« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

「ごきげんよう」に大国男児が出ていた。

Cimg1095

今日は試写に行くのをやめて、休息日としよう。・・・と思いながらテレビをつけたら、「ごきげんよう」に大国男児が出ていました!

今さら説明はいりませんが、彼らの日本語力はこういうフリーのトーク番組でも自由に会話出来る姿を見た時に、ギミックでもなんでもなくホント凄いなぁ!そして自由だな(笑)と思います。

そう、意外にも自由、なんですよ!

意外にも、と書いたのは、やはりK-POP系のアーティストは全般的に事前にセリフが決まってたりライブでもMCの日本語はセリフとして決まってたりが多々ある中、大国男児は軸足を日本ベースに置いてガッツリ一歩づつ積み上げてきた努力が、今まさに実りの時に近づいてきて!というかこれからどんどん花を咲かせていくと思うんですが、イベントでも彼らは結構フリ------ダム!!な感じで、観てて楽しくなってしまうんですよね。

それは大国男児のメンバーが「自発的」に考えて、参加して、楽しんでるから。台本まんまのセリフを言うんじゃなく、決められたMCをそのまま言うんじゃなく、その場その場で自分たちの気持ちが動いたら動いたことを言葉にして伝えれる魅力。まず自分たちが楽しもうという姿勢が、観てる側を巻き込んで行くんですよね。

トーク番組に出れるなんて、凄いですよ!彼らの語学力をもってすれば、他のK-POPアーティストとは違うエリアでも活躍の場が広がると思うので、期待しています!

それと大国男児は笑顔が似合うね!

・・・というワケで、発売中の「K PARADISE」では撮りおろし9ページで彼らの魅力を伝えています~!+ライブレポートなども2ページ以上! 写真、ものすごくいいので、ぜひぜひ大国男児に興味を持った方に、見て欲しいデス!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

夏が終わる・・・。

8月最終日。

私の住む高円寺は8月最終の土日に「高円寺祭り」が盛大に行われて、毎年20万人?くらいの人出があるらしいのですが、今年は節電などにも気を配ってか?毎年夜スタートする祭りのメインの阿波踊りも、まだ明るい時間から始まって、18時くらいには祭りが終了するというイマイチ物足りない雰囲気。出店も例年より若干少なく感じました。

祭りの喧騒は大好き!です。笛や太鼓の音が地鳴りみたいにずっと響いていて、なんか心地いいんですよね。普段すいすいと歩ける商店街は通行規制で、遠回りしなくてはいけないんだけど、ウインナーや焼とうもろこしを買い食いしながら歩くのも楽しい。

そして毎年、この祭りが終わると、「今年の夏も終わったね」という気分になる。翌日の月曜日から街の景色が一気に「秋」に変わります。

8月は「K PARADISE」の入稿後は少しゆっくり過ごそうと思っていたけど、試写を10本観たり、MBLAQのソウルのライブに行ったり、花火大会とJYP NATIONで2PM、CUBEのイベントでBEAST、そしてウォンビンの舞台挨拶、斎藤工さん、荒井敦史さんインタビュー・・・と、全然ゆったり過ごせなかった。

パワーを放出しっぱなしなので、少し充電する時間を持たなければ、新しいアイディアが生まれなくなってしまう、という危機感もどこかで持っているので、9月こそは、アウトプットよりインプットが上回る月にしよう! まとまった時間をとらないと出来ない準備もあるので、そういうクリエイティブな時間も作ろう。そして、積極的に「初めまして」の出会いの機会を多く持とう、思います。

あ、そうそう、、、書きかけで放置してしまってるテキストがいくつかあるんですが、多分そのままになってしまうかも。あそこの部分は意見・レポ・レビュー聞きたい的なリクエストありましたら、お応えできる範囲でアップします~!

ところで現在、世界陸上を開催していますよね。MBLAQのライブでソウルに行った時、タクシーに何度か乗りましたが、「もうすぐ世界陸上ですね」と言っても、運転手さんはリアクションゼロでした。「え?何?どこでやるの?」と聞かれたり、「あぁ・・・韓国は陸上競技で強くないから」とみんな興味ナシ。あれ?そうなんだ、、、と、その時は思っていたけど、実際世界陸上が始まってしまうと、開催地なのに地元の選手の活躍がないと、やっぱり盛り上がらないんだろうなぁ。

オマケ-----ZE:Aのラッピングバスが都内を走ってますよね!ファンの皆さん、遭遇しましたか? 先週末、映画「明日泣く」の試写が終わったのが22時半くらい。渋谷道玄坂のあたりで何か食べて帰ろう、と話している時、目の前をZE:Aのバスが光を放って通り過ぎました。「あ、ZE:A!」と真っ先に気づいたのは、一緒にいた「K PARADISE」製作チームのZE:AのページをデザインしたZE:A担当。「ほんとだ、ZE:Aだ!」と私も気づいたんですが、写メには間に合わず。

そして昨晩、ウォンビンの舞台挨拶に向かう途中、新宿南口の明治通りあたりの信号待ちをしている時、ZE:Aのラッピングバスが目の前を走っていきました。「あ、ZE:A!」と声に出して言ってしまいました(笑)。

ZE:Aのファンの人で、このZE:A車に会いたくて仕方ない人がいっぱいいるかも、と思い、偶然二度も遭遇した私は写メでも撮ってブログアップしなきゃと思ったんですが、2度とも間に合わず・・・でした。使えないヤツでごめん。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

「アジョシ」ウォンビン舞台挨拶@バルト9

9月17日公開の韓国映画「アジョシ」の舞台挨拶+試写会が新宿バルト9で行われ、行ってきました。

とにかくマスコミの数が多くて驚きました。スチールカメラがあまりにも多いので、撮影は2回に分けて行われたほど。しかも、なんか女性の記者や編集者やカメラマン、みんなそわそわワクワクしてるような雰囲気? 皆さん仕事ではあるけど、ウォンビンに会えるのが嬉しいんだなぁ~、と。あっちでもこっちでもウォンビンのことを話してるんです。 マスコミの皆さんもウォンビンのファンなんだなぁ。

にしても!・・・にしても! ウォンビン、カッコ良すぎ! オーラといいシャイで誠実な感じいい、あまりにもビジュアルがカッコ良くて、舞台挨拶後すぐにウォンビンFANの友人に電話して「ウォンビン、マジでカッコ良かったよ~!」と報告(笑)

ファンを目の前にして「胸がいっぱいです」と言ってました。

映画「アジョシ」・・・・孤独に生きるウォンビン演じるテシクは、世間を避けるように生きていた。過去のある事件が、彼から愛も希望も全て奪い去ったのだ。隣に住む少女ソミ(キム・セロン)は、いつも一人ぼっちだった。ソミはテシクを“アジョシ(おじさん)”と呼び、信頼している。ある日、麻薬密売に絡んだ母親が犯罪組織に巻き込まれて行く・・・。誘拐されたソミを救出するためにテシクはたったひとりで戦いをいどんでいく、という物語。

惨殺シーンもかなり多いです。アクションといい銃撃戦といいハードなウォンビン出ずっぱり!

ウォンビンは「『アジョシ』が、みなさんにとって新しい映画になってくれたら嬉しいと思います。そして皆さん、観終ったら周りの方に、アジョシはとても楽しい映画だよと伝えてほしいと思います」とメッセージ。楽しい映画? 楽しい映画というのは無理があるかもなぁ。やくざグループ(?)との麻薬をめぐる抗争に巻き込まれての残忍な殺し合いのシーン多いですからね。思わず目をおおってしまったり、顔をそむけてしまうシーンが数回ありました。でも終わり方は良かったし、納得のエンディング。鬼気迫るウォンビンの格闘シーンがド迫力の作品!息をのむというか、気づいたら終わっていた、というくらいあっという間でした。

さて、1つだけ気になったことが。集まったファンの多くがウォンビンの舞台挨拶の時、ブルーのペンライトを持ってたんだけど、K-POPのライブと間違えてないよね?? 映画の舞台挨拶と試写会でペンライトを振るお客さんがいっぱいな状態を初めて見たので、私にはちょっと不思議な光景に感じました。

Cimg1093上映後、ウォンビンがCM出演しているビールが、試飲用に配られました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

【strobo】vol.13

9月25日発行の【strobo】の内容をお知らせします。*予約販売の受付は終了致しました。

≪内容≫

□斎藤工さんインタビュー・・・前回からのつづき+最近のことを追加取材。画像は撮りおろし。

□荒井敦史さんインタビュー・・・映画「メサイア」主演について。撮りおろし。

□ウォンビン:映画「アジョシ」舞台挨拶」レポ

□JYP NATIONレポ:8/18のバルト9で行われたライブ・ビューイング。オフィシャルのライブ画像で構成。

□新作シネマレビュー(予定ラインナップ):「ウインターズ・ボーン」、「ファイナルデッドブリッジ」、「モテキ」、「ステキな金縛り」、「明日泣く」、「東京オアシス」、「はやぶさ」、「ハラがコレなんで」、「恋の罪」ほか

前号は読者からの反響が大きくて、映画館への問い合わせも殺到し、予想外のこともいろいろ起こりました。【strobo】はフリーペーパーなので、映画館に「取り置きしてくれ」や「送料着払いでいいから送ってくれ」など、無理なリクエストをしないようにお願い致します。映画館のマネージャーから「無理な問い合わせが多すぎて、仕事に支障をきたして困る」と、連絡をいただいた時は、複雑な気持ちにもなりました。それだけ【strobo】が有名なフリぺに成長したんだ! 映画館のマネージャーも【strobo】をちゃんと認知してくれてる! とポジティブにとらえて嬉しくなる一方で、仕事に支障をきたすので配布するのを止めたい、と言われた時は、ものすごく残念な気持ちでいっぱいに・・・。「strobo配布してますか?」の問い合わせはいいんですよ。「ある」と言われたら、フリぺなので、映画館に取りに行ってくださいね。送ってくれ、とか無理は言わないようにお願いします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

D-BOYSの弟チームD2の荒井敦史くん。

D-BOYSの弟チームのD2の荒井敦史くんの取材が決定したので、今から彼が主演する作品「メサイア」を観るところ。え・・・と、なになに?プロフプロフ・・・・・・・・・荒井敦史くんは1993年生まれね、はい了解。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ぎゃっ!若ッ!!(笑)

__ 「メサイア」かぁ、、、学園を舞台にしたダークサイドなストーリーね、、、なんてことを思いながら、ネイルしながら観ていたら、、、観終わった時にネイルがダークサイドになっていました!!(笑) 無意識に黒とか紺とか選んでました(汗)。 ラメ重ねて、ストーン乗せて、ジェルコートしたら完成!

撮影場所が予想してなかったエリア・・・巣鴨のハウススタジオだったんです。

荒井くんは、背が高くて、素直で、「メサイア」の主役で、笑顔がキュートで、、、いいトコばかりなんですよ。写真、期待してください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

斎藤工 CD発売イベント@池袋

Cimg1080池袋のサンシャンシティ「噴水広場」と言ったら、CDのリリースイベントやアイドルのイベントで有名な聖地的な場所。その噴水広場で、斎藤工さんがメジャーデビューシングル「燦々」の発売記念イベントをやる、というので応援に行ってきました。

以前私はブログ(6/21)で、

ライブが決まったら、絶対駆けつけよう。この人のために、ちょっとくらい無理してもいいなって思わせるのが、斎藤さんの魅力だ。

と書きました。仕事とは関係なくても、デビューイベントには駆けつけなくちゃ、となんか当たり前みたいに思っていました。

イベントは14時と17時の2回で、トークあり歌あり、握手会ありの盛りだくさん。実際はさらに、テレビのワイドショーの撮影や囲み取材、ドラマ「ハガネの女」の時の生徒がサプライズで応援にやってきてフォトセッション、斎藤さんのバースデーを祝うケーキが登場して♪ハッピーバースデーを歌って、フォトセッション・・・と、フォトセッションやりすぎ!(笑)ってくらい、ホントにホントに盛りだくさんな内容でした。

Cimg1088

14時に噴水広場に到着すると、1階から3階までかなりの人数が集まっていたので驚きました。公式発表2000人。マネージャーN氏を探して、一緒に斎藤さんの歌を2曲聴きました。聴きましたというか、見守りました。不思議なもので、俳優としての作品になった中で見る斎藤さんがどんな役をやっていても、フラットな視線で見れるのに、歌を歌っている斎藤さんは妙にリアルで生々しくて、私まで事務所サイドの人間になったような家族を見守る気持ちや友達の発表イベントの盛り上げに駆けつけた時に近い感覚で見ていました。

バースデーケーキが用意されていて、マスコミ向けにケーキと一緒のフォトセッション。(ローソクがなかったのが残念ポイント・笑)

握手会の列が途切れることなく続いていて・・・16時前に私は現場を去りましたが、まだまだ1回目の握手会は続いていました。

俳優の仕事は演じた作品が公開されてから、その感想を耳にするという、演じた瞬間と反響に対してタイムラグがあるけど、ライブで歌を披露するという音楽活動は、その場でファンの反応もわかるという面白さがあるので、斎藤さん、メジャーデビューして、そういう感覚を楽しめるこういう機会にも恵まれて、良かったね!

音を楽しみながら、一生付き合っていってください!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

MBLAQ 20110820

Cimg1052先日「韓国滞在記」というタイトルで、8月20日、ソウルで行われたMBLAQのライブについて少しだけ書きました。詳細は、掲載のタイミングが決まったらそちらで。

が、「もう少しライブの感想を聞きたい」、というコメントをMBLAQファンの方からいただいたので、今回のライブ演出部分で、特に良かった!と私が評価してるポイントを1つ紹介しますね。

* * * * *

ライブ中は、会場内の客電(*これも業界用語なのかな。「客電」は劇場などにおける客席の照明のことで、客電が落ちる( 消える)と公演が始まる合図で、 客電が上がる・入ると終演。)は落として、トラスに組んだ照明やレーザー、スポット、バックスクリーン映像など、さまざまな光がステージのメンバーを輝かせます。それはMBLAQのライブに限ったことではありません。

今回、MBLAQのライブで他ではあまり多様しない「ライブ中に客電を上げる」というシーンが何度もあり、印象的でした。

客電を上げると、メンバーからファンの顔がよく見えるようになります。最初のMCから客電を上げながらトークするMBLAQのメンバーは、集まったファンの笑顔を、同じ時間同じ空間で見たかったんじゃないかな。上の階の客席を見ながら手を振ったりしながら、一緒にこのステージに立つ喜びを分かち合いたかったのだろう。

7曲目、メインステージから中央へ通路を歩いてくるシーンでも、アリーナ全体が明るくなるほど客電を上げていました。こういう要所要所の演出が、ファンとの一体感を高めていました。

ともすれば、客電を上げるとシラケテしまう、という危険性というか、リスクもありますが、場内が満杯だったので、明るくなった時に見えるお互いの笑顔で、会場全体が幸せに包まれました。MBLAQのメンバーが笑っているとファンは嬉しい。それと同じように、ファンの笑顔がメンバーをハッピーな気持ちにさせる。客電を上げる演出を多様することが、こんなに効果的だったステージを、他ではあまり観たことがなかったので、新鮮な衝撃でもありました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

メモ。

今から「明日泣く」の試写行ってきます。

今日は昼間「はやぶさ」の試写も観ました。

strobo予約申込の方へのレスは明日一斉に。

書きかけのブログも今晩。

そして明日は14時から斎藤さんのイベントへ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

UNITED CUBE in JAPAN@日本武道館

今日は取材関係なく、自腹でチケット買って観てきました。

このイベントはBEASTの所属する事務所のイベントで、今さら言うのもなんですが、出演アーティストって、BEASTと4minuteとG.NAの3アーティストだけなんですね。それで武道館でやれちゃうんだから、実際は大半がBEASTのファンだと思うので、彼らの人気を再確認しますね~。

複数アーティストが出演するイベントを、春以降いろいろ観てきたけれど、どれも1万円近いチケット料金とした場合、好きなアーティストが2~3曲しか歌わないイベントよりも、事務所が主催するイベントの方が安心感があるような気がする。アーティスト同士の交流がコラボ曲として披露されたり、同じ事務所なのでアーティストの方向性や楽曲の雰囲気や演出が似ていたりもするので、見やすかったり。

UNITED CUBE in JAPANはBEASTが引っ張っていました。メンバー1人1人の際立った個性と、音楽のポテンシャルが高くて、個の部分で相当頑張ってましたね。そこへもってきてBEASTは楽曲クオリティがものすごく高く、どの曲を誰が、誰との組み合わせでも歌える・・・みたいな、メンバーそれぞれが歌える強みで圧倒します。

ステージは

(*書いてる途中~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

韓国滞在記。

2回目の韓国。今まで一度も韓国に行ったことがなかったのに、今年初めて韓国に行き、前回は1泊でトンボ帰り。今回は2泊。

ひとりで行ったので、行く前は不安100%。でも、行ってしまうと全然余裕?

Cimg1028ソウルに到着したのは19時頃。タクシーで江南のホテルへ。乗ったタクシーの運転手さんが、日本語と英語がしゃべれる、と。しかも、海外には一度も行った経験がなく、全て語学CDで勉強。なぜか「ホテルに着くまで英語で会話しましょう」と言われ、なぜ~?と思いつつも流れのままに。オマケに発音とか注意されちゃってんの、私(笑)。

金曜日の夜は道が混んでいて、ホテルにチェックインしたら、もう夜。ホテルの場所は、前回MBLAQの取材をしたスタジオの近く。カロスキルも近いかな。

Cimg0929

Cimg1035

翌日、MBLAQのライブの日。15時から記者会見なので、その前までに会場に来てくださいとマネジメントから事前に言われていたので、それまで、カロスキル付近を散歩しみよう! 並木がキレイで、カフェとセレクトSHOP系が多くて、表参道のキャットストリートっぽい気配かな。(*夜遅くまで、どこのカフェも若者であふれまくってました)

前回は雨が降っていて、撮影スタジオに入る前に近くのカフェに寄ってから行きました(右画像)。予定では1時間で取材が終わり、その後街の風景を撮影したり買い物をしてから空港へ向かえばいいよね、なんて計画してたんだけど、気づいたら空港へ向かうギリギリの時間まで撮影+インタビューをしていたので、スタジオ付近のおしゃれストリートを散策出来なかったんです。

Cimg1033今回は裏道も通ってみたりしながら、事前に雑誌で見て気になっていたSHOPをチェック。「AND UP」でTシャツと蛍光色のカーディガンを購入。どうせ買うならmade in Koreaの商品を買おうと思ってたので満足。

Cimg1034

歩いていたら、前回寄ったカフェの近くに来たので、またこのカフェでいっか、とランチ。・・・っていうか、日頃の東京ライフと同じような時間の過し方してるな。食べてるものも似てる。

昼過ぎ、いったんホテルに戻り、ライブ会場へ。うわぁ!たくさんのファンが会場の周辺にいます。事務所の人と連絡を取り合いつつ、プレス受付で前回取材したスタッフと会い、PASSを受取り、ここで日本から持ってきた出来たての「K PARADISE」を渡しました。

記者会見の会場は、ざっと数えても30台以上のテレビ用カメラがセッティングされていました。その前にスチール用のカメラマン。マスコミ関係者もたくさん! MBLAQのメンバーは、いい感じのピリッとした張りつめた空気をまとって記者会見会場に現れました。フォトセッション、そして質疑応答。この日のためにずっと準備してきたんだよね、前回の取材した時に、まだまだ先のことだと思っていたライブなのに、ほんとアッという間だなぁ、と思いました。

Cimg1037ライブは2階の座席で観ました。インタビューした時に、ジオくんに「ぜひ、スタンディングで見てくださいよ!」と言われたんだけど、2階席から見えるスタンディングのアリーナ部分は、開演1時間前から結構な人口密集地帯だったので、絶対私無理だ・・・と思いましたよ(笑)。

会場内部の雰囲気は武道館に似ているかな。武道館を70%くらいに小さくした感じ。縦横無尽に動けるように通路が作られています。

詳細ライブレポートは、「K PARADISE」の次号発売日がFIXされればそこで。すぐにFIXされないようだったら、【strobo】に掲載、と事前にマネジメントと打ち合わせしてたので、決まったらまたお知らせしますね。

ちょっとだけ。

★MEN in MBLAQ

プレス用にセットリストが事前に配られていたので、内容に目を通した時、おっ!と目にとまったのは「Good liv(Club mix)」「One better day(Club mix)」。両方ともClub mix。ライブの最後も「Oh yeah」のremixバージョンだったんだけど、私が知らなかっただけなのか、MBLAQって、そんなにClubアプローチのグループだったんだ、、、とちょっと意外な感じもしたんですよね。

クラブサウンドと言っても今はもう幅広いので1つの方向で語れないんですけど、2PMのクラブ系アレンジとはまた全然別。2PMは70~80年代のブラックコンテンポラリーやソウルやファンク、ジャズをルーツにしたアースウィンド&ファイヤーとかマイケル・ジャクソンを通過しながら今のダンスビートとして体現してるトラックメイク。MBLAQのクラブmixはルーツ系じゃなくて、近年のUKのクラブDJ soundとかデジタルビートを意識してる感じかなぁ。いやぁ、それぞれ面白いですね~。

ライブが終わり、会場の外に出ると、まだ明るくて(19時)驚きました。

タクシーでホテルに戻る途中、ホテルのすぐ近くで、乗っていたタクシーが、角を曲がる時に、工事中のビルの資材置き場に突っ込み(!)、積み上げてた大理石プレートみたいな資材もタクシーも大打撃を受け、なんかモメ始めたので、「ここで降ります!」って料金払ってタクシーを降りました(汗)。角を曲がるときはスピード落とそうよ~、一時停止してよく見てから曲がろうよ~。

Cimg1026_2

夜は再びカロスキルのカフェにくり出し、あっという間に2泊3日の滞在も終了。

MBLAQのメンバー、ステージの上で、まぶしいライトとたくさんの歓声を受けて、幸せそうでした! グループの活動はこれからもずっと続いて行くけれど、その途中の今回みたいな重要なステップを1段上がった瞬間とかは、自分たちのことをめいいっぱいほめてあげて欲しいな。幸せな気分を味わえる瞬間って、そう何度も何度も経験できるわけではないので、この充実した気持ちにどっぷり浸って欲しいな、と思いました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

デザインMTG。

最近観た試写で、タイトルの出方がものすごく気になっている。タイトル文字の出方がアンテナにひっかかる。

「アンフェア」の試写で、タイトルの主張の仕方があまりにも強烈で、気になったまま。

昨日観た「モテキ」の試写でも、タイトルじゃないんだけど、冒頭部分の文字の見せ方がかなり気になって、好きなタイプ。

アメリカのドラマ「HEROES」も文字の出し方が好きだったな。

こんな風にデザインで気になったり、試してみたいアイデアがあると、デザイナーを誘って深夜のカフェトーク。の前に、書店に寄って、いろんな雑誌のデザインチェック。「あぁ、これ好き」「ここに文字乗せるのナシでしょう」「うわぁ、写真いいねぇ」「このフォント、なんだろ?」など情報をインプットしてからカフェでトーク。

こういう時間が自分には大切。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「モテキ」を観たら、カラオケに行きたくなった。

映画「モテキ」の試写を観たら、なんかもうすぐにでもカラオケに行って、さっきまで映画の中で流れていたJ-POPの名曲の数々を、自分も弾けて歌いたい!という衝動が・・・。叫びたい、走りたい、歌いたい!そんな衝動が。

すごいな。映画⇒カラオケ、って能動的なパワーが発生するなんて。

映画「モテキ」は、音楽雑誌の編集とか、音楽サイトのライターとか、フェスやフェスのオーガナイザーなど、私自身が見てきた世界なので、うんうん、それわかる、とひたすら同感。

映画の中で流れた岡村靖幸、ジュディマリ、B'z、スチャダラパー、ACOなど、「懐かし~」なんて盛り上がりながらひと通り歌い、勢いのまま≪夏≫をテーマに歌い、「K PARADISE」発売を記念して≪K-POP≫も歌っとこ!とMBLAQ、2PMなど歌い、最後はAKB48で〆め(笑)。

そして今日は午前中に映画「ステキな金縛り」の試写。

いろいろ考えず、気持ちのままに過ごしてみようWEEK。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

チャン・グンソクの書く日本語。

Kpara_logo_s

好きなスターの直筆って、ファンなら見たいですよね。サインを貰ったら自分の名前を入れて欲しいし、好きなスターの書く字が、たとえ下手でも(笑)、字を間違えていても、或は予想外に達筆でも・・・ファンならOKですよね。

日本で今、大人気のチャン・グンソク。彼はどんな字を書くのかな? 

Cimg1066

そして、ファンの方に見せてもらったのがコレ!

まずはびっくり!!

ここまで きてくれて ありがとう だいすき~

・・・って、日本語で書いてますよッ!!(画像・右下)

それと、テレビでよく彼が言ってた

メロメロ~

も、ハートマーク付きですよ!!!

すごいなぁ、チャン・グンソク。嬉しいだろうなぁ、ファンは。

巻末の「ファンのフォトブック」コーナーで、チャン・グンソクの日本語のサインを見ながら、そうかぁ、こういう字を書くんだ、読みやすいじゃん、、、なんて思ってみたり。

直筆の字って、ホント不思議ですね。何かは具体的にはわからないけど、なんかちょっとだけ相手を知ったような気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新大久保駅構内にMBLAQ!

Cimg1073それを見た瞬間、つい・・・こんな書き方をして画像をアップしたくなってしまいました。

新大久保駅構内なう。

・・・・・・・・(笑)。

映画「モテキ」の試写を観た後(*映画は素晴し過ぎました!2011年、現時点で私のNO.1作品です。詳細は後日&stroboで)、久しぶりに天気も良かったので、新大久保駅に貼られているという「K PARADISE」のPRポスターを見るために行ってみました。

ホームに降り、さてと、どのあたりに貼ってあるんだろう? 見つけられるかな・・・なんて思いながら、とりあえず改札方面に階段を降りたら・・・・うわわわわわっ! すごいんですけど! これ、私が当事者だから見つけられたのかな? いやいや、誰もがわかりますよね? だって皆、「あ、MBLAQ?」とかいろいろ言いながら、指さしながら、写メ撮りながら、通り過ぎて行くんですもの。

Cimg1078

今となっては懐かしい、黒髪の5人。

そして、この特大ポスター、サイズがとんでもなく大きいんですよ。

あ、「K PARADISE」の巻末で、この駅貼りポスター(非売品)も読者プレゼントとして紹介してますので、ぜひ申し込んでください!

改札を抜け、振りかえって見ると・・・貼られたポスターが奥の方に見えました。4枚並んでますね。パチリ。

Cimg1079

たくさんの人に、この本が見てもらえますように!

それにしても、今日は火曜日。平日の午後なのに、新大久保の人の多さにはビックリです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

本日発売!「K PARADISE」

Cimg1070 本日発売。

ポスターはこんな感じ。

これからレコード会社や事務所など関係者へ発送作業します。

個人的に特に好きなところは、

巻頭MBLAQの特集/p17~大国男児の特集/p28~BEASTのめざましLIVEレポ/p65~K-POPスターに逢える店(キチンと取材してるので、写真もデザインも満足のクオリティ)/p79~CDレビュー/p91のFTISLANDのライブレポ

今日は書店に寄る時間がないから、まだ実感がないけれど、買われた方は感想お待ちしております! 特に、どのページのどこが好きかを聞きたいので、教えてください~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「メンバーの誰が好き?」と聞かれて。

_mg_4680_3

★BEASTの「めざましLIVE」でのこと。

BEASTをもっと近くで撮影したい! そんな時、目にとまったのが「めざましLIVE」。さっそくフジテレビの広報に問い合わせると、なんと取材申し込み1番乗りでした!

取材当日、案内された席はステージ左手最前列。隣が親子席のファミリーで、パパとママと小さい女の子と男の子。ママがBEASTの手作りうちわを持っていて、パパと子どもたちは会場の雰囲気に圧倒されてる感じ。

ふいに小さい女の子に「おねえさんは誰のファンですか?」とストレートに聞かれ、そんなことを考えてもいなかった私は(おねえさんて私!? よ~し、いい子だ)などと思いつつも、えっ!?誰が好きかって??と、突然の質問にアタフタしながら、「・・・ジュンヒョン?」と無意識レベルで答えていました(笑)。ひゃ~!!そうか?そうなのか自分?(笑) なんかよくわからないけど汗かいてしまいましたが、この日の熱さのせいかな・・・と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

「K PARADISE」明日発売。

Kpara_logo_s

明日から新大久保駅構内で、表紙(MBLAQ)ポスター広告が掲出されます。

新大久保で発見した方は、写メを送ってくださいね! ⇒コチラまで。

完成した見本を、ソウルへ持っていき、MBLAQのマネージャーに渡しました。取材モノで、冊子が完成した後に掲載しているアーティストに直接すぐに渡せることってあまりないので、今回は発売前に渡せたし、第一MBLAQは表紙だし、良かったな、と。

今日、出来上がった本を1冊頭から最後まで目を通しました。撮りおろしの写真は全て自信あります!デザインも。 あと、自分で作っておきながら改めて思うのは、「活字多い!(笑)」。読むところホント多いと思います。それは多分私自身が、「写真を見て楽しめて、テキストを読んでさらに楽しめる!」という本作りをいつも目標にしているからだと思うですが、結構ホント読むのに時間かかりますよ(笑)。

Cimg1019

手抜きしたページとか全然ないので、CDもじっくり聴き、ライブにも足を運び、お店の取材もしっかりやり、ライターもカメラマンもオリジナルな記事作りに奔走しました。

←渋谷にあるセレクトショップの「CANDY」は、BIGBANGやレディ・ガガが来日時に立ち寄るSHOP。大国男児やSHINeeのスタイリストもリースに来る店。

さて、「K PARADISE」、無事創刊しましたが、次号の発売日が決まっていないので、もし「良かった!」「早く次号を出して欲しい!」と思って下さる方がいましたら、リイド社にガンガン連絡してくださ~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MEN in MBLAQ(メモ)。

★特効

「特効(とっこう)」はライブでの特殊効果演出のことを言います。花火、火柱、紙吹雪、テープなどいろいろ。今回のMBLAQのライブは、ありとあらゆる特効出し切った!ってくらいの豪華演出でした。下から花火みたいに吹きあがるタイプのものも、メインステージのフロント部分以外にも、センターのサブステージやそこへの通路などにも仕込んでありました。さらに、ホント打ち上げ花火!?と思うくらい、打ち上がってキラキラ散る感じのものから、シルバーのテープ、ステージの床が埋まるくらいの紙吹雪。それ以外にもステージがせり上がったり、LED衣装(っていうのかな?)、映像など、演出もりだくさん。

★コーンロウ

ジュンくんが今回変身したヘアスタイルは「コーンロウ」というやつです。髪の毛長くなかったと思うのでエクステも同時にやったのかな。コーンロウは髪をわしゃわしゃと洗えないんですよね。

★ファンからのお米

Cimg1054

Cimg1036

Cimg1058Cimg1053_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

MBLAQのライブから帰国。

__さっき帰国しました。詳細は今夜にでも。

画像は今朝、ホテルの部屋の窓側で撮影した、昨日のPASSとセットリスト。

ジュンくんのビジュアルの変貌ぶりに驚いたファンも多かったと思います。スタッフから聞いたところによると、当日変身したらしいですよ。

私、前回ソウルに初めてMBLAQの取材で行った日、ジュンくんが髪を午前中に切って現れた日だったんです。で、今回。

では後ほど。

あ、1つどうしても言っておきたかった!「特効」・・・これって業界用語? とにかく特効凄すぎ!でしたよ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

BEASTについて。

Kpara_logo_s

BEASTについて書かなくては!

Cimg1018BEASTはライブレポートの掲載ですが、STUDIO COAST2p+めざましライブ5pの計7pです。特にめざましライブは、カメラマンがステージ最前列でガンガン撮影しましたので、オール未公開フォトになります。あまりにも見せたい写真がたくさんあるので、5pにしちゃいました。

それから、CDレビューも1pで掲載しています。クロスレビューじゃないんですが、私が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

「K PARADISE」見本納品~大国男児インタビュー。

見本が届きました。あ~完成した、ホント完成した、やっと完成した。

22日、発売です。

そして、22日から1週間、新大久保の駅構内で、「K PARADISE」のPRポスター(表紙デザイン)が数枚入りだされるらしいので、新大久保へ遊びに行く機会のある方は、写メ撮られた方は、送ってください~!

では、一部紹介します。

Cimg1020CDレビューページは、こんな感じで、2人のライターが真面目に楽曲レビューを書いています。K-POPの楽曲についての音楽レビューってあまり見掛けなかったので、やってみました。いつも聴いてる楽曲をより深く、或は、別角度で聴いてみるきっかけになれたらいいな、と。

大国男児も撮りおろし9pです!!! 写真かなりいいと思いますよ~!メンバーの仲の良さが伝わってくる楽しい撮影でした。インタビューは通訳なしなので、書かれている言葉全てが通訳や翻訳者のフィルターを通したものではなくて、彼らから直接発せられた言葉のニュアンスそのままなので、何よりもリアルだし、説得力がある! 

今回は、好きな食べ物とか、最近覚えた日本語とか、女の子のタイプ・・・などはいっさい質問していません。(MBLAQやZE:Aにも同様に)全てのK-POPアーティストに、アーティストとして向きあいたい、という考えから、それぞれのグループの努力しているバックヤードや葛藤など、真剣に取り組んでいる姿を伝えたいと思っているからです。

Cimg1016大国男児のインタビューの中で、シングル曲の中で、「実は他のメンバーのパートで、自分が歌いたかったな、というパートありますか?」と質問した時、全員が自分のパートが一番気に入っているとか好きですと答える中、ミカくんがジェイくんのパートを歌いたかったと言って、ジェイくん自身が「えっ!」と意外って感じで驚いたシーンがあって、その理由もミカくんは話しているんだけど、こういうシーンってインタビューしてて嬉しいんですよね。インタビューの場でお互いの意外なキモチを知ったりすることってたまにあるんですが、そういう瞬間を引きだせた時は嬉しくなります。メンバーも日頃質問されないことを聞かれるからか(?)次第にインタビューにのめりこんで来てくれる感触があって、自分でもあ~いい時間だったなぁって取材後すぐにもまた取材リクエストを出したくなるくらいに好きなインタビューの1つになりました。

大国男児のページも、写真ドーン!ドーン!と使って9p特集です!お楽しみに!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

JYP Nation/ライブ・ビューイング

新宿バルト9のライブ・ビューイングでJYP NATIONを観てきました。

いやいやいや、良すぎでしょ!きっと現地さいたまアリーナで観た人たちは感動しただろうなぁ。だって、ライブ・ビューイングでこんなに良かったと思えるんですから!

* * * * *

ここまで書き始めて、MTG(23時から)に行かなくちゃで、戻ったら26時。

気を取り直して、今から書けるところまで。というのも、今日は午後から韓国に行くので。MBLAQのライブを観てきます。ライブ前の記者会見から参加するので、前日入りしておこう、と、そんな感じです。そして、さっき「K PARADISE」の見本が事務所に納品されました!!うわぁ、上がる↑↑ 今は時間があるだけ、ブログアップして行きます~!!

* * * * *

今回のライブはエンターテインメントとしてかなりの密度の濃い、オリジナルの充実したコンテンツだと思いました!

何を始めるにも、人がいて、同じ志や夢を語れる仲間がいて、一緒にクリエイトするモチベーションを同じにしている仲間がいて、仲間だけど時としてライバルだったり、でも基本は絶対「信頼」があってのことで・・・そういう友情とかグループとか、見る側が簡単に色分けしてしまうようなものとは全く別の、もっともっと深い部分でつながってる人たちのステージを観た。・・・という気がした。もうJYPの集団が羨ましいと通りこして、カッコよくてステキ過ぎました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ZE:Aについて。

*追加アップしました。

今日はZE:Aの話。ZE:Aは6pで未公開フォト+オリジナルインタビュー、CDのクロスレビュー1p、とラーメンコーナーでコメント、7/30のLOVE-1のレポなどトータル7p以上で掲載しています!あ、大変!忘れるところでした。ポスターもZE;Aです!A2サイズという大きいポスターなので!

Cimg0793ZE:Aが気になったきっかけは、6/16武道館で行われた「We Love Japan」というイベントのマスコミ向けの取材時間の時です。「ZE:Aのちょっといい話。」というタイトルでブログアップしました。詳しくはコチラ。⇒コチラ

Cimg1013

同時期、映画「RONIN POP」を観て、【strobo】で作品紹介しました。デザインも作品の雰囲気を生かしたんです。(現在配布中のvol.12)

【strobo】について、日本でのZE:Aの宣伝担当の方から、フリーペーパーとは思えないクオリティの高さに驚きました、というメールをいただき、そう言ってもらえるだけでも嬉しいのですが、ページの右側の人物紹介のテキストが面白くてクスッと笑った、と。・・・私、何て書いたっけ!?慌てて自分の書いたテキストを読み返しました。映画の紙資料もちゃんといただいているのですが、いつものクセで、なるべく自分の言葉で、自分の感じたことを書こうと思っているんですが、文字数があまり入らない場合、伝わりきらないこともあるんですよね。

・・・・ははは。自分で書いたテキストなのに、読み返したら笑ってしまった。

Cimg1014

RONIN POP」を観た方ならわかると思いますが、主人公トニー(チョン・ヒチョル)は流れ者で無口でクールなんだけど、なぜかいつも腹ぺコ、だったり。シワン演じる神主リーは、街の人々の精神的なよりどころで、暴力は何も生まないという信念を持つ非暴力主義者なんだけど・・・結構揺れ動く(笑)。ここで揺れちゃダメでしょ、ってところでグラリと。いいセリフが多い役は「真心食堂」の主人ジャッキー(ムン・ジュンヨン)。彼の心優しいセリフが殺伐とした世界の中であたたかく響きます。ファッションではキム・ドンジュン演じたエイプが一番キュートだったかな。・・・・なんてことを、今また思い出しました。SF+バトル+ゲームみたいな感覚の作品です。

・・・と、ちょっと横道にそれました。今回の「K PARADISE」では映画については掲載していません。

こんな風に少しずつZE:Aが視界に入ってくるというか、意識して見るようになってきました。

8月24日にアルバム『Watch Out!! ~熱愛注意報~』をリリースするZE:A。今回、このアルバムに関するインタビューを掲載しています。さらに、CDのクロスレビュー。

_d3s3899_3

7/30に千葉で行われた野外イベント「LOVE-1」に出演したライブもキャッチ!ZE:Aのステージ時間帯、特に雨が激しくて、メンバーもずぶぬれでパフォーマンス頑張ってました。その少し前のレッドカーペットを歩いている時は晴れていたのに。この日はホント天候の変化が激しくて大変でした。

リムジンで到着~レッドカーペットを歩く~サブステージでインタビューに応え~メインステージに移動してライブ

_d3s3916_2

・・・この日の流れの中で、ZE:Aを見ていて感じたことは、メンバー間の雰囲気がすごくいい、ということ。6/16の武道館の時も同じようなことを感じたんですが、グループが1つの方向に気持ちが向かっていて、きっと明確に彼らには今見えてる未来があるんじゃないかな。そこに確信を持てるからグループが充実していて、明るくポジティブなオーラを放っているみたいです。いい時期ですね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K-POPとラーメン。

Kpara_logo_s

「女子ラーメン部」の活動もしているので、K-POPアーティストが日本のラーメン好き、ということも、いつも気になっていました。

TVで東方神起にKAT-TUNの亀梨くんが「一蘭」をおススメしてたな、とか。○○ラーメン店に誰が食べに来た・・・とか、未確認情報も含めると、いろんな情報が届きます。

女子ラーメン部の権力を使って(そんなものは実際はありません~笑)、取材の時にラーメン店に、「△△(K-POPアーティスト名)が食べに来たってホント!?」と、聞きこみ(デカ?)してみたり。

そんなワケで、「K PARADISE」の中で、真剣に「女子ラーメン部が教える K-POPとラーメンの関係」というプチ企画ページ(3p)も作ってみました!

今年の頭だったかな、2PMのジュンスが渋谷のラーメン店でラーメンを注文してる画像をネットで見かけて、女子ラーメン部のメンバー間で、「あれはどこのラーメン店だろう?」、「ジュンスが注文したラーメンは何だろう?」と話題になって、これを器と店内の様子などからジュンスの行ったラーメン店を割り出したりね。

結構K-POPアーティストの行くラーメン店は、チェーン展開している店が多いみたいなので、ホント東京の激うまラーメン店を案内したい!というキモチでいっぱいですよ!

ZE:Aからはラーメンについての質問にアンサーを貰ったので掲載しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

MBLAQ 巻頭15p+表紙も!+ポスターも!

Kpara_logo_s

MBLAQの巻頭15p特集。

P45_2

お待たせしました。 一昨日チラ見せすると言った15pのうちの2pです。

はい、もうドーンと!

写真がどれもすごく良かったので、文字を乗っけたり、写真を小さく集めたりしてません。ドーンとです。こんな感じでドーン、ドーン、ドーンと15pMBLAQです。写真満載です! 1人だったり2人だったり、全員だったり、立ったり座ったり寝たり、前後や高低・・・いろんな変化をつけた構図で撮影しました。

Photo

日頃の私っぽいディレクションって言えば、そんな感じです。こんな風にMBLAQを撮影したい!という構図のラフ案をいくつもノートに描いていって、現場でそれを見せ、MBLAQのメンバーと確認しあいながら撮影しました。メンバーは面白がって、ラフ案に彼らのオリジナルな発想をどんどん乗っけてくれます。「アンバランスな魅力」「アート系」・・・みたいなセリフが飛び交っていました。チョンドゥンくんの自由でキュートな動きに、ヘアメイクやスタイリストなどスタッフもみんな笑顔になります。

ネタ元のノートのラフ。

続きを見たい方はぜひ、22日発売の「K PARADISE」を!

撮影の中盤だったかな、スタジオの白ホリで、「目を閉じて寝てていいですよ」って言って撮影したシーン、多分ジュンくんは5秒でマジ寝してた(笑)。

撮影~インタビューを通して、「男気」っていうのかな、男の子っぽい引っ張ってく姿を要所要所で見せてくれたのはジオくん。まろやかな男気はチョンドゥンくん。

インタビュー中のカットも掲載していますが、撮影とはうってかわってリラックス&爆笑ムード。そこのアンバランス(撮影とインタビューカットの)も、onとoffのスイッチを切り替える感じで楽しんでもrたえたら、と。

ソウルで取材したんですが、この日の朝、髪をパッツンとカットしたみたいです。スタジオに入った瞬間ビックリしました。(*その時のことは、6月後半のブログを読んでみてください~)

今回ね、前もってPR頑張ってるのは(笑)、ポスターのサイズが意外にっていうか、破格にデカイので、A2の倍のサイズは封入でもよく見かけるけど、さらにその倍!ですから、ポスターだけでもファンは買っておいて損はないんじゃないか!?と、自分ファン目線になった場合を想定すると思って(笑)、で、発売後に気づいたらもう売り切れてて買えませんでした~ってなったら可哀そうだな、と思って、事前にお知らせしとかなきゃ、と。

MBLAQは忙しいので、雑誌の取材で3時間弱もスケジュールを貰えた、というのも、多分他にほとんど例がないと思うんですよね。取材した時は、「Mona Lisa」のMV撮影やジャケット撮影の直前の時期で、いろいろな準備がハードな上に緊張感もあって、大変だなぁ、頑張ってるなぁ、と彼らのことを応援したい気持ちでいったぱいになりました。

同じ時間を共有して、1つの作業(撮影、インタビュー)をして、その完成度も想像を超えていた時(ライブも同様)、そのアーティストのことを、それ以前よりももっと好きになります。

MBLAQのことも、さらに好きになりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

【strobo】vol.13 製作開始。 

ボチボチ動き始めてます。

今月末まで、取材や試写予定。いくつか取材のスケジュール調整中。

映画のレビューは試写のスケジュールを組みながら、ライターにも連絡。毎日2~3通の試写状が届き、メールでも試写のお知らせが数通。こんなにたくさん新作映画があるんだなぁ。人知れずDVDになって終了、って作品も結構あるんですよね。

今年の秋は、ものすごい大作じゃないけど、興味深いテーマの面白そうな小作品がたくさんあって、【strobo】読者が好きそうな、良質なミニシアター系作品山積み!

Cimg1012今日はこれから 先日撮影した斎藤工さんの画像セレクトをやろうかな、と。使いたい画像を30点くらいに絞る作業。ほんの数秒違いの構図でどっちもいい時は、かなり悩みます。悩んだら、いったん作業を放置して、他の仕事をやったりして、時間をおいてからまた見てみると、意外にも「こっちの方がいい」ってスッと決まったりするんですよね。

表紙のイラストも発注。

毎日、映画のPR会社の方からメールをいただきます。取材についてや、試写のお知らせ。取材については、○○さん(俳優の名前)の取材時間が△月△日に出ました。stroboで取材しませんか?というお誘い。

あとは、取材時間がどれくらい貰えるのか、ってところも重要視しています。合同インタビューはやらない。撮影は撮りおろし。そういうところにはこだわっていこう、と思ってます。stroboでしか見れない写真、stroboでしか読めないインタビュー。

今日は斎藤さん主演作「明日泣く」の試写メールもいただいたので、これは行かねば! 逆に今月斎藤さんはCD発売のイベントが池袋でありますよ、と映画の宣伝担当者にお知らせしたら、行こうと思ってました!ってレスきたり。こういうのいいなって思います。映画は映画だけ、とか、音楽は音楽だけ、とか・・・そういうカテゴリーの中だけで仕事をするんじゃなくて、興味があれば、壁関係なく行動してみるのって、新しい何かが生まれるかもしれないから。

先日、新宿バルト9のマネージャーさんともロングMTGで盛り上がりました。次号から【strobo】と新しい関係を築いていこう!という前向きなディスカッションだったので、楽しくて、あっという間に2時間経っていました。映画は映画館で観ると、やっぱり感動が違ったりするから、一緒に盛り上げて行きたいな。

明日は内覧会(試写会よりも前の段階での関係者上映会)に誘われているので、スカッとする作品、観てきます!

ここ1週間、また試写に足を運び始めたので、忘れないうちにどんどん感想アップしておこう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

OFF。

1日だけ休みをとりました。

実家の松本に1泊だけのお盆休み。

甥っ子たちを実家の近所にあるスポーツカフェに連れて行って、ダーツを教え、ビギナーの甥っ子たちに負け(笑)、帰省終了。

お正月休みも今年は1泊だけ帰省して、甥っ子たちにスノボを教えた。

スノボやダーツを教える私は、甥っ子たちにリスペクトされてる・・・らしい(笑)。

Cimg1008

庭に遊びに来ているデブのパンダ猫に癒されつつ、ここしばらくブログにいただいてたコメントに全然レス出来ずにいたので、7月末くらいまでさかのぼってコメ返。

たった1日だけど、ほんのちょっとキモチに余裕が・・・少しだけ余白が生まれて、そこに新しい何かが入るだけのスペースがあるかも。

キモチに余裕がないと、新しいこともヒラメカないし、何かやろう!という能動的な考えになれないので、たまにはOFFは必要ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MBLAQファンの皆さんへ。

Kpara_logo_s_2

MBLAQ、巻頭15p!

 

ファンの皆さんに絶対見て欲しいなぁ。今回はアイドル系じゃなく、スタイリッシュなMBLAQをソウルで撮りおろして来ました。あまりにも写真がカッコ良くて、それはもう撮影している時点で確信が持てて、撮影しながらメンバーもどんどんノッてきて、カレコレ2時間近く撮影しちゃいました。

チラ見せしたいんですが、見本があがるまでお待ちください。(明後日あたり)

デザインもシンプルにして、写真の持つパワーというか、本人たちのアーティストパワーを全面的にプッシュして、写真の上に文字は乗せない(切り抜いて飾れるように)ことも意識しました。

日頃から私、いい写真には文字は乗せたくない派なんです。トリミングや切り抜きも好きじゃない。いい写真は、それそのものが雄弁に被写体を語っているわけですから、そこに余計な説明や文字はいらない、と考えるからです。もうそこに映ってる瞬間のその人そのものが全てだから。アーティストをリスペクトしていて、カメラマンのこともリスペクトしていると、自然とそうなってきます。

MBLAQの巻頭15pは、写真もデザインもインタビューも、今私がディレクション出来る最高の出来です!

以前から私のブログをのぞいてくださってる方だったら、今年5月中旬頃から、MBLAQのことを何度も書いてきてるので、読んでもらってるかな。彼らの「Your Luv」を聴いた時の衝撃(サウンドが面白い!)・・・下から上へ持ち上げる歌唱法は韓国ではやらないだろうなぁ・・・と思いつつ、そのパートを歌ってるジュンくんに今回直接インタビューで聞いてます(笑)。ジオくんには、曲作りについても聞きました。彼らとの会話のやりとり、というか、キャッチボール的な面白いやりとりがいくつもあるので、ぜひインタビューも楽しんでください。

MBLAQは、韓国でリリースしたminiアルバム『Mona Lisa』のクロスレビューも掲載しています。完全に音楽ライターレビューになってて、読みがいあると思います。説得力もあるといいなぁ。クロスレビューの1人は私が書いてます。

さらに、MBLAQは表紙とポスターも。ポスターはA4サイズの倍の倍、A2サイズですから、大きいですよ。今回の表紙とポスター、私はディレクションしていません。自信のあるエッジィなデザイン案を提出しましたが、採用されず。次回チャンスがあるのなら、表紙もトータルプロデュースしたいですね。

MBLAQファンの皆さん、どの写真が良かったか、見たら教えてくださいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

STOPPRESS

Kpara_logo_s

台割の巻末にSTOPPRESSというコーナーを作ることにしました。

入稿ギリギリに入ってきたニュースや記事を掲載する、という意味のコーナーです。

このページ数をどのくらい残しておくか、迷いどころ。勿論、通常の入稿スケジュールまで全てのデザインがアップしていたら安心。でも、少しでも新鮮なネタを入れたいしね。かと言って、ページを空けておいたのに、結局何もネタが集まらなかった・・・なんてことになったら、その穴埋めが大変。普通で考えたら見開き2pか。

どうしようかな、と迷っている時に、7月30日の千葉の野外イベントLOVE-1の取材許可が出ました。とはいえ、ここで強気にいけないのがK-POP取材。カメラマンは自分たちのカメラマンを入れることができるのか?主催サイドのオフィシャルフォトをもらうパターンか? オフィシャルフォトの場合、各アーティスト1~2点くらいしか画像提供がない場合もあるので、スペースを空けておいてもスカスカになってしまうことも。

一か八かだな・・・。ここは強気に(!)・・・5pでLOVE-1のレポを入れよう!(大丈夫か?)

ライブ前日まで、オフィシャルカメラマンしか撮影は出来ない、ということだったので、私ひとりで行く予定でいたら、急に、カメラマンを入れていい、と。だけど、レッドカーペットゾーンの撮影だけ、と!? レッドカーペット? 何それ?? とにかく、行ってみるしかない。行ってみてから現場で対応するしかない。

当日、特設会場の千葉ポートパークに着くと、とんでもなく長い列が出来ていました。

0730zea_3 この日の流れは・・・出演アーティストがリムジンでレッドカーペットに到着。ファンが見守る中、レッドカーペットを歩き、サブステージで簡単なインタビュータイムとフォトセッション。そこからまたリムジンに乗って、ライブのメインステージへ。

が、ここで問題。メイン会場とサブステージのある会場は離れていて、徒歩で15分くらいかかるんです。導線がイマイチなんですね。しかも悪天候。インタビューやフォトセッションも立ち会いたいけど、やっぱりメインステージのライブが優先。離れている2会場を行ったり来たりするのには物理的にも体力的にも限界がある。。。

0730mblaqタイムテーブルを見ると、INFINITE、ZE:A、MBLAQのレッドカーペットエリアの登場時間が続いていて、MBLAQのインタビューが終わってから、メイン会場でINFINITEのステージが始まるまでの時間は5分。絶対間に合わない。それでも結果的にこの日3往復しました。MBLAQのステージ後にFTISLANDのレッドステージ、、、ここだけは間に合わなくて断念したけど。

レッドカーペットの正しい歩き方、なんてマニュアルはないけれど、ZE:Aが一番華やかでしたね~。何が違うんだろう?ファッション?笑顔? ファンの歓声を受けながら、楽しそうに歩いていました。

メインステージでは、大国男児のライブ開始間もなく雨が降り、ZE:A~MBLAQの時は雨のピーク。大雨にやられ、びしょぬれになり、ただもうカッパを着たまま、立ち尽くすだけでした。

ライブでいつも事前配布されるセットリストが配布されなかったので、ファンと同じ感覚で、次の曲は何だろう?あぁ~これかぁ・・・的なその場で曲を知り、雨の中メモするという状況。

雨のせいか、マイクトラブル、それとステージに雨が吹き込み、アーティストもずぶぬれになりながらのパフォーマンス、、、観る側も演る側も大変な1日でした。

でもFTISLANDのライブ前には奇跡的に雨がやみ、雨によってちぢこまりかけてた観客の気持ちも体も、彼らのステージで再び熱くなりました!

ライブ後、その日のうちに事務局からオフィシャルのライブ画像が多数届きました。レッドカーペットの画像も合わせると、5pはすぐに埋まってしまいそうです。急いでデザインアップして、巻末のSTOPPRESSの5pを入稿しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

CDレビュー。

Kpara_logo_s

22日に「K PARADISE」が発売になります。

今日から発売まで、本誌の見どころとか特徴をPRしていこうかな、と。

まずは、地味だけど(笑)、CDレビュー!しかもクロスレビュー。

K-POPのCDレビュー、、、読みますか? ぜひ読んで欲しいなぁ。

今年の初め頃、東方神起が韓国で音楽活動を再開した時、リリースしたアルバムについてのレビューをブログにアップしたら、ものすごい反響をいただきました。その中で多かったコメントに「プロの方の意見が聞けて嬉しい」というのがたくさんあって、自分たちがファン目線で「いい!」と思ってることは、あくまでもファンだから・・・と冷静に見てるところがあるんだな、と意外な感じもしたんです。だから、客観的な意見も聞きたい!と思っている方も多くて、自分たちファンとは違う客観的な目線からの意見でも、アーティストに対してリスペクトがあれば、その意見をちゃんと受け止めたいと思ってる方も多いんだなぁ、って知りました。

K-POPの置かれているポジションもちょっと微妙(?)な特別区で、邦楽ではない、けど、洋楽でもない。だから邦楽の音楽専門誌にも洋楽の音楽専門誌にもおさまらない。日本国内でリリースがあることから、情報誌的な誌面、或はアイドル系誌面、ファッション誌にも時々掲載されたりはするけど、そのどれもが、楽曲的なことやCDレビューを音楽的に論評することはない。

実際、自分たちで楽曲を作っているアーティストはほとんどいないので、音楽的な話をしても・・・という雰囲気も確かにあります。

でも、本当に聴く人に響く時っていうのは、その楽曲の持つオリジナルのパワーと、それを表現するアーティストのセンスやスキルが合わさった時で、1+1>2・・・1+1が2以上になった時。

これは面白い!とか、これは素晴しい!と興味が尽きないサウンドワークもたくさんあって、大真面目にCDレビューを掲載する雑誌があってもいいんじゃないかな、と思っていたので、「K PARADISE」でやってみました。しかも、クロスレビューで。

クロスレビュー。

【strobo】のシネマレビューでも毎回数本クロスレビューによる作品紹介を掲載しています。同じ作品を観ても、観る人によって強く印象に残る部分は違うので、角度の違う見方をするライター2名が、1つの作品について自分目線でレビューを書くんですが、これが読者にはとても人気なんです。一般目線じゃなく、自分目線で書く、ということが実は求められてるんだな、と。

さて、今回CDのクロスレビューでピックアップしたのは、2PM、U-KISS、BEAST、ZE:A、そして韓国盤のMBLAQ。MBLAQ以外全て8月リリースの新譜です。レコード会社から新譜資料が届くたびにワクワクしながら聴きました。

ちょっと地味なコーナーだけど、読んだら面白いですよ! レビューを読んで、なるほど~と思いながら、もう一度CDを聴いて確認してみたくなりますよ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

【strobo】vol.13 斎藤工さん追加取材。

次号の【strobo】で、前回掲載しきれなかった斎藤工さんの≪音楽談義・後編≫を掲載します。

インタビューは前回の続きだけど、掲載する写真は、最新の斎藤さんを撮りおろしたいな、というワケで、撮影が行われました!

場所は虎ノ門にあるコロンビアで。

この日の斎藤さんは、雑誌の取材、テレビやラジオなどのコメント収録など、予定がギッシリ詰まっていました。

蒸し暑い午後、撮影は前回同様の木村さんです。自信を持って断言しますが、今回もかなりカッコいい自然体の斎藤さんの姿をシューティングしています。う”~また写真選びで悩みそうだ。

撮影を終え、前回のインタビューに追加して、近況だけサクッとインタビューしましょうか、という感じで始まったのですが・・・・・・なんでしょうね、話が尽きないんですよ。いやもうこれは今回わかりましたが、音楽のコト以外の話でも、何をテーマに話していても、話が尽きないんですよねぇ。。。インタビューしてる私も、斎藤さんとの会話が面白くて仕方ないんですよ。

サクッと近況を・・・という予定が、「演じること」についての話へとどんどん進み、どれもこれもいい話で、サクッどころかDEEPな内容。ついにマネージャーN氏が「すいませ~ん、時間です~!」とストップ。「うわぁ、また話が尽きなかった・・・(笑)」と私が言うと、斎藤さんは笑っていて、N氏は「次回からは、次のスケジュールが入っていない最後にインタビューをやりましょう!」と(笑)。あはは、それいいですね。

インタビューについては後日また紹介するとして、本筋以外のポイントをいくつか。

Cimg0943

ブログにアップしようと思ってたのに、ついつい後回しになってしまっているネタがいくつもあって、その中の1つにBANKSYがあります。先月、渋谷のPARCOの壁がBANKSYの映画のPR用に描かれていて、一瞬本人が描いたのか!?と気になって、見に行ったんですよ。写真集も数冊持ってるくらい好きなアーティスト。

Cimg1004s

7/4の斎藤さんのブログにアップされてるイラストもBANKSYです。今回、BANKSYが「好き!」と意気投合する共通点も見つかりました。

Cimg1002s

それから「せい家」。ラーメン店です。話の流れで斎藤さんから「せい家」の名前が上がるとは、予想もしていませんでした。ラーメン基本500円です。なんか急に「せい家」のラーメンが食べたくなり、今日は「せい家」で食べて帰ります!なんて宣言したものの、帰り道に店の前を通ったのですが・・・ひとりで入る勇気が出ず(女子ラーメン部なのに弱気)、せめてもと画像のみ押さえて通り過ぎました。

斎藤さんは27日に池袋のサンシャインでイベントを開催。モチロン観に行きます!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

8月後半の予定。

9月上旬までは【strobo】の製作がメインになりますが、今から1ケ月くらい、少しゆったりめのスケジュールで行こうかな、と思ってます。そして、また気持ちをゼロにリセットして、新しい出会いの時間をたくさん持とう、と。

★8月18日。新宿バルト9で、JYP NATIONのライブ・ビューイングを取材。そう、さいたまアリーナじゃなくて、映画館で観ます。最近はスポーツやイベントなどのライブ・ビューイングが増えてるけど、私は初体験。どんな感じなのかぁ。楽しみです。

★8月20日、ソウルで行われるMBLAQの単独ライブを観に行きます。まだ韓国2回目で、今回ひとりで行くので、ちょっと、いやかなり心細いです・・・。日本からツアーとかじゃなくて行く予定の人、会場への行き方とか教えて欲しいなぁ。

★22日、「K PARADISE」発売。22日から新大久保の駅構内で、本誌PRの駅貼りポスターもやるんだって。MBLAQが表紙のポスターです(非売品)。

★25日、BEASTが出る彼らの事務所のライブを武道館へ観に行きます。

★27日、斎藤工さんイベント。池袋のサンシャイン。

★30日、ウォンビンの舞台挨拶。

★この間の試写は、「ハラがコレなんで」「はやぶさ」「ファイナル・デッドブリッジ」「DOG×POLICE」「指輪をはめたい」を観る予定。

【strobo】のインタビューは2~3人ほどスケジュール調整中。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

8/6 神宮外苑花火大会(後編・2PM)

*追加アップしました!2PMファンの方にぜひ読んで欲しいです。

この日の2PMのライブは本当に良かった!

その理由はたくさんあるが、2つあげておこう。

1つは、「I'm your man」という曲が彼らのレパートリーに加わったことで、ライブ構成に変化と厚みが増した点。イベントでの短い持ち時間であるからこそ、この1曲が加わることの効果は絶大だ。

2PMのサウンドはそのトラックメイクに目を見張るものある。

「I'm your man」は、徹底的にボーカルをフロントに出した音づくりをしている。オケを分厚いサウンドに仕上げるのではなく、音を抜くことでシンプルに、だけど緻密に声を際立たせている。歌詞の、男性からの率直で情熱的な言葉が心に強く響く。Baby I’m youe man・・・のリフレインが次第に耳から離れなくなってしまうのはもちろんのこと、疾走感や焦燥感といったこの物語の主人公の感情表現をリアルに後押ししている。

5月に行われた幕張メッセでのワンマンライブの時、開演前の場内で流れていたSEが相当カッコよくて、密かに「おぉぉ!」と盛り上がってました(笑)。自分たちのリリースした楽曲を流していたり、MVを流していたり、それが一般的なよくあるパターン。だけど2PMのSEは低く重いビートのループが、クラブミュージックみたいに流れていましたから!

2つ目の理由は、テレビサイズのパフォーマンスから抜け出た、ということ。

これはまた説明若干長くなります。

K-POPのアーティストが複数組出演するライブイベントをいくつも観て気づいたことなんですが、K-POPアーティスト全般に言えることですが、韓国での主な音楽活動がTVの音楽番組の出演とMVの製作にあることからか、日本のイベントで、会場がドームや野外の特設会場やアリーナクラスの大きなステージになっても、基本テレビサイズの、タテ数メートル×横数メートルの画面に収まるサイズでのパフォーマンスに終始してしまうんですよね。広いステージでも中央のみ。ステージに花道があってサブステージに移動することがあっても、移動したらやはりその枠内。

良い意味で言えば、テレビで映る時の最高のポジショニングが計算されている。常にメインを歌う人がセンターに移動していることから、メインカメラからはみ出るようなパフォーマンスはない。だからFTISLANDみたいに、バンド形式で、ボーカルやギターが、自由にステージの端から端まで走ったり移動しながら、センターの枠におさまらず、既定の動きも決まっていない演奏に、観客は引き込まれていくんだと思います。

また、テレビサイズのパフォーマンスには、オーディエンスとのコール&レスポンスはほとんどの場合含まれず、一方的にアーティストがパフォーマンスを披露するのが主流。

でも、いろんなライブイベントでFTISLANDと共演して何かを感じ取って、吸収したグループはたくさんいたんじゃないかな、と、その後のイベントでのファンへの呼びかけや盛り上げ方を観てると感じるところがあります。

2PMの「Hands Up」は、パフォーマンスにフリースタイルな部分をmixした点でも、広い会場での自由な表現を可能にして、ファンとのコール&レスポンスなどが曲を構成する上で不可欠要素となっていることでも、アーティストサイドからの一方的なパフォーマンスに終始しない楽曲。

ザックリと俗に言うなら「ノリ重視」みたいな(笑)。今までのK-POPソングの完璧に構築された数々の楽曲にはないパターンで、アーティストと観客のノリによってはとんでもなくハメを外すような、想定外の勢いも可能にするような不確定要素を含む楽曲。そして、この曲が今夏のイベントで、ほんとパワーを発揮しています!

テレビサイズにおさまらないパフォーマンスが加わったことで、さらに2PMとしての魅力も増幅しました。2PMは、いろいろなアーティストが出演するイベントでも、抜きん出るパフォーマンスを魅せるきっかけを掴んだ手応えを感じているんじゃないかな、と思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

8/6 神宮外苑花火大会(前編)

2pm

花火を・・・というより2PMを観に行ってきました。

金曜日で「K PARADISE」の入稿が終わって、作業が少し手を離れたので、気分をリフレッシュするのにライブと花火は最高!ですよね。

入稿ギリギリまでに取材出来るライブレポートや、CDレビューなどを詰め込んだのですが、ライブは7/30の「LOVE-1」まで、だったので、今回の花火大会は最初から有料チケットで観に行くことにしていました。取材にならないライブでも、スケジュールが空いてたら、なるべく足を運ぼうと思っているので。

神宮外苑花火大会は国立競技場、神宮球場、秩父宮ラグビー場の3会場がチケット販売してて、チケットを持たなくても、近くへ行けば、花火は誰にでも見れます。でも会場内では、花火イベントのライブステージが観れる、と。

2PMは秩父宮ラグビー場で、この会場では他に、ももいろクローバーZ、U-KISS、CODE-V、SUPER☆GIRLSが出演。ど・・・どういう濃さだ!?(笑)

実はここ2週間ほど、イマイチ気持ちが切り替えられずにいた私は、とにかく休みたい・・・という気分だったので、花火も2PMも行かずに休息を取った方がいいのかも、、、と思っていました。

でも、レコード会社から送ってもらった2PMの新譜音源を、レビューを書くために何度も何十回も聴きながら、今回の「I'm your man」に対する期待が高まっていたので、ライブパフォーマンス初披露を観ておきたいという気持ちが、休息を・・・というちょっと弱気な気分を吹き飛ばし、、、いや、そこまで強い感じじゃないな(笑)、休息を、という気分より2PMの「I'm your man」を観たい!という気持ちが僅差で上回った、、、そんな感じです。

秩父宮ラグビー場、初めて行きました。青山一丁目から人の流れのまま行くと、入口付近はお正月の明治神宮のお参りみたいな感じで、ぞろぞろと大勢がゆっくり進んで行きます。浴衣姿の子も大勢いて、やっぱ夏なんだなぁ。

秩父宮ラグビー場の会場は、縦長の一方のゴール側にステージが組まれていて、座席はスタンドとアリーナに分かれているのですが、アリーナでも後方は、かなりステージから遠そうです。

入口で「アリーナの方はあちらから~」と進路を説明され、あぁ・・・チケット、アリーナだったっけ? 毎回どうしてちゃんとチケットを確認しておかないのか、と我ながら思いつつ、そういえば奇跡の「神席」(7/13の東京ドームの前から1ケタでセンター花道からも1ケタ席。BEASTのめざましライブで最前列)が続いたなぁ・・・その反動で仕事でキッついことになったのかもしれないしなぁ、、、でもまあ全て、そんなこともあったね、だけどね。で、え~と、今日の席はどこかなっと・・・・・・・・アリーナの・・・・・「A」!!!お~い、またかよ~!!(半笑い)ステージから1ケタ列で、センターからちょい左くらいの座席で、これまた「神席」連続神話でしょうか? ももいろクローバーZと2PMの熱烈ファンに囲まれたカオスに放り込まれました。

そうそう、入口で、うちわが手渡されました。

ライブは17時半~19時半の間に行われると説明があり、まだ余裕でスタンド席も埋まっていない明るい状態からライブスタート。天気予報はもしかしたら雨が降るかも、な感じだったので、先週千葉の野外フェスの時に購入したカッパ持参!あの土砂降りを経験した今、多少の雨なんか気にしません。でもステージには屋根はなく、雨が降ったらアーティストは直撃だったな。

この日2番目に登場したCODE-Vは、武道館で観て以来。突如Aブロックのど真ん中一帯がザッと立ち上がり歓声をあげました。前回観た時の印象が、5人横一列に並んでじっくり歌を聴かせるコーラスグループ、だったので、1曲目から軽快にダンスパフォーマンスを始めたので、「あ、この人たち踊るんだ・・・」と新鮮な驚き。4曲中2曲がダンスパフォーマンス有りだったので、前回とイメージが全く違って見えました。そして、曲にズバ抜けた特徴が欲しいなぁ~というのは私の個人的な意見としてありつつも、前回よりも今回の方が断然良かった!短い時間の中で、得意なところ全部見せたゾ!って感じで。声量も安定していて、歌の実力は誰もが認めるところだと思います。

続いてU-KISS。

ドンホ!? どうしたのドンホ!? 事前情報持ってなかったので、ステージの左奥の椅子に座って、ひざ上までギブス(サポーター?)状態のドンホの痛々しい姿にビックリ!

「この子はダンスの練習中に足を怪我しました」とメンバーから説明がありつつ、「今日は完璧なステージを見せれなくてごめんなさい」と申し訳なさそうに言うドンホ。この次は完璧なステージを見せるから、大丈夫だから心配しないで、と本人は言うものの、どう見ても「OK、大丈夫だね」とは言えなさそうな雰囲気。

U-KISSは楽曲がいい!「0330」はグループとしてずっと長く歌っていける曲に出会えた1曲なんじゃないかな。この日は日本語ver.。

辺りが次第にうす暗くなってきた18時半、ももいろクローバーZの登場で、客席の雰囲気は一気に変わりました!K-POPファン、花火を見に来た人、みんなポカーン、と完全においてかれ気味。別に付いていかなくてもいいんだけど、なんでしょう、付いて行ってみたくなるのが、ももいろクローバーZの異常テンション!完全にカルチャーショックですよ。飛ばす飛ばす、MCとか曲間にちょっと息を整えて、とか、そんなの無視!曲もショーゲキだけど、マスクを装着しての登場にも度肝を抜かれ、一体何なんだ!?!?と、ステージで激しく踊りまくる5人に唖然。体育会系とか?チア風?とか、時々はさまる「大好きだよ!」とか「負けないし!」ってセリフがワケわかんないけど、でも凄い!すさまじいパワー!2PMのアクロバティックな動きを・・・ひょっとしたら彼女たちの方が上回っているかもしれない。アイドルなのに、汗でメイクが落ちるとかそんなことも完全無視。汗でどろどろになりながら、大暴れして振り切れてるから、既にカッコいい域に到達しているももいろクローバーZ!はぁ~驚いた。

今回のイベント、出演アーティスト数とそれぞれの持ち時間、このぐらいがいいですね。たくさんのアーティストが出ても、好きなアーティストが2曲くらいだと、やはり物足りなさは残りますからね。

19時を過ぎた頃、2PMのステージがスタート!

1曲目から初披露の新曲「I'm your man」。メンバーは今回の曲のスタイルのブラックのスーツに白のシャツで登場。カッコいい!だけど、どう見ても暑そう。真夏の野外ステージにはキツそう・・・始まってすぐにステージ後方モニターにアップで映し出されたニックンのあごからポタポタと汗が流れ落ちている。

2PMは、見る度に好きにさせてくれるグループだ。前回よりももっと好きにさせてくれる。それは彼らの真摯な姿勢のせいだろうか? たくさんのK-POPアーティストが日本で活動を始めた中で、本当に真剣に誠実に日本での活動に取り組んでいることが伝わってくるからだろうか?

5月の幕張での単独ライブ以降、6/7京セラドーム、7/13東京ドーム、そして今回の野外ステージでのイベント、と2PMのライブを観たが、単独ライブを除くイベントの中で、今回のステージが一番良かったと思う。ライブ環境としては野外ということもあって、ホールと違い、壁がないので音の反響がなく散ってしまい、音響に関しては絶対屋内の方が上であることは間違いない。照明だってそうだ。屋内だからこそ効果が増す演出であるが、野外では周辺が本当に暗くならないとライティングも生かされない。どう比較したって、屋内のライブの方が安心して観れる。

だけど2PMの今回のライブは本当に良かった。その理由はたくさんあるが、2つあげておこう。

⇒長くなったので、いったん切ります。後編へつづく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

神宮花火大会。

行ってきます。

帰ってきたら、最近のことをボチボチ報告しようかな、と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

業務連絡。

★以下のアドレスの方へ。こちらから再販詳細メールを何度送付しても、戻ってきてしまします。他のメアドをお持ちでしたら、それで再度こちらにご連絡ください。

reo-19~で始まるメアドの方

m_and_a.~で始まるメアドの方

コチラ

★本日までに、再販分の第一弾の発送をしました。数日お待ちください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »