発信(発言)してる人は、リスクも覚悟しながらも、それ以上に得られる感動やプラスの作用を信じて欲しいな。

強い意志を持って前に進むということは、ものすごく傷つく可能性とも表裏一体だけど、そこで進むか?やめておくか?

2人で始動した東方神起のインタビュー記事に目を通しながら、腹くくってるなぁ!と思いました。それは表情にも表れてますね。

今、新たに歩き始めた2人に「頑張れ!」とエールを送ります。素晴らしい楽曲で音楽シーンに旋風を巻き起こしてください。それはきっと、今騒がれているK-POPブームとは別の次元じゃないのかな、と私は思っています。

いつか、インタビューなど仕事の現場で会いたいですね!

-------------------

★バックナンバー

東方神起について思ったこと。

「アーティストとファン」について思うこと。(1)

「アーティストとファン」について思うこと。(2)

「アーティストとファン」について思うこと。(3)

「アーティストとファン」について思うこと。(4)

「アーティストとファン」について思うこと。(5)

|

« ブログをやってて嬉しくなる瞬間。 | トップページ | 500円がもったいない時と、そうでない時。 »

コメント

はじめまして。

納得出来るお話ばかりで、少々興奮しながら読ませて頂きました。

あ、私は新生東方神起のFANです^^;

紆余曲折を経て、二人での復活となりましたが、本当に完成度の高いアルバムに仕上がっていて、毎日ヘビロテしています^^

連日、公開されているパフォーマンスにも大感動!
長い休止期間は無駄では無かったなぁと・・・
その間、2人がどれだけ精進してきたのかが伝わってきます。

生まれ変わった東方神起を、正面からキチンと見て下さって、本当に有難いと思います。
こんな力強い味方がいらっしゃるのは、とても心強いです。
これからも、東方神起を見守って下されば嬉しいです。

これから、他のページもゆっくり拝見させて頂きます。
素敵なブログを見つけて、宝物を発見した気分で、
なんだかとても嬉しくて、フワフワしています(*ノノ

これからも素敵な記事、期待しています。
長文失礼致しました。

投稿: Kyoko | 2011年1月17日 (月) 17:28

初めまして

東方神起のファンです♪

とても興味深い記事で
頷きながら読ませていただきました
他の記事もさかのぼって読ませていただきました。

確かに彼らの楽曲はステージでどう魅せるか
まで考えられて作られていると思える曲が多いです。
実際に曲だけ聴いているよりも
ライブで聴いたほうが好きな曲が結構ありますね。

今回のアルバムは驚くほどヘビロテしてまして・・・
ホントに捨て曲がないです。

こうして、音楽のことを熟知してらっしゃる方に
評価してもらえるのはファンとしてもとても嬉しいです。
ありがとうございました。

是非、記事を紹介させていただきたいのですが
よろしいでしょうか?

いつかきよりさんのインタビュー記事を読みたいです!!

またお邪魔させてくださいね。

投稿: okamu | 2011年1月17日 (月) 22:01

はじめまして
いつも読んでいる
blogの方が紹介されていて読ませていただきました。ユノのファンです
凄く嬉しかったです
ありがとうございます

投稿: クロ | 2011年1月17日 (月) 22:19

こんばんは。
はじめまして。
東方神起のファンです。今この時 本当に嬉しいお言葉!有難うございます。2年半という沈黙を経て、感動の復活ステージを遂げました。全ての痛みを東方神起の名の元に昇華し、神々しいまでのステージでした。歌いたい、踊りたい、彼らのアーティストとしての純粋な想いが痛い程伝わってきました。そして今度は日本へまた帰って来てくれます。韓国以上に緊張するであろう二人に、プロの方に、このような見解をして頂きましたこと、何にも勝る激励になることと思います。東方神起の二人に見てもらいたいです!(^0^)

きより様の 投稿文 アーティストに・・・(5) 拝読いたしました。正に東方神起こそこの三位一体ですね!

投稿: 宮 | 2011年1月17日 (月) 22:42

はじめまして^^

東方神起のファンです☆
今回、東方神起が二人で復活することになって、周りからいろんな雑音が聞こえていました。。。
メインパートが抜けた二人で、何が出来るのか??五人のハーモニーを無くして、何が東方神起か??

二人の新しい東方神起の曲を聴きもしないで、否定的なことばかり言っている方も多くて、なんだかなあ・・・って思ったりしていました。
そんな中、当たり前ですが、このようにきちんと二人の楽曲を聴いて、認めてくれる方もちゃんといるんだって、すっごく嬉しかったです。

わたしも、新生東方神起の曲どれも大好きです。中毒性のある、リピして聴きたくなる。そんな曲が多いですよね^^
彼らの凄さは、そのライブパフォーマンスにもあるので、ステージが本当に楽しみです♫

ありがとうございました☆


投稿: サキ | 2011年1月17日 (月) 22:45

コメントありがとうございます。

今回、東方神起のことを書こうと思ったのは、東方神起をもっと正統に評価して欲しい、と思ったからです。

素晴らしい音源を作り、素晴らしいパフォーマンスをしても、それ以外のザワザワしたことが多かったり、K-POPブームみたいなブームで語られたり、と、アーティスト本来の姿を、正統に評価してもらえないことがよくあるからです。

こんなに雑音が多い状況の中で、こうした素晴らしいアルバムを完成させ、そのパフォーマンスは音源以上の破壊力(というかパワー)を持って響くのだから、そのバックヤードでは、相当な時間をかけて準備し、再スタートにのぞんだんだと思います。

だから、アーティスト本来の実力の部分がもっと評価されるべきアーティストだと思います。

ワイドショーなどで、アーティストとしての真価以外の部分ばかりが語られる現状を見ていて、歯がゆさを感じると同時に、もっともっとアーティストのポテンシャルや成果物のクオリティが評価されるべきでは?と思っていました。

アルバムを聴いた瞬間から、あぁ、これは素晴らしい!彼らと彼らに関わっているスタッフ全部が相当な気合を入れた作品で勝負してきた!これは応援しなくては!と思いました。

それぞれの方へのレスもちゃんとしますね。
読んでくださって、ありがとう。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月17日 (月) 23:03

はじめまして。

いつも読んでるブログからとんできました。
ユノのファンです。
ユノチャミのこと、わかってくれる方がいて嬉しいです。

アルバムのとこなんか専門家の視点からで、すごく納得しました!
私なんか、「すごくいい!全部いい!」てな感想だったんで・・。

『彼らのダンスや表現力が音源に上乗せされる、ということが確実に想定できる。
今回の音楽番組で音源以上のものを生でみせられる・・・』

ほんとに、ほんとに、その通りですよね!

ありがとうございました。

また、おじゃまします☆


投稿: るう | 2011年1月17日 (月) 23:04

はじめまして。

いつも読んでるブログからとんできました。
ユノのファンです。
ユノチャミのこと、わかってくれる方がいて嬉しいです。

アルバムのとこなんか専門家の視点からで、すごく納得しました!
私なんか、「すごくいい!全部いい!」てな感想だったんで・・。

『彼らのダンスや表現力が音源に上乗せされる、ということが確実に想定できる。
今回の音楽番組で音源以上のものを生でみせられる・・・』

ほんとに、ほんとに、その通りですよね!

ありがとうございました。

また、おじゃまします☆


投稿: るう | 2011年1月17日 (月) 23:05

はじめまして、多分上の皆さんと同じブログから飛んで来ました。記事ありがとうございます。
2人のインタビュー記事、胸にずんっと響いて来ました。
潔く、真っ直ぐで、色々なことを飲み込んで尚顔を上げて前に向かっている男2人に拍手してしまいました。
自分の身内のように、心配した1年半。どきどきしながらカンバック映像を見ましたが、2人で物足りないなんて言わせない、パフォーマンスを正座して見ましたよ。
これからの2人の活動をしっかり見届けたいと思ってます。
ぜひ、2人にインタビューして下さいね。楽しみに待っています。

投稿: 黄色い涙 | 2011年1月17日 (月) 23:59

松本様、東方神起2人を支持すると言って下さり心から感謝しています。そしてこの記事の全文を読んで胸に込み上げるものがありました。
ユノとチャンミンにとって、そして2人のファンにとって、この一年と言うものは筆舌に尽くし難い痛みを伴なうものでした。
しかしその彼らが以前よりも輝きを増してステージに戻り、そしてこんな素晴らしい作品を送り出してくれた事で、2人を信じてきて良かったと彼らを心から誇りに思いました。
2人のファンだからと言う事を抜きにして、今までの東方神起のアルバムの中で一番の傑作だと思いました。
なぜならリピートが止まらないんです。
力強くて、お洒落で、甘くて、男らしくて、純粋で、大好きなアルバムです。休みの日は朝から晩まで聞いても飽きません。
2人が東方神起として復活する時一体どれ程の誹謗中傷があったでしょうか。私達は命がけの選択をした2人を応援していくと決めてはいましたが、本当に胸が痛かったです。
でも2人の歌声を聞いていると、きっとアーティストとして評価して下さる方がいるはずだと信じていました。ですから今回の記事を読ませて頂いて、流れる涙を止める事はできませんでした。ありがとうございました。
いつか東方神起へのインタビューの記事を読みたいです。これからのご活躍をお祈り申し上げます。

投稿: ミリオン | 2011年1月18日 (火) 03:55

松本さま、こんばんは!
そして、はじめまして^^

いろいろな想いが絡み合う中、松本さまのような目線の方から
このように応援の記事を上げてくださったこと。
本当にありがとうございます!

ユノの一ファン、東方神起の一ファンとして
どうしても感謝の気持ちを伝えたくてコメさせていただきました^^

私もこのアルバムを聞いていて
どの曲もライブでパフォーマンスと歌と
どう表現されて披露されるのか
今から楽しみでしかたありません!!^^
個人的には、松本さまと同じく「Honey Funny Bunny」
あと「CRAZY」が楽しみです♪

今回のアルバムからは残念ながら外れてしまいましたが
昨年のSMTOWNでチャンミンがソロで歌った『BIG TIME』も
とっても引き付けられる曲でしたよ☆
(もしかすると、松本さまはチェック済みかもしれませんが^^;)
この曲もいつか日の目を見れるといいなぁなんて思います。

長々と失礼いたしました(汗)
本当にありがとうございました!

松本さま、寒い日々が続いてますが
風邪などひかれないよう、お気をつけくださいね☆

投稿: ESHIPuu | 2011年1月18日 (火) 04:50

はじめまして、東方神起のユノのファンです
上の方々と多分同じブログから飛んできました

今回の東方神起のアルバムのこと、インタビュー記事のこと…
私のようなファンの偏った意見ではない、プロの方にここまで書いていただくと、自分のことのように嬉しいです
しかも、ちゃんとここまでに至った経緯もきちんと理解していらっしゃった上で書いていただいていることが、本当にうれしかったです。
正直このアルバムを実際に聞くまで、怖かったです
出て行った3人にうちのジュンスとジェジュンが今まではメインパートをずっと歌ってきたので、やっぱり2人では無理だということをだいぶ聞いていたので…
それが、はっきり言ってビックリしました
今までのもの以上でした
はっきり言って3人が抜けたことを感じさせない、ユノとチャンミン2人の世界が作られていました
2人と2人の周りからバックアップしてくださる方の大変な努力を感じました!
彼らのことを、ただの今はやりのK-POPのグループと思っている方がまだまだ多くて…残念ですが…

またお邪魔させていただきます
勝手なお願いですが、もし差し支えなければ私のブログでも紹介させていただきたいのですがよろしいでしょうか?

投稿: どどこ | 2011年1月18日 (火) 09:52

大変興味深い記事でした。

エンターテイメントとして,こちらの事務所の作品は本当にクオリティーが高く,アジアのなかではダントツだと思っていました。

そしてそれらの作品を表現する立場としてのアーティアストの方々も,プロだな~~,と常日頃から感心しておりました。求められるのものを最終的に形として表現するって,本当に凄いプレッシャーですし,身を削るような仕事だと思います。

kiyori様のような方が,こうして記事にして,分かりやすく書いて下さり,ファンとしてはとっても嬉しいです。

このアルバムは東方神起のファンにとっては本当に誇りです。

投稿: Akiko | 2011年1月18日 (火) 10:30

松本様、はじめまして。

とあるところでこの(6)の記事のことを知り、読ませていただきました。書かれていることがあまりにも自分の考えと同じで、頷きながら読みました。そして、日本人の音楽の専門家に、このように評価されたことを、東方神起の2人およびSMのスタッフに伝えたいなあと思いました。

一人でも多くの方に読んでいただきたいので、自分のブログでこちらの記事を紹介させていただきました。事後報告で申し訳ありません。どうぞよろしくお願いします。

投稿: サラ | 2011年1月18日 (火) 11:04

松本さま はじめまして
 
私は自分でブログもやってはいますが、今回の東方神起のアルバムのクオリティーのレベルが凄すぎてコトバで表すことが出来ませんでした。しかしある方のご紹介でこちらを知り松本さまの一語一句にうなずいて読みいってしまいました。

新しく活動し始めた東方神起に横やりをいれる方々が多い中正当な評価に涙が出る思いです。
ありがとうございます。

もしお許しいただけるならば私も松本さまのことブログで紹介させていただけないでしょうか?
宜しくお願いいたします。

投稿: ゆじぇん | 2011年1月18日 (火) 11:54

>コメントを下さった皆さん

ブログで紹介してもいいですか?・・・という質問ですが、もちろんOKですよ。ありがとうございます。たくさんの方に読んでいただけるのは嬉しいことです。

それにしても、皆さん、文章上手いっ!!
ひとりひとりが表現者なんだよなぁ~なんて、当たり前のことにも気づかされました。
ありがとう。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 12:00

松本様、はじめまして。

私も、とある所からコチラに参りました。
一語一句、納得です。
東方神起の事を理路整然と記事にして下さり、
本当にありがとうございます。

松本様が東方神起にインタビューする機会があったら
嬉しいな、と思います。

今回のアルバムは彼らの事務所が全精力あげて
制作したものだと聞いています。
2人も辛い思いをしながらレッスンに励んだと思います。
ですので、ライブでどのように歌ってくれるか
本当に楽しみです。

私は文才が無いもので、松本様の記事を
自分のブログにupさせて頂きたいと思います。
宜しくお願い致します。


投稿: きこっち | 2011年1月18日 (火) 12:40

こんにちわ。
素敵な記事をありがとうございました。
とても正当な1アーティストの「アルバム」として評価していただけたこと大変嬉しく読ませていただきました。

インタビュー記事、私も気合や決意の表れが強くて、感動した1人です。
そういった面からも応援していただけるなんて、彼らの頑張り、スタッフの気持ち、伝わってくるんですよね~~。

本当にありがとうございました。
私も弱小ブログですが、スミマセン::紹介させてくださいませ。

投稿: まゆ | 2011年1月18日 (火) 13:00

松本さま。初めてお邪魔させて頂きました。
今回の「東方神起カムバックアルバム」色々な雑音が聞こえる中での発売・そして、カムバックステ-ジの2人の気迫に圧倒され、本当に素晴らしい物だと確信してます。
しかし、残念ながら、私達が「凄く良いよ!」と言っても、「好きだからでしょ?」で済まされてしまう事もあって・・・
(中には分かってくれる人もいるので嬉しいのですが^^)
松本様のプロの目線でこの様に「東方神起」を記事にして頂いて、本当に感謝しています。

そして・・・インタビュ-記事についても触れて下さってありがとうございました。(残念ながらこのインタビュ-の事でも、ユノパッシングが起こってます。)
2人がどれ程のプレッシャ-と戦ってきたのか?どれ程の覚悟が必要だったのか?それでも前を見据え・今素晴らしい輝きを放ってくれています。
『新生東方神起』に「エ-ル」を送って下さって、ありがとうございます。

そして、いつか、いつか松本様にインタビュ-をお願いしたいと思っております。よろしくお願いします m(__)m
長々と失礼いたしました。

投稿: こゆっち | 2011年1月18日 (火) 13:11

記事…最高です!感動しました!涙が出そうです。。本当に本当にありがとうございます。

投稿: ゆき | 2011年1月18日 (火) 13:19

こんにちは、はじめまして。記事ありがとうございます。2人のファンとして本当に嬉しくて、涙が出てきました。
人として尊敬することが出来る2人なんです。2人のことをわかってくれる方がいて、本当に本当に嬉しいです。ありがとうございました。

投稿: アヤ | 2011年1月18日 (火) 14:23

ありがとうございます!

アルバムとてもいいですよね
そして二人の決意 わかってくださりとても嬉しく思います。

投稿: れいか | 2011年1月18日 (火) 14:43

>Kyokoさん

初めまして。
コメントありがとうござます。

Kyokoさんはアルバムの中で、どの曲が好きですか?

そういう意見とか聞くの、私も好きなので、教えてください。

東方神起の活動が活発になると、その情報を追いかけるだけでも大変そうですね!でも、そういう忙しさは、ファンにとっては幸せ自慢ですよね!

また遊びにきてください。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 14:46

>okamuさん

初めまして。
興味深く読んで下さって嬉しいです。

okamuさんにも同じ質問を。
っていうか皆さんに質問したいです!
ファンの方はアルバムの中で一番好きな曲はどれなのかな、と。

素朴に逆質問とかしてもいいですか?
東方神起以外にはどんなアーティストの楽曲を聴いてますか?

> いつかきよりさんのインタビュー記事を読みたいです!!
インタビュー出来る機会があったら、ファンが納得するような、DEEPなアーティストインタビューしたいですね~!

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 14:50

>クロさん

初めまして。

クロさんはアルバムの中で、どの曲が1番好きですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 14:52

>宮さん

初めまして。

2年半のブランク・・・って、シーンのTOPにいたアーティストにとったは、ものすごく長い時間だと思います。
あっという間にいろんなことが変わってしまいますからね。

宮さんは、アルバムの中で、どの曲が1番好きですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 14:56

>サキさん

初めまして!

アーティストは、一度カテゴライズされてしまうと、自らその枠やイメージから抜け出ることが難しくて大変なんですよね。
例えば、J-POPとか、K-POPとか、どちらかに当てはめられてしまうにはもったいないアルバムだと思います。
そういう意味でも、2年のインターバルが、イメージを一新出来て、プラスに働いたんじゃないかな、と思います。
新鮮に聴くことができました!

サキさんは、アルバムの中のどの曲が1番好きですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 15:01

>るうさん

初めまして。

感想は「すごくいい!全部いい!」で、いいんですよ!(笑)

るうさんの1番好きな曲はどれですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 15:04

>黄色い涙さん

初めまして。

今回の東方神起の再スタートは、
既に敷かれた幅の広い高速道路みたいなところを進んで行くイメージじゃなくて、まだ道なんてないような草の生い茂った中を、2人が切り開きながら進んでいくイメージを持っています。

雑草や木の枝で傷もたくさん出来ると思うけど、ふと振り返って、自分たちが進んできた場所を見たら、足元より後ろには新しい道がしっかり出来ていた、という感じになるんじゃないかな、と思っています。

黄色い涙さんは、アルバムの中で、どの曲が1番好きですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 15:12

>ミリオンさん

初めまして。

感謝されるようなことは何もしていないので恐縮です。

本来のアーティストとしての活動や、彼らが自信を持って送り出した作品への評価など、そういう観点でアーティストをちゃんと見てあげたいと、いつも思ってます。

例えば俳優に対して、演技や出演作品のことよりも、彼女がどうだとかプライベートのことが先になってしまうのは、個人的には好きなインタビューではありません。

こだわりすぎなのかな、と思うこともあるんですが、もうこのスタイルで行こうと思ってます(笑)。

ミリオンさんにも質問します。今回のアルバムの中で1番好きな曲はどれですか?


投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 15:21

はじめまして。
とても嬉しい記事なのでブログにリンクを貼らせていただきました。
事後報告で申し訳ありません。
もし不都合がありましたらおっしゃってくださいね。

たくさんの苦しみや痛みを乗り越えて、勇気ある決断と大きな覚悟で
再び歩み出したユノとチャンミン・・・2人東方神起。

これから2人だけで様々な誤解を解き失墜した名誉を取り戻さなければなりません。
こんな風にブログで取り上げてくださることは2人への大きな援護射撃となります。

応援しているファンにとってはとても嬉しいことです。
本当に有難うございます。そして今後とも宜しくお願い致します。


投稿: ailes | 2011年1月18日 (火) 15:41

何度もすみません。
皆さんにお聞きのようなので・・・

ちなみに私の好きな曲は『She』です。
ぜひ、日本でシングルカットしてほしいです~!
絶対に一般受けすると思うのですが・・・ダメですかねぇ。

投稿: ailes | 2011年1月18日 (火) 15:48

きよりさん
はじめまして!

ブログ楽しく読ませていただきました!
実はわたしは某レコード会社で宣伝のお仕事をしています♪
きよりさんのおっしゃることに「うんうん」と納得です!

5人東方神起では、ユノは低音パート担当、チャンミンは高音パート担当だったので、メロで重要な中音域を唄える人がいません。
正直、アルバムどうなんだろう?と心配していたのですが・・・
今回の東方神起のアルバムを聴いてそんな心配は一気に吹き飛びました!
本当にすばらしいアルバムでした♪
これはすばらしいスタッフワークとメンバーの努力の賜物だと思いまました!
この楽曲をライブで聴いたら、さらによいのではないかと思わせてくれる内容でした。
本当に日本の音楽シーンに旋風を巻き起こしてほしい!と思います。

いつかきよりさんが東方神起にインタビューされた記事を読んでみたいです♪

投稿: ☆ゆのゆの☆ | 2011年1月18日 (火) 17:58

 はじめまして、松本さま。

いつもおじゃましているブログに紹介されていて、こちらに来させて頂きました。
 私は、2人の姿勢に正当性を感じてからは、2人の復活を心待ちにしておりました。しかし、正直私の中にも2人で大丈夫なのかなという不安もありました。しかし、このアルバムを聴いてそんなものは吹き飛びました。本当にみなさんがおっしゃるように、本人達はもちろんのこと、周りの人の気合いをものすごく感じました。
 2人の東方神起をものすごく活かしつつ、いろいろなジャンルに挑戦したかなりレベルの高いアルバムだとは思いましたが、私はもともとのファンだからという気持ちも持っていました。しかし、今回松本さんの記事を読ませて頂いて、これからは、自信を持って回りの人にも勧めていきたいと思います。ありがとうございます。
 私が好きなのは、ユノのボーカルとしての新たな魅力満載の「Honey Funny Bunny」です。

投稿: Anne | 2011年1月18日 (火) 18:09

松本さま はじめまして。
ユノ・チャンミン二人の東方神起ファンです。
沈黙の時を経て再び立ち上がった東方神起カムバックの知らせを聞いた時は本当に嬉しかった・・
と同時に やはり一抹の不安、怖れもありました。
でも杞憂でした。
WHYのMVを見た時の衝撃は忘れません。
今まで起きたことの全てを背負い、それでも東方神起で在り続けようとする彼らの覚悟が痛いほど伝わってきました。
これぞ『東方神起!』でしたね。LOVE SONGですが(笑)

届いたアルバムは毎日聴いています。
どれも良くて本当に捨て曲がないですが、同じく「Honey Funny Bunny」と「SHE」が特にお気に入りです。
ユノファンなのでLiveでの「Honey Funny Bunny」が楽しみです。
そして私も ailesさん同様、「SHE」を日本でシングルカット希望です!

松本さまの記事に出会えた事に感謝しています。
東方神起インタビューが実現し、またコメントさせていただける日を願って♪
ありがとうございました。

投稿: ゆのんの | 2011年1月18日 (火) 18:18

kiyori様 お返事を頂きまして、ありがとうございました。
私は正直選べないくらいに全曲好きで一番は難しいです(笑)
つい踊り出したくなる「CRAZY」と「Honey Funny Bunny 」が特に好きです。
でもいつも鼻歌で「SHE」を歌っています。
今回のアルバムを聴いていると、
ライブでの舞台演出やダンスの構成からステージ衣装に至るまで、
頭の中で描く想像が「映像」としてとめどなく広がって、まるで胸が躍る様です。
2人の「シンクロ率100%」と言われるダンスパフォーマンスも楽しみです。
私は優れた作品を送り出して、幸せな気持を与えてくれる
『東方神起』と言うアーティストを素直に応援していきたいです!
こちらのブログにも遊びに来させて頂きます。
どうぞ宜しくお願いいたします!

投稿: ミリオン | 2011年1月18日 (火) 19:31

>ESHIPuuさん

初めまして。

皆さんから感謝コメントをいただき、その反響に、驚いています。

CDよりも音源重視に世の中は移行していると言っても、日本はまだCDも売れてる方なのかなぁ・・・。
CD製作サイドの人達は、そこに収録する曲順とかも悩んで決めたりしているので、音源で1曲だけピックアップされちゃうことを残念に思ってるディレクターはたくさんいます。

全曲頭から聴いてこそ、なるほどね~!そこでその曲いきますか!みたいな流れも楽しめるのにね。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 21:03

初めまして
私も関連記事すべて読ませていただきました。
みなさんと同様、韓国でのアルバムを日本でこのように評価していただき嬉しいかぎりです。 
デビューからのファンですが、今回のアルバムが一番内容としては
素晴らしいと思います。 おっしゃる通りに捨曲がないのです。

今まではタイトル曲や、あと何曲かはオリジナルでも他はリバイバルなどで曲数を埋めることもありましたから。
私もkiyoriさん同様「She」と「Honey Funny Bunny」がお気に入りです。(ユノのファンですので) ユノが好きということを抜きにしても、Honey~は今までの東方神起にはない音楽で何度も聴いて口ずさんでしまいます。
Sheは東方神起をしりつくしている、ケンジーさんとおっしゃる方が作ってくださっているので、新しいようでとても東方神起らしい楽曲だと思います。

それから、溝端君のインタビュー記事もとても面白く読ませていただきました。 彼も気になっていましたが、演技はまだかなぁと思っていましたが、まっすぐ目を見てしゃべる、熱い男ということですので
これから演技も上達していくことでしょうね。

投稿: hamachan | 2011年1月18日 (火) 21:04

はじめまして。
今回はありがとうございました^^
松木さんのように言ってくださる方がいてくださることは東方神起のファンとしてと
ても心強いです。

みなさんそうだと思いますが、再始動はファンともども不安で心配です。
もちろん期待もたくさんありますが・・・
韓国ではうまく受け入れられたけど、日本ではどうだろう?
楽曲的にJ-POPの幅の中に納まりきらないような気がして・・・
わかる人にわかればいい。そう思う自分とやっぱり大衆に受け入れてもらいたいと思
う自分がいます。

とりあえず、私たちは全力で応援するのみです。
どうにか彼らの役に立ちたい。

K-POPとは違う次元。
トンペンだからでしょうか。私も同じように感じています。
ありがとうございます。ほんとにうれしいです。

これからも東方神起をよろしくお願いいたします^

投稿: マイ | 2011年1月18日 (火) 21:26

>どどこさん

初めまして。

私思うんですけど、ファンの方たちと、一般的に東方神起を聴いたことがあって知ってる、という人では、アルバムや楽曲に対して、聴き方が全く違う、と。

ファンの方は、2人だけで歌の厚みは大丈夫なのだろうか?などドキドキしていた人、たくさんいると思います。

でも、普通のライトユーザーというか、東方神起?聴いたことある!ダウンロードしたことある!という人の多くが、メンバー全員の名前を知らなかったり、ましてや誰がどのパートを歌っているのかなんて、わからずに聴いている人がほとんどだと思うんです。

それはつまり、東方神起というアーティストをまるっと全体像として聴いているからです。

なので、ファンにも本人たちにも、誰が歌っているか、ということが最大の重大なことであっても、一般オーディエンスは東方神起の新曲を、東方神起ブランドの曲として、割とスンナリと耳に馴染ませていくと思います。東方神起の世界観や全体の雰囲気として、塊(かたまり)として捕らえているからです。

だからこそ、今回のアルバムのキー曲が、東方神起らしさを全面に押し出した楽曲であることが、成功の鍵でもあったと思います。

東方神起って、そうそう、こんな感じ!という、塊として聴いてきた路線の発展系だから、「Keep Your Head Down」は一般のオーディエンスにも歓迎される楽曲だと思いますよ。そこは問題なし、でしょう。

シビアな耳を持っているのは、東方神起に思い入れの強い方たち、ですよね。

東方神起の楽曲を、「塊としての東方神起の音」として聴くのではなく、パートとして、個々の声として認識して聴くファンにとっては、本当にドキドキだったでしょうね。

でも、1曲の中のドラマチックな構成といい、2人のVoといい、パイロット曲にふさわしい素晴らしい作品だと私は思います。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 21:35

>Akikoさん

初めまして。

> 求められるのものを最終的に形として表現するって、
> 本当に凄いプレッシャーですし,身を削るような仕事だと思います。

音楽に限らず、クリエイターの宿命ですよね。

でも、求めてくれる人に応えてこそ、プロ。
現状を維持していくだけでも大変なのに、さらに上を目指すということは、並大抵の努力では出来ないと思います。

Akikoさんは、アルバムの中のどの曲が1番好きですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 21:41

>サラさん

初めまして。

「日本人の音楽の専門家?」

そんな大袈裟なものじゃないですよ(笑)。

サラさんは、どの曲が1番好きですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 21:44

>ゆじぇんさん

初めまして。

皆さん一体どこからここに飛んで来られたのでしょう!?!?
今日のアクセスが4万超えてて、ホント驚いています。

ゆじぇんさんは、どの曲が1番好きですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 21:50

>きこっちさん

初めまして。

きこっちさんにも質問です。
アルバムの中で1番好きな曲はどれですか?

今は音楽ライターをメインには仕事をしていませんが、インタビューをするのは大好きです。
そういう機会があったらいいですね~。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 22:02

>まゆさん

初めまして。

まゆさんが「私も弱小ブログですが、すいません」と書いているところが、好きです。
大きいとか小さいとか、関係ないですよ~。
何かを伝えたい、自分の言葉で表現したい、という気持ちだけで充分ですよ!

まゆさんは、どの曲が好きですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月18日 (火) 22:05

はじめまして♪
記事 読ませていただきました。
私は東方神起のファンなので今回のアルバムに凄く期待していました。
そして想像以上の素晴らしい仕上がりでとても嬉しかったです。
こうやってファン目線の意見ではなく、いちアーティストとして見てくださる方の意見は大変参考になりました。
世間では音楽以外の事ばかり話題にされている現状ですが、このアルバムを聴いて1人でも多くの方々に東方神起の実力や頑張っている姿を見ていただきたいです。
今回この記事を読む事ができてよかったです。ありがとうございました。

投稿: ミィモ | 2011年1月18日 (火) 22:10

きよりさん、はじめまして^^
東方神起のユノファンの藍と申します
東方神起ファンの方のブログで、このブログを紹介されていたのでたどり着きました
今回のアルバムを、東方神起ファンではない方に、また、目や耳が肥えている方に高く評価していただけて、本当に嬉しく思っています
なんだか身内の挨拶のようになってしまいましたが。。
私も同じく「SHE」と「honey〜」がお気に入りなので、同じように感じられて、重ねて嬉しいです!
次に好きなのは「rumor」と「our game」「crazy」と続く感じです
アテナもかっこいいですが、、、というかどれもよくて(笑)

長々と申し訳ありません
この記事を読んで、幸せに思った私がいることをお伝えしたく、コメント致しました
ありがとうございました!

投稿: 藍 | 2011年1月19日 (水) 01:11

初めまして!
このように紹介されて、ファンとしてとてもうれしいです!
ありがとうございました。
きよりさんの記事にいちいちうなずきました。
そのとおりなんです!!

東方神起がいつどのような活動をするのかしないのか・・・
先が見えないままずっと待っていました。

メインパートが抜けてどんな音楽ができるのか?
5人の東方神起にかなうはずがない、そんなことも言われました。

でも発表されたアルバムは、今までのどのアルバムより完成度が高いように思います。
もちろん私は東方神起が好きなだけの素人ですが、そんな私にもわかるのです。
所属事務所のSMENTERTAINMENTがふたりの活動再開に際し、誰にも文句を言わせない最高の準備をしたんだなぁと思います。

そして公での活動がなくても努力を積み重ねたふたりの声は、明らかに今まで以上の強さとしなやかさを持っています。
そしてふたりの声は似ている部分が多く、とても聞きやすいです。

ふたりで出発して間違いないと断言できます。

さて、私の好きな曲は大好きなユノのソロ曲「Honey Funny Bunny」と「SHE」、きよりさんと同じでうれしいですね^^
でもチャンミンの「告白」も「HOW CAN I」も好きだし・・・
捨て曲がない、そのとおりで全部愛してます!

これからは、アーティスト東方神起としての、彼らの音楽やそのパフォーマンスに多くの人が注目して欲しいと思います。

無駄に長い文章になってしまいました。
これからもちょくちょくおじゃまさせてください!
どうもありがとうございました^^

あ、ブログで紹介させてくださいね!!

投稿: ゆっちゃん | 2011年1月19日 (水) 01:21

kiyoriさん♪

こんばんは☆
またまたやってきました☆

私の好きな曲・・・・。

どのユノが好き?・・って質問と同じくらい難しい~!

・・で、悩んだ結果、今日は『CRAZY』になりました♪
明日になったら、あっ、やっぱり『Why?』が~・・なんてことになりそうです(笑)

『HONEY FUNNY BUNNY』は別枠、最初の出だしのタメイキだけで気絶です☆
この曲、ユノがステージで歌うトコ想像するだけで、どうにかなりそうです!!!
最後まで聴く自信ナシ!(笑)

すみません。こんなんで・・。

またおじゃまします。

投稿: るう | 2011年1月19日 (水) 02:10

>こゆっちさん

> 残念ながら、私達が「凄く良いよ!」と言っても、
> 「好きだからでしょ?」で済まされてしまう事もあって・・・

ごめんね、切ないけど、わかります。

レコード会社でプロモートを担当する人も、アーティストに熱狂的に心酔している人より、俯瞰でモノゴトを見れる人の方が、現場でのジャッジが公平だったりします。アーティストを好き過ぎると、何でもまずアーティストの立場を尊重して考えてしまうので、アーティストの気持ちを考えすぎて、愛のある厳しい意見を言えなくなって甘やかしてしまうケースが多々あります。

最初から全て許してる、みたいな、ね。

こゆっちさんはアルバムの中で、どの曲が好きですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 02:40

>ゆきさん

初めまして。
ゆきさんにも同じ質問です。
今回のアルバムの中で、どの曲が1番好きですか?

皆さんの答えを見ていると、あまりタイトルが上がってこない曲と、何度もエントリーされる曲が、大体見えてきましたね。(≧∇≦)

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 02:44

>アヤさん

初めまして。

私の書いたブログで、皆さんから「嬉しくて涙が出た」というコメントを多数いただき、私の方こそ、あらためていろいろ考える機会をいただき、感謝しています。

アヤさんはアルバムの中で、どの曲が1番好きですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 02:50

>れいかさん

初めまして。

アーティストがどんどん前を向いて進んでいく中で---
ファンは、アーティストが時々ふと不安になったり確認したくなって足を止めて振り返った時に、「大丈夫だよ」と言ってあげて欲しい。
そしたらアーティストは安心してまたファンを置き去りにしてどんどん突き進んで行くでしょう。

れいかさんは、どの曲が1番好きですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 02:55

>ailesさん

すごく中身の濃いブログの運営、頑張ってくださいね!


私は東方神起のことを応援しています。
が、バーサス的なこととは切り離して、彼らの作品で評価し、ディスカッションしていきたいな、と考えます。

ailesさんは「SHE」が押しなんですね。
私もこの曲好きです。
好きだけど、シングル切るには弱いと思います~。
アルバムの中で輝く曲でもあると思います。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 03:03

松本様
初めまして。東方神起を応援しているいくつかのブログで紹介されているのを拝見して今回訪問させて頂きました。
ファンという立場ではない方のアルバムとインタビューを見ての冷静な感想、そしてそれを踏まえて東方神起を応援するとおっしゃって頂けたこととても嬉しいです。ありがとうございます。
「アーティストとファンについて思うこと」の一連の記事や、映画が好きなので「ブログをやってて嬉しくなる瞬間」などの記事も楽しく拝見させて頂きました。

他の方へのコメ辺でアルバムで好きな曲と普段聞く音楽について質問されていましたので、私の感想でよければご参考までに・・・
私は「SHE」と「HONEY FUNNY BUNNY」が好きです。
「KYHD」はこれぞ東方神起!これぞSMP!という感じでパワフルでMVもかっこよく隅々まで凝っていて何度見ても飽きないのですが、個人的な好も大きいですが、もしアルバムの中からたった1曲だけを毎日繰り返し聞くとしたら・・・と考えると「SHE」でした。
全面に押し出してくる曲ではなく毎日聞いても飽きない、落ち込んでる時にこそ聞きたい曲はこれでした。
また私はユノの優しく包み込むような声が好きなのですが、ユノソロは「CHAKEMATE」のようなダンス曲でくるのかなと考えていたところを良い意味で予想を裏切られたこちらも大好きです。

miroticでユノに堕ちる前は、Jay Chou、Jake ShimabukuroやGacktなど沢山のアーティストに嵌っていましたが、今は東方神起と「Innocent World」からずっと好きなMr.Childrenが私の中でBest Artistsです。
J-POP,Bossa,R&Bなどが好きなので他にはBump of Chicken、レミオロメン、安室奈美恵、Exile、福原美穂、Rie Fu、小野リサ、Norah Jones、Bebel Gilberto、WINTERPLAYなどを聞きます。後は映画が大好きなので気に入った映画のサントラを買って聞いたり、映画に使われてた音楽から好きになることもよくあります(JayやJakeのように)。
声フェチなので声と歌が気に入れば国やジャンル関係なく聞きます。

長々ととりとめなく書いてしまいましたが、少しでも何かお役にたてれば幸いです。
この度は素敵な記事を本当にありがとうございました。

投稿: しずか | 2011年1月19日 (水) 03:17

>☆ゆのゆの☆さん

初めまして!
☆ゆのゆの☆さんの「きよりさん はじめまして!」の書き出しに、ホッとしました。日頃大抵そう呼ばれてるので。

おっ!レコード会社で働いているのですね。
私はソニーミュージックで4年、その後、EMIと業務委託契約1年、さらにソニーミュージック・アソシエイテッドで業務委託(外部プロデューサー、です)2年仕事していますが、業務委託の仕事にシフトしてからは、音楽ライターをメインにやっていたので、ほぼフリーランス。ソニーミュージックだったので、ソニーマガジンズの音楽専門誌に原稿を書くところからスタートしました。

レコード会社に属していて、自社アーティストに応援したいアーティストがいる場合はモチベーション上がりますよね。他社アーティストに応援したいアーティストがいる場合は、そこだけファン心理の延長になったりしますよね。

音源製作において歌は、いろんな技術を持ってベストを尽くせば、正直どうにでもなる、と思います。でも、それを再現する(ライブ)はどうにでもならないので、素晴らしい音源+その上をゆくライブパフォーマンス、で再起した東方神起は、その実力が評価されるべきだと思いました。

☆ゆのゆの☆さんはどの曲が1番好きですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 11:09

>Anneさん

初めまして。

> 今回松本さんの記事を読ませて頂いて、
> これからは、自信を持って回りの人にも勧めていきたいと思います。

私が言うまでもなく成熟したいいアルバムだと思いますよ。
自信持ってください~!!

「Honey Funny Bunny」
声は張るよりも押さえて歌う方が難しいですからね。押さえることが、ただ声量を少なめにするとか囁くとか小声にするとかじゃなく、表現方法として押さえた歌い方をしても100%自分をプッシュする、という技術ってかなり難しいんですよね。果敢にトライしているなぁ、と思いました。そういうベーシックな部分のスキルアップや、さらに押さえた中でのエモーショナルな感情表現という、これまた難しいトライをクリアしているから、楽曲として伝わるんですよ。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 11:23

>ゆのんのさん

初めまして。

MVって、日本語版と韓国版、若干アザーカットの入れ替えありますよね?
あれ?と思ったけど、私の勘違い?

まず撮影規模に圧倒されました!舞台をセッティングする上で、作り込んだシチュエーションを複数用意してますもんね。
音楽界は不景気だ・・・と言われる今だからこそ、こういう破格のゴージャスっぷりが頼もしいし、嬉しいですね!
私の周辺でも、MVの製作費、「今回50万円で作ったぁ」、「予算ないからオールロケ」なんて話はよく聞きます。いっそもうNV作らなくてもいいよね、的な話までもありますから。
東方神起のMVそれ自体がやる気満々で、気分上がりますよね。

私はMVの製作プロデュースの経験はないのですが、スノーボードのセルビデオの製作は4本(ソニーミュージック、EMI、トイズファクトリーから発売しました)プロデュースしています。カナダやアメリカでの撮影、ニュージーランドではヘリ撮影もしました。スノボビデオも結局、それに合わせた音楽が大事、と思ってりたので、私の中では全て同じフィールド感覚なんですが、ヘリとか海外シューティングとか、予算かけれる時は、モチベーションがガン!と上がりますもん。
東方神起の映像スタッフも、かなりやりがいある仕事だったと思います。一瞬の
いい表情も逃さない!みたいな気持ちが伝わってきます。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 11:39

こんにちは!

きより様からお返事コメ頂いて舞い上がっているKyokoです*^^*
どの曲が一番好きかと言うご質問ですが、迷いに迷ってしまいました。
通り一遍な意味では無く、本当ーっに全部好きなので!(笑

無理やり1曲だけ選ぶとしたら、「Honey Funny Bunny」です。
ユノと言えば、ダンスナンバーと言う固定観念を見事に裏切ってくれました(笑
甘い声とメロディーに身も心も蕩けていってしまいそうです(*ノノ
この曲が一番好きなのは、ユノ溺愛のせいかも?と思っていたのですが、きより様のようなプロからも押して頂いて、思わずガッツポーズ(古っ)でした。
普段はアップテンポなダンスナンバーが好きなのですが、今回のアルバムでは大異変です(笑

「SHE」「Keep Your Head Down」「ATHENA」「MAXIMUM」「RUMOUR」「OUR GAME」も大好きです!
って、多すぎですね・・・一応好きな順に並べてみました(汗
このアルバムの曲、どれも好きすぎて、絞りきれないと言うのが正解です、スミマセン!

5人から2人になっても全面的に応援する気持ちではいましたが、不安が全く無かったと言えば嘘になります。
何しろメインパートと言われる中間パートがごっそり抜けてしまった訳ですからね・・・
そんな私が、初めてアルバムを聴いた時の衝撃は忘れられません。
良い意味で、そんな不安をぶっ飛ばしてくれました。

2人で完全に完成されていて、不足だと感じる部分は全然ありませんでした。
いつものように、多彩なジャンルの曲を楽々と唄いきっています。
素晴らしいヴォーカリストだったんだと、改めて実感しました。
一番のFANだと思っていた自分が、2人の力を見くびっていたのだと思い知りました。
今までのアルバムの中でも最高レヴェルの仕上がりだと思うのは、溺愛ゆえでしょうか。

これぞ東方神起!というアルバムに仕上げてくれたプロデューサーをはじめとするスタッフに恵まれた事が、ビンビン伝わってきます。
クォリティーの高い作品を仕上げる為には、素晴らしいスタッフあっての事。
作詞、作曲陣も一体となり、更にしっかり準備した最高のパフォーマンスが加わり、東方神起の復活を迎える事ができて、とても幸せです。
様々な辛い試練を乗り越え、長い時間待っていた甲斐があったと感謝の気持ちで一杯です(涙

きより様の東方神起インタビュー記事、とてもとても見てみたいです!
要望出したいけれど、どこに出せばいいのでしょう・・・
取りあえず、a-vexでしょうか。
ダメモトで出してみます^^

長々と失礼致しました。
寒い日が続きますので、お体ご自愛くださいませm(__)m

投稿: Kyoko | 2011年1月19日 (水) 11:40

>hamachanさん

初めまして。

関連記事全部読んでくださったんですね、時間かかったでしょう。
ありがとう。

溝端くんのインタビュー記事にもコメントありがとう。
ジッと目を見てしゃべるって、案外大変ですよね。完全にその目力に圧倒されて、目線そらしてしまいました。はぁ・・・。そしたら取材後、カメラマンさんに「きよりさん、溝端クンに負けて、目線下げたでしょ~!(笑)」って笑われてしまいました。はい、一瞬飲み込まれました。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 11:47

>マイさん

初めまして。

アイドルとかJ-POPとかK-POPとかカテゴリーに当てはめなくてもいいと思うんですよね。彼ら自身が発信するモノを持っているアーティストとして「東方神起」というスタイルを確立していけば、それが受け手によって、アイドル的でもK-POP的でもいいと思います。カテゴライズすることで安心したがるのはマスコミとかだから、気にしなくてもいいと思いますよ。

マイさんはアルバムの中で、どの曲が1番好きですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 11:54

>ミィモさん

初めまして。

想像していたものより良かった、とか、期待以上だった、ってファンに言ってもらえるのは、アーティストにとって最高に嬉しい言葉なんじゃないかな。

ミィモさんは、どの曲が1番好きですか?

皆さんに好きな曲について質問してますが、他の人と好きな曲が違ったりしても、その意見も楽しく聞けたりするのって、大きくはポジティブな方向での会話で、すごくいいと思うんですよね。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 11:59

>藍さん

初めまして。

あはは、藍さんは結局ほぼ全曲好きなんですね!
ん?逆に名前が上がらなかった曲が気になります(笑)

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 12:02

>ゆっちゃんさん

> 私は東方神起が好きなだけの素人ですが、そんな私にもわかるのです。

CDを買うのは音楽関連の仕事をしてる人たちよりも、圧倒的に一般の方たちですからね。一般オーディエンスが、良い!と思ったものは、やっぱり良いんですよ。
逆に、専門家が絶賛しても、一般の方たちが「は?」というモノも世の中いっぱいあるじゃないですか。
究極は、自分にとって最高だったら、それでいいんですよ!

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 12:06

きよりさん、こんにちは♪

お返事ありがとうございますo(^-^)o

ワタシの好きな曲は「Honey Funny Bunny」と「Why」
「Honey Funny Bunny」はユンホの甘い声が好きです
ユンホは彼の努力でとてもステキな高音を持っています
歌詞の日本語訳をしてくださった方がいて、
ますます好きになりました
「Why」はまさに東方神起!!なダンスナンバーでホントカッコイイです(*^-^*)彼らの良さがとってもでてるなぁ~って思います
ラップの部分が好きです

今回のアルバムはどれもいい曲ばかりで、
彼らやスタッフの方たちがどれだけの努力をして
大切に大切に作ってくださったんだと思うと
本当に胸がいっぱいになります
これからもどんどんいい曲を歌って欲しいなって思っています


東方神起以外には彼らの影響でK-popを聴くことが多いです
最近はSHINeeがお気に入りでSuper Juniorや少女時代を
よく聴いています

長々と失礼しました
またお邪魔しますねねぇ~(^o^)/

投稿: okamu | 2011年1月19日 (水) 12:19

はじめまして。
復活の東方神起についてのこの記事に辿り着き、
わかりやすい音楽事情も含めての内容にとても頷くところが多く
全ての文章に共感しました。
とても嬉しかったです。
過去記事はまだ少ししか読めていませんがこれから時間をかけて
読ませていただきたいと思っています。
この記事を私の部屋でも紹介させていただければと思います。
リンクも貼らせてくださいませ。
コメント欄でOKが出ていましたが、一言ご挨拶と
おことわりをさせていただきたいと思い、コメントさせて
いただきました。
初めてのコメントなのに大変失礼いたしました。
嬉しかったです。ありがとうございました。

投稿: green | 2011年1月19日 (水) 13:01

こんにちは。
早々のお返事有難うございました

好きな曲。。。 
朝一口ずさんでるのは ハニファ二バニです//∇//
これが一番中毒性があるかな^^最初聴いたときは ユノの声あんまり聴こえないなぁ なんて 思った私 イヤホンで聴いて見ると なんとも ユノ独特の 鼻にかかった癒し系中高音 こ、これは イヤホンで聴くべきだったのか!と まさかそこまで考えてるとは思いませんが なんともねっとり甘~い声に腰砕けになってしまいます^w^ あれは仕事中には聴けません(って当然ですが)
そして はやり「SHE」 サビの部分からShee~Sheeeee~~と音階が下がるメロディが大好きです。
そして「How can I・・」も大好きです。
何と言ってもユノの声が際立ってるーーー って 
2人だから当然なんですが^^ 
あの西城秀樹(漢字あってますか(^^ゞ)
みたいに ちらっとファルセットになるところ 
もうゾワ~~ チャンミンの切な苦しそうに歌うところに
萌えてみたり 聴いているだけでも 歌ってる姿が想像できてしまってニヤニヤです。
いや~ どれもこれも本当に甲乙つけ難いんです。
「WHY」もイイです! ラップ部分が多いから歌詞の割りに重くないですし、こっちも よし!やるぞ! と いう気持ちにさせてくれます! イントロ部分もイイですね~
Crazy も 好きですし チャンミンのソロもすごく綺麗でいい。
わっ 本当に全曲捨てられません!!

SMエンターの売りは中毒性のある楽曲だそうで、 流石ですね。

長々と失礼しました。
また お邪魔させていただきます。

投稿: 宮 | 2011年1月19日 (水) 15:54

あるブロガーさんが紹介されていましたので遊びに来ました(^^)
プロの方からそんな風に嬉しいコメントを頂けると東方神起のファンとしてとても嬉しいです!

初めてこのアルバムを聴いたときは「大人曲」だな~と思いました。
そしてSMの力の入ったアルバムなんだ!!!と凄く感じました。

素人なので難しい事は分かりませんが「Why」「Maximum」はダンスパフォーマンスを意識した曲なんだな~と思いました。
(この曲を聴くとユノのダンスを期待してしまいます(^^)
「Our Game」は凄く懐かしさを感じました。それと言うのも昔バンド(?)の細野さん・坂本龍一・高橋さんのY・M・Oの曲調を連想してしまったからです。後ろの方でシイセサイザーの音がメロディーをきざんでいるような・・・
「Journey」は映画の主題歌のような感じがしてポップな感じで良いな~と思います。ユノとチャンミンの声が凄く音が似ていて・・爽やかな感じが良いです。

私は「Rumor」「Honey Funny Bunny」「She」が大大大好きです!!
そして韓国語があまり出来ない私にとってチャンミンの発音が凄く良くて分かりやすいです(^^)Zの発音が本当に良く分かるので勉強しながら聴いている感じです。
逆に言えばそれだけチャンミンが言葉を大事に歌っているんだと思います(溺愛ですか?!笑)

これからの東方神起の活動を凄く期待して目いっぱい応援したいと思っています。
本当に有り難うございました。

投稿: emu | 2011年1月19日 (水) 18:32

>しずかさん

>ユノソロは「CHAKEMATE」のようなダンス曲でくるのかなと考えていたところを良い意味で予想を裏切られたこちらも大好きです。

予想とは違っても、それが嬉しい裏切りだと、素敵なサプライズとして受け取れますよね。

しずかさんの音楽遍歴、面白い!っていうか、今、東方神起の楽曲が好きな人全てに、いろんな音楽遍歴があって、東方神起にたどり着いてることが面白いですよね。富士山を別々な方向から登ってきて、頂上で会った、みたいなね。

が!がっ!ですよ。ジェイク・シマブクロ(ハワイ~♪)とGacktが並んでいたるところが、ホント面白いですね!

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 18:41

>greenさん

初めまして。
リンクどうぞ。

greenさんも、アルバムの中で1番好きな曲を教えてくださいね!

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 18:54

★皆さんにレス出来たかな。

同じ曲を好きでも、それぞれに聴いてるポイントが違ってて、楽しく読ませていただきました。

自分でも気づかない場所を好きだと言う人がいると、次に聴く時、その場所を意識して聴いてしまったりするでしょ。

そういう感じで、1つの楽曲でも、いろんな解釈やいろんな聴き方、いろんな楽しみ方やいろんな萌ポイントがあって、何度聴いても新発見があるっていいですよね。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 19:02

>emuさん


>「Our Game」は凄く懐かしさを感じました。それと言うのも昔バンド(?)の細野さん・坂本龍一・高橋さんのY・M・Oの曲調を連想してしまったからです。

YMO! これはまた、予想外のコメント!(笑)
もう一度「Our Game」聴いてみます。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月19日 (水) 19:08

コメ返ありがとうございます(^ー^)

全ての曲 もちろん好きですが あえて一曲…
ATHENAです。
曲の始まりから何ともいえない胸の高鳴りが!
なんて表現していいか分からないんですが、聴き終わった後は拳を突き上げたくなるような感覚です 笑
凄く元気をもらえるんですよね。
それとは反対にSHEは切ない、初恋を思い出させる雰囲気のメロディーが大好きです。
韓国語のため歌詞を理解しながらじゃなく感覚で歌を聴いているのでこんな表現になってしまいました。
次は日本でシングルが発売なので歌詞をじっくり読んで聴いてみようと思ってます!

投稿: ミィモ | 2011年1月20日 (木) 00:46

コメ返、リンクの件、ありがとうございました。
私はこのアルバムの中ではやはり「なぜ Keep Your Head Down」
です。他の曲もとても魅力がありますが。
素人考え&言うまでもないことで恥ずかしいのですが
東方神起の音楽はパファーマンスも外せません^^
観る音楽、魅せる音楽と捉えています。
彼らのTV復活のミューバンでの初パフォーマンス、特に出だしの
ユノのダンスはまさに「魂の叫び」として私の胸を貫きました。
かつてM・Jに使ったフレーズですが、他に思い付かなかったです。
彼らの活躍をこれからも応援したいです。
過去記事「アーティストとファン」について思うこと・シリーズ、
読ませていただきました^^
とても読みやすくて解りやすく、興味深かったです。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: green | 2011年1月20日 (木) 08:33

きより 様

おはようございます。実はコメント書き込んだ時点では、まだ私の手元に韓国アルバムは届いておらず、一昨日やっと届きました。

私のお気に入りは『SHE』です。ぐいぐい押してくるK-POP独特の音楽は2人のダンスパフォーマンスとともに聞くと釘付けですが、車で音楽を聴くことが多いので『SHE』がいいですね。

チャンミンのシャウトも大好きですが、2人の優しい穏やかな声もまた格別です。写真集のようなアルバムに何が届いたのかとびっくりしましたが、美しい人に目も耳も心も幸せ気分です。

投稿: 黄色い涙 | 2011年1月20日 (木) 11:46

>Kyokoさん②

皆さんがよく「溺愛のせいか?」とか「溺愛フィルターがかかってるからか?」と、ちょっと自虐的に書かれるところが、私は結構気に入っています。

東方神起好きすぎて、いやでも、自分は見失ってるのか!?的な、自問自答を感じてるところ、ファンって可愛いなぁ~と、遠い目で見ております。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月20日 (木) 13:52

>okamuさん②

「Honey Funny Bunny」大人気ですね!

okamuさんは、どういうきっかけでK-POPを聴くようになったんですか?

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月20日 (木) 14:03

>宮さん②

>あの西城秀樹(漢字あってますか(^^ゞ)
みたいに ちらっとファルセットになるところ

あはは!わかるようなわからないような・・・。
日本のビジュアルバンドで、西城秀樹→氷室京介みたいな歌唱法、かつて流行りましたね。 

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月20日 (木) 14:07

>ミィモさん②

おっ!「ATHENA」を一番に上げた人、ここでは初めてじゃないですか?
このアルバムの中では特異なポジションの曲の気がします(ボーナス的なね)

> SHEは切ない、初恋を思い出させる

ミィモさんのこの感想、いいですね! 初恋ですか~(遠い目)。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月20日 (木) 14:18

>greenさん②

アーティストとファンって、不思議な絆ですよね。なんか切なくて、ピュアで、無償の愛情的なものであったり、時として恋人同士でもないのにキズつけあったり、近くて遠い関係。

いろんなアーティストが、自分たちのファンとのベストな関係を築くためにどうしたらいいか考えてると思います。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月20日 (木) 14:26

>黄色い涙さん②

車で音楽を聴く派ですか? 私もです!
つい、アクセルを踏み込んでしまう曲ってありませんか?
スピード出しすぎて焦ったことがあります・・・


投稿: kiyori ♪ | 2011年1月20日 (木) 14:35

はじめまして。
私は日本に住んでいる、韓国人です。韓国のブログにこの文がありました。
韓国のブログのファンたちが喜んでます。
とてもうれしいです。
純粋な二人の今からの活動を暖かく見守ってください。
ほかの記事も面白くみます。
ありがとうございます。

投稿: kim jung youn | 2011年1月21日 (金) 01:37

きよりさん こんにちは。
お返事ありがとうございました。

MVの件、ご指摘の通りカットの入れ替えあります。
制作費等については皆目見当も付きませんが
MVを見て感じたこと・・
誰もが人生の中で勝負の時があると思います。
東方神起の二人はもちろん、携わった全てのスタッフにとって
「今やらないで、いつやるんだ!」
そんな気持ちで作られたのではないかと感じました。
様々な想いを含んだ視線で見始めた4分46秒・・
終了後、観客の一人となり拍手を送っていました。

重い扉を開き、何年先かわからないけれど 
遥か前を歩いているであろう自分たちの姿に辿り着こうとするように、真っ直ぐ前を見据え一歩踏み出した彼らの姿が浮かびました。(銅鑼の音さえ聞こえてきそうな・・わかります?笑)

カムバックしてから二週間足らずでアルバム・音源・歌番組で一位になる東方神起。
きよりさんが仰るように、これからの道も決して平坦ではないと思いますが
さらなる高みに昇りつめる彼らを見たい・・ 
期待以上の何かを感じさせる彼らを応援し続けます。

またお邪魔します。ありがとうございました。

投稿: ゆのんの | 2011年1月21日 (金) 16:45

>kim jung younさん

初めまして!

韓国のブログで紹介とかされてるのかな?
私の書いたテキストが独り歩きしてるのかな??

いずれにしても、喜んでもらえてたら、嬉しいです。

kim jung younさんは、アルバムの中で、どの曲が1番好きですか?


投稿: kiyori ♪ | 2011年1月21日 (金) 21:38

きより様
はじめまして きよりさんのこんかいの記事に日本の多くの東方神起のファンは うれしさを噛み締めていることでしょう。勿論 私もその一人です。今回のAlbumは 2人だから出来る 2でも東方神起をみせつけてくれるAlbumでした。Openingから EndhinguまでR&B BALLADE WRAP HOUSEなど 今までに無い曲調 ユノの第二幕と言った言葉をが分かるAlbumでした。確かに進化していますよね。(かなりの溺愛)(*/ω\*)
アイドルからアーティストに進化した東方神起の姿を日本でも見れる日を楽しみにしてます。blogにきよりさんの記事を紹介させて頂きました。了解もなくすいません。
これからも きよりさんの活躍楽しみにしてます。ありがとうございました。
そんなわたしのイチ押しは Our Gameです。
長々とコメントしました事を お許し下さい。

投稿: Keep Your Head Down | 2011年1月22日 (土) 08:04

はじめまして、こんにちは。
東方神起のファンのブロガーさんのところで紹介されていて、
ここにたどり着きました。
私も今回のアルバム、どれもいい曲ばかりだなと思って
ちょっと不思議に感じていたところだったので、
今回の記事を読んで、すっと腑に落ちた気がします。
まさしく、「捨て曲」がないんですよね。
普通、いくら好きなアーティストのアルバムでも、
ちょっと休憩、みたいなつなぎの曲があるんですよね。
ドロップの缶詰の中にハッカキャンディーが入っているみたいな笑
好きな味がなかなか出てこないみたいな笑
まぁ私だけが感じていることかもしれませんが…
でもこのアルバムは、次から次に飽きることのない味を出してくれて、楽しめるというか。
読んでいて、まさしく、私が思ったことはこのことだったのかと
すっきりしました。それと同時に、それ以上の舞台裏の努力も
気付くことができて、さらにこのアルバムに対する愛着がわきました。
ちなみに、私が好きな曲はOur Gameです
Honey Funny Bunnyも好きです^^
他の記事もいくつか読ませてもらいましたが、なかなか
おもしろい話を書かれていて、ファンになっちゃいました^^
これからもお邪魔させていただきます~
今回は素敵な記事、そして嬉しい記事をありがとうございました。

投稿: ぺぺこ | 2011年1月23日 (日) 03:40

>Keep Your Head Downさん

はじめまして。返事遅くなってごめんなさい。

> そんなわたしのイチ押しは Our Gameです。

このコメントを見て、どれどれ、もう1回「Our Game」聴いてみよっかな、と思って、改めて意識して聴いてみたりします。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月30日 (日) 15:12

>べべこさん

おおっ!ここにきて「Our Game」支持が2人続きましたね。

もう一度ちゃんと聴いてみよう。
8曲目ですよね。

投稿: kiyori ♪ | 2011年1月30日 (日) 15:27

ありがとうございます。ファンとしてはまずお礼もうしあげたいです。ただそれだけです。
私は日常をわすれさせてくれるようなエンターテイメントがすきです。
最近のアーティストと呼ばれる人たちはとかく自己満足になりがちだと私は考えています。初心忘れず常に観客にベストをみせようと努力して音楽と踊りの表現に向き合う東方神起はマイケルジャクソンを彷彿とさせる、アーティストを一段上に行くエンターテイナーではないかと思ってます。
また、日本のメディアやエンタメ界は常に内向きで満足しており、世界に発信しようという人がいない。アジアの香りをただよわせる唯一無二な作品で世界に挑戦する東方神起は新しい夢を見せてくれるのではないかという期待を常にいだかせてくれます。今までにどこにもいない新しい存在である彼らがすきです。

彼らがそういう存在である限り応援したいです。
これからも更新をたのしみにしています。彼らとお仕事をする機会がありましたらぜひそういうファンがいることをお伝えくださいませ。どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: toriko | 2011年2月 6日 (日) 00:06

>torikoさん

> 最近のアーティストと呼ばれる人たちはとかく自己満足になりがちだと私は考えています。

自己満足になりがち・・・torikoさんは、どういうところで、そう感じるんですか?意見を聞かせてください。

日本のエンタメ界が主に国内で完結してしまうのは、日本国内で売れてしまえば、それだけで充分だからなんですよね。韓国のマーケットの何十倍もの収益を得られるのが日本のマーケットです。
リスクをおかしてまでもアジアの他国に出て行く必要がない、という意見はちょいちょい聞きます。

投稿: kiyori ♪ | 2011年2月 8日 (火) 00:58

はじめまして、きより様。
東方神起のファンのブログからこちらにたどり着きました。
まだ、最近の記事のみ読んだところですが、まだまだ沢山のブログには感傷的な記事もある中、彼らの新アルバムを冷静な目で好意的な評価されていて安心しております。

私は、クイーンに始まり、パンク&ニューウェイブ(主に洋楽)→M.ジャクソンなどMTVによるMV創成期(ピーター・バラカンさんやベストヒットUSA等の音楽番組を一生懸命録画)→日本のバンドブーム(ライブも沢山行ったわ)の中で青春を過ごしてきたアラフォーOLです。

その私が、J-POPと呼ばれるようになってから、どんどん日本の音楽から遠ざかってしまい、オペラ等を聴いておりました。

それが今では、東方神起が大好きに。

今の私が「この人のアルバムが出た!」と言うだけで買うアーティストは日本だと吉井和哉さん、エレカシさん、海外だとレディオヘッド、ポール・ウエラー、マイケミカル・ロマンス、そして、東方神起です。


純粋に「WHY? Keep Your Head Down」は久しぶりに大興奮したアルバムです。タイトル曲はもちろんのこと、終曲まで一切の手抜きなしと感じています。お若いファンの方には「OUR GEME」がいまいちのようですが、確かにイヤホンの小さい音で聞くとあまり良くないのですが、ライブ等の大音量でパフォーマンスが着くとすごくかっこいいと思うのですが、どうでしょう?

私は「CRAZY」から「SHE」への流れがとても好きで、この部分に未来の彼らを感じています。特に「SHE」はユノとチャンミンだからこその雰囲気になっていて、とても好きな曲です。

輸入版についていた写真集も、若い時に好きで集めていたBruce Weber等のファッション写真家の作品を思い出しました。メイクや衣装は過激ですが、2人に妙な気合やかっこつけがなく、あのメイクなのになぜか素を感じさせる。アイドル写真の域を超えるものに感じました。

「東方神起」というブランドをすごく良い形でリニューアルしたと思います。日本では単なるアイドルではなく、郷ひろみさんのような歌って、踊って何歳になってもかっこいいと言われるようなアーティストになる可能性を感じます。


他の記事も時間があるときに、じっくり読ませていただきます。
お仕事頑張ってください。

投稿: すぐる | 2011年2月 8日 (火) 16:25

>すぐるさん

初めまして。熱いコメント、ありがとうございます。
オペラを聴いていたんですね!また、なぜ? あぁ、でもクイーンとかロックオペラって言われてましたっけ?(通過してなくてスイマセン)

あ、海外だとレディオヘッドが入ってますね!私、デビュー当時、彼らのインタビュー何度もやりましたよ~。イギリスにもインタビューのために何度も行きました。来日した時、ジョニーに「アンティークカメラのレンズを探して欲しい」と頼まれて、探してあげたこともありました。インタビュー終えた後、トム・ヨークに「今日のインタビューはいつもと違ってすごく良かったよ。普通と違う質問だから楽しいよ」と言われたこともあったなぁ。懐かしい。そのインタビュー、オリコンの冊子に掲載したものなんだけど、今ちょっと読み返してみても、かなり面白いと思うので、記事アップしようかな。

投稿: kiyori ♪ | 2011年2月 9日 (水) 20:48

きよりさんはじめまして!
かーなり時間が経っていますがとっても共感する記事だったので
コメントさせてください。

私は普段monoralやColdplay、Killersを好んで聞いていますが
日によって色んな曲を聴きたくなるミーハーです♪
平沢進さんやcapsuleなんかを気分変えたい時に聞いています。
もっと以前はL'Arcが好きでした!アルバム全部持ってます!

K-POPというか今回の東方神起のアルバムを買ったのは
Mステが初見です。だからコメントの皆さんのように思い入れはあんまりなく…

でも東方神起ってこんなだったっけ?
っていうのが第一印象で(いい意味でです)。
5人の時の印象は、やはりジャニーズと比べてたんですけど
SMAPより若々しく、歳は上のはずの嵐よりちょっとアダルティで
全体的にさわやかで綺麗な声と曲、
ダンス曲よりバラードのイメージ。
ライブに行った人は体力とパフォーマンスがすごいって言ってる。
関根さんがファン。
こんな感じで…。

でも今度のは気になりました!パフォーマンスもすごくて。
なんか踊りは全然詳しくないけどこれはすごい、他のも見たいって
思ったのが購入のきっかけで、同時に以前のMVとかも見漁ってます。

お気に入りはWhyとMaximumもしかするとMaximumの方が好きかもしれません。
あとはHoney Funny Bunny!帰宅する時に聞くとふっと力が抜けて好きです。
逆に出勤する時はATHENA、頑張らなきゃいけないときに聞いてます。
歌詞が直に伝わってくるJ-POPの好きな曲ももちろんあるんですど、
そのまま入ってこなくてもいいなって時もあるんです。
もちろん好きになった曲は後で歌詞を調べたりするんですが。

洋楽に行きがちでしたがK-POPも面白いなって思わせてくれるアルバムでした。
韓国語って会話を聞いてると強めに感じるけど、
歌になると綺麗だなって。
チ チョ ボァ ミョンとか音として面白いです。

長々とすみませんでした。
これからも素敵なブログ、楽しまれてください。
ありがとうございました♪

投稿: キキ | 2011年3月 1日 (火) 20:04

>キキさん

初めまして。
キキさんのコメントは、東方神起をずっと応援しているファンが読んだら、ものすごく嬉しいコメントだと思います!!

> 韓国語って会話を聞いてると強めに感じるけど、
歌になると綺麗だなって。
チ チョ ボァ ミョンとか音として面白いです。

全く同感!跳ねる系の発音って日本語にあまりないから、韓国語のラップとかものすごく良いですよね!って、私も思います。絶対日本語だったら出来ない楽曲だし、この韓国語独特の発音を生かした楽曲を作ると、強いビートの楽曲になるのかな、と分析してみたり。

キキさん、女性ボーカル曲だったら、何を聴いてます?


投稿: kiyori ♪ | 2011年3月 1日 (火) 21:16

わ~ありがとうございます♪
そんな風に思ってもらえるのは嬉しいです。
女性ボーカルだとCorinne Bailey Rae、Kylie Minogue
あとボーカルじゃないけど菅野よう子さんの曲好きです。

あれから東方神起のMVや動画を昔の物も含めて見ているんですけど、
やっぱりパフォーマンス能力の高い人達だったんですねー。
5人の時は曲だけよりパフォーマンス込みで見た方がインパクト高かったです。

今回のアルバムは2人になって声の違いがはっきりしてる所が面白い!
5人の時はやっぱりハーモニーに重点を置く割合が多かったんだと思いますけど、2人になってからは個々の対比が面白いし、honey funny bunnyが良かったのでエレクトロ系もいいなぁと思っています。

投稿: キキ | 2011年3月 3日 (木) 22:51

>キキさん

カイリー・ミノーグ!
久々名前聞きました~!

投稿: kiyori ♪ | 2011年3月 5日 (土) 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/50578533

この記事へのトラックバック一覧です: 「アーティストとファン」について思うこと。(6):

« ブログをやってて嬉しくなる瞬間。 | トップページ | 500円がもったいない時と、そうでない時。 »