« KAZUKI KATO LIVE @SHIBUYA O-WEST | トップページ | 「東京ガールズ100景」予約販売。 »

2011年5月11日 (水)

K-POPムック作ります!

正式に動き始めました!

発売は7月後半~8月上旬を予定。タイトルなどの詳細は決まり次第、都度報告致します。

動き始めて思うのは、これは大変な仕事だ!という感じがヒシヒシとしている、ということです。国内のアーティストなら、メジャーアーティストだったら所属のレーベルが全ての窓口になって取材ブッキングが進んでいきます。メジャーじゃなかったら、所属事務所と連絡を取り合って進めていきます。 でも、K-POPのアーティストの取材ブッキングは複雑です。海外アーティストだからね。でも、過去にUKのバンドの本を数冊作りましたが、その時ともなんか感じが違う。ミュージシャンという位置付けとも微妙に違うからなのかな。今まで経験したことがない雰囲気に包まれている感じで、まだ私自身がこの独特な雰囲気を掴みきれていないので、うまく言えませんが、ベールの向こうに手を差し入れてみたら、その内側はものすごく熱くてビックリした!という感じ。関わって仕事をしている人みんなが、いい意味で少し興奮しているというか、緊迫して熱狂して慌しくて、、、ものすごく風力の強い中で仕事しているみたいなハイな感じがします。そういう現場、大好きです!やはり音楽の仕事が一番好きなのかもしれないなぁ。

ものすごく売れていて、誰もに注目されてるアーティストの周辺の高揚感が伝わってくる現場。

なので、正式に製作がスタートしましたが、これから先どんな風に進んでいくのか?やってみなければわからない、というのが正直な気持ちなのです。フレキシブルに対応しながら、限られたスケジュールや条件の中で、最善を尽くそうと思います。丁寧に作ろうと思います。今はそんなことしか話せませんが、明日の2PMのライブレポートから取材スタートです。

今後の製作過程も詳しくはブログアップできないかもしれませんが、公開出来る範囲で、今日みたいに感じてることを漠然としか書けないかもしれないけれど、完成を楽しみにしていてください。

アーティストの取材についても、今は話せることがあまりないのですが、これは私が思ってることですけど、もっと音楽について、アーティストとしての話を聞きたいと思っています。最近覚えた日本語なんですか?とかじゃなく(笑)。

現時点では流動的な部分も多く含まれていますので、「このアーティストの取材をして欲しい!」という皆さんからのリクエストは受け付けております! 必ずリクエストに応えられる、と言い切れないのが申し訳ないところなんですが、寄せられた声は出版社へ必ず届けますので、参考にさせてください。

今回の私の立場は出版社から1冊の企画製作を依頼された製作会社の編集長、という感じかな。出版社と密に連携をとりながら、進めていきます。本のタイトルは、出版社と本の取次ぎ店で決めるケースが多いので、そこはもうお任せしています。出版社の担当者Tさんと一緒に、手探りながらも、誠実な仕事をしようと決意しているところです。

|

« KAZUKI KATO LIVE @SHIBUYA O-WEST | トップページ | 「東京ガールズ100景」予約販売。 »

コメント

kiyoriさん こんばんは
ついに動き出すんですね

私がkiyoriさんのトコロへお邪魔させていただくようになったきっかけ… 嬉しい反面 とても苦しかったあの頃の私の心に 勇気を下さったのがkiyoriさんでした。
東方神起をアーティストとして切り込んでくださった記事に 勇気をもらいました。
もし今回 彼らを取り上げていただける機会があったら
韓国 という母国から 確実に東西両方向へ向けて発信・発進し始めた 新しい彼らを
k-popアーティストとして誇りを持っている新しい彼らを 知りたいです。(なんだか 何を言ってるのか…伝わらないですよね)
すいません

投稿: ゆんず | 2011年5月12日 (木) 01:24

わ~!!!制作決定、嬉しいです♪
リクエスト、もちろん「東方神起」!
というのは、きよりさんも前提だと思うので、それ以外、というと
・・・それでも結局SMのアーティストが大好きなんです。
時期的(日本デビュー直後)という事を考えると、SHINeeか。
f(x)はまだ詳しく取り上げているものを、読んだ記憶がないので
彼女たちも面白いかも♪
二人の東方神起のカムバックで、毎週毎週韓国の音楽番組をチェックしていたので、今のk-pop事情を結構把握したような気になっています。
その中で多分一番若いけど、実力もあるのがTeentopじゃないかと。
メインボーカルのニエルの声がブラック系で、大好きです。

きよりさんならではの、一味違った取材、インタビューを期待しちゃいます。
もちろん出版されるまで詳細はアップできないのは、重々承知していますが、私たち読者で何か協力できることがあれば是非お手伝いさせてくださいね。

投稿: ゆうこ | 2011年5月12日 (木) 01:49

やったーーー!!いきなりリクエストがかない嬉しすぎます!!

今日から3日間ライブ三昧ですもんね。

お手伝いしたい…。

福岡でできることあれば言ってください。

投稿: ゆきこ。 | 2011年5月12日 (木) 09:23

>ゆんずさん

私自身はまだ「K-POP」という言葉をためらいながら使っている、という感じです。その言葉の持つ魅力と怖さが大きいと思うからです。怖さ、と言うと誤解されがちですが、カテゴライズされることへの弊害って、必ず起こりうることなので。ま、それくらい現状「K-POP」という言葉自体に、いろいろなものを飲み込んでしまうパワーがある!ということで、ホント凄いことだと感じています。

投稿: kiyori ♪ | 2011年5月12日 (木) 12:40

> ゆうこさん

Teentopへのリクエストありがとうございます。
絶対現時点でファンの皆さんの方が注目しているアーティストについて詳しいですからね!
素直なキモチで、いろいろ教えてもらいたいです。

投稿: kiyori ♪ | 2011年5月12日 (木) 12:50

> ゆきこさん。

ん!?3人連続「ゆ」始まりの名前!・・・いや、だからどうだってことじゃないんですけどね、3文字の「ゆ」始まりの名前の連続が、ラップみたいだなぁ(韻を踏む)なんて思ってみたり(笑)。

2PMの幕張、行ってきます。天気はイマイチだけど、会場内はきっと熱いでしょう!

投稿: kiyori ♪ | 2011年5月12日 (木) 12:54

こんにちは♪

すごい嬉しいです。
最近KPOP雑誌も増えてきて、内容が似たり寄ったりなのですごい期待しています。
私が取材して欲しいアーティストはいるんですが、KPOPというとアイドルグループを思い浮かべてしまうので、なんとなく書けません。
そう言われてみるとKPOPって何なんでしょうか・・。

投稿: slep | 2011年5月12日 (木) 15:34

今頃…チムスンドル中ですね。

日本語めっちゃがんばってるんです。
時々すっこーんと忘れますけど(笑)

彼らの印象がどんなだったかものすごく知りたいです!!

楽しみにしてます!!

投稿: ゆきこ。 | 2011年5月12日 (木) 20:32

kiyoriさん、いよいよですね!
アーティストとしての話を聞くと言ってくださり、そして誠実にっていうお言葉とってもうれしいです
私の好みではSMエンターテイメントのアーティストと楽曲が大好きなのですが、実際日本の雑誌もテレビも他のアーティストばっかりで…
いろいろ事情があるのだろうと素人なりに思っています
昨日は東方神起、今日はシャイニーが来日するようですが今回は本格的な日本活動のようですね
kiyoriさん、取材されるのでしょうか?って言うかしてほしい(笑)
Super juniorも(笑)
勝手なことばっかり言ってすみません、では頑張ってください!

投稿: ちゃあみい | 2011年5月13日 (金) 03:01

きよりさんはじめてコメントします 今まで東方神起の記事、こういう世界でお仕事してらっしゃる方が東方神起を客観的にみてよく思ってくださっていることを知れたことで力を貰っていました。
読んでて涙がでました。ありがとうございます。
時が来て、東方神起の価値がちゃんと表にでて、それは「信頼できる」という一番大切な、価値あるものも生み出しました。(カード会社のCMイメージ大事ですし)リクエストの記事ぜひ!!
やっぱり 「東方神起」です きよりさんの質問されたインタビューがどうしても、読んでみたいです。どうしても。

本当に韓国のアーティストに日本語がまだうまくないからといって、子供に聞くような内容のインタビューが多くて本人たちはどう思っているのかな、とかホントに知りたいことが載ってないインタビューが多いですね。
東方神起まだ日本語がたどたどしかった2006年とか2007年ごろのインタビューでも、音楽雑誌ではちゃんと曲についての取り組みとかどう理解して歌ったとか、今努力していることとか深い話もしていました。きよりさんがインタビューする韓国アーティスト!!こんなに
楽しみな雑誌はないかもしれません!!

投稿: まぐまぐ | 2011年5月13日 (金) 13:03

読みごたえのある本ができそうですね。楽しみです。
今、K-POPというと、お若いアイドルたちのことかなって
感じがします。(カテゴライズされつつありますね)

本の主旨にあわないとおもいますが、ソテジはどうでしょうか。
今のK-POPはソテジがいなければ、なかったといわれているので。

投稿: さわ | 2011年5月14日 (土) 08:18

> slepさん

今はホントどうなるかなぁ、と手探りでスタートしたので、なんとも言えないのですが、ちゃんと「読む」文字の多いものになるとは思います。
ただ、アーティストのスケジュールがなかなか取れないみたいで、大変だなぁ、と思いながら、それでもやれるところから1つ1つ。

投稿: kiyori ♪ | 2011年5月14日 (土) 12:25

> ゆきこ。さん

掲載するレポートで書くのであまり触れれませんが、発売になる頃には、たくさんの雑誌で記事になった後だと思うんですよ。
だから今、ちょっと考えてることもあります!

>日本語めっちゃがんばってるんです。

それはすごく伝わってきましたよ! 彼らに共感出来るところがたくさんありました。


>時々すっこーんと忘れますけど(笑)

・・・チャンソン?(笑)


投稿: kiyori ♪ | 2011年5月14日 (土) 12:34

> ちゃあみいさん

本を作る時、1冊が完成するまでに関わる人たちの、それぞれの思惑というか、願いがあって、企画を提案する私は一番最初の段階なので理想を掲げるんだけど、たくさんの人の思いも重なってきて、なかなか大変なんです。

自分が企画して自分の製作費を出して配布も自分で・・・となれば、最初に自分が思い描いたものに限りなく近いものが作れます。でも、ひとりで作っててもつまらない。

人数が集まると、アレがいいコレがいい、と意見も分かれたりしながら、それぞれの納得する点を押さえつつ進行していくので、大変は大変なんですが、より多くの人に見てもらえる場所へ出て行ける。

こんな風に出したい、と思う製作サイドと、こんな風に出たい、と思うアーテイィストサイドと、こんな風ならOK、という出版社と、こんな風な本なら置きますよ、という書店と、こんな風な本を待ってた!、という実際本を買ってくれる皆さん。スタート地点と、本を手に取る皆さんとの気持ちの距離が近いものにしたいな、と常に思いながら、いろいろ頑張ってみます。

でも、大変だぁ。

投稿: kiyori ♪ | 2011年5月14日 (土) 12:46

> まぐまぐさん

初めまして。

アイドル、アーティスト、バンド、俳優、映画、ミュージカル・・・業界はカテゴライズすることが得意で好きなので、その1つの枠にとかく押し込めてしまいがちですよね。そうして定義づけることで安心する傾向が昔からあります。

でも、アイドルとアーティスト、アイドルとバンド、俳優で歌手・・・など、そのカテゴリーを飛び越えて、なんでもやれちゃうのが今のシーンの良さだと思うんですよ。

もっと言ってしまうと、アイドルでもアーティストでも、そんなのどうでもいいじゃん、誰がCD出したっていいじゃん、という感じで私は捉えていて、カテゴリーよりも、真剣に一生懸命やってる人が好きだし、そういう姿勢の人を応援したいな、と思ってます。

東方神起に質問したいことはたくさんあります。でもね、ホント果てしなく遠い、ですよ。レコーディング、CM撮影、ライブ・・・そして日本で彼らにインタビューしたいテレビ、ラジオ、雑誌がものすご~い数あって・・・時間をもらえるチャンスは果たして来るかなぁ、、、今はそんな感じです。

それと、自分達で作詞作曲してるアーティストにも話を聞きたいですね。

投稿: kiyori ♪ | 2011年5月14日 (土) 13:01

> さわさん

参考意見ありがとうございます。

> 今、K-POPというと、お若いアイドルたちのことかなって
> 感じがします。(カテゴライズされつつありますね)

ブームとかカテゴライズって、それに乗るのも乗らないのもアーティスト次第だったり、受け手次第だったりするところがあって、私自身もカテゴリーを外から眺めつつも、その言葉でいろんなことをジャッジしないように、と考えています。

K-POPと呼ばれてるアーティストだから良し、とか、そいう風な見方はしないように。自分の目で耳で確かめて、アーティストの音楽やパフォーマンス、伝えたいという熱意など、取り組む姿勢に共感できるか、を大事に考えています。

投稿: kiyori ♪ | 2011年5月14日 (土) 13:07

kiyoriさん

kiyoriさんならではの切り口でインタビューされるのを楽しみにしてます。
ソテジは本当に私も知りたいです。ソテジに憧れてアイドルになった人もいっぱいいますしKPOPの原点にすごく興味があります。
Hiphopアーティストも出来たらインタビューお願いします。

ところでスレチですみませんが、今日「東京カフェスイーツ」を買いました。まだじっくり読んでませんが、「コチ」のデザートと広いカウンター席にも惹かれるし、「コンバイン ブックスアンドフーズ ナカメグロ」のカフェでぼーっと過ごしてもみたいです。読んでるだけで行った気分にもなれました。

投稿: slep | 2011年5月14日 (土) 22:04

> slepさん

今回はslepさんがリクエストしてくれたアーティストについて、期待には応えられないと思います。ごめんなさいね。


「東京カフェde スイーツ」を買ってくださったんですね!ありがとう。
あの本の中に出てくる「Step stamp」というカフェの常連なので、週2回は行ってますね。明日も昼から「女子ラーメン部」の次回の本のMTGをやります。

自分でやりながら、ルーティンワークみたいになってくるのがイヤなので、女子ラーメン部の新しい切り口を求めてて、新しいチャレンジをしよう!と作戦会議です。cociでスイーツ作ってるフードコーディネーターの子も集合かけてます!

ところで、トマトラーメンはもう普通によく見かけますよね。こんな具材が入ってたら食べてみたいって具、ありますか? あったら教えてください! キノコ系ってどう思います?

投稿: kiyori ♪ | 2011年5月14日 (土) 23:27

>今回はslepさんがリクエストしてくれたアーティストについて、期待には応えられないと思います。ごめんなさいね。

実は本当に取材して欲しいアーティストは2pmを脱退したパク・ジェボム君なんです。アイドルから抜け出してアーティストになろうとしている彼の今回のアルバムをプロが聴いたらどう感じるのだろうと興味がありまして・・・。
そのうち日本に来ると思うので、機会があったら是非取材をお願いします。
ソテジは取材は難しそうだけどいつか誌面に取上げて欲しいアーティストです。YGの社長(Bigbang、2NE1所属)もソテジワアイドゥルの出身です。


トマトラーメンは多分喰わず嫌いだと思うんですけど、手が伸びないんです。トマトと中華麺の組み合わせが想像出来ないのでしょうか??
でもキノコはトマトと合うと思います。普通のラーメンだったらスープにキノコ類は匂いが付きそうで嫌ですけど(これまた勝手な想像で)、トマトスープならキノコと合いそうです。酸辛麺も好きなんでトマトの酸味を効かせた酸辛麺 のようなトマトラーメンなら食べてみたいです。

投稿: slep | 2011年5月16日 (月) 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/51645925

この記事へのトラックバック一覧です: K-POPムック作ります!:

« KAZUKI KATO LIVE @SHIBUYA O-WEST | トップページ | 「東京ガールズ100景」予約販売。 »