« ZE:Aファンにも見て欲しい! | トップページ | 【strobo】vol.13予告編 »

2011年9月 6日 (火)

ZE:A 9/3@東京ドームシティ ラクーア

週末2日連続で水道橋で下車して東京ドームエリアへ行ってきました。9/3(土)はラクーアのイベントスペースでZE:Aのミニライブ。9/4(日)は東京ドームでSMTOWNのライブ。

ZE:Aのライブは、複数アーティストが参加するイベントで、武道館と千葉ポートパークの野外で観たけれど、どちらも遠くからだったので、機会があればちゃんと単体で観たい!と前から思っていました。事務所から誘っていただいて、先週はZE:Aのライブを2回体験しましたが、2回のライブステージを観て、彼らの魅力をいくつも発見(確認)出来ました!

というわけで、今回はZE:Aの魅力を勝手に分析してみました。たくさんある彼らの魅力の中で、私が突出していると感じたいくつかを解説します。

★ZE:Aの魅力

1.リーダーがいい。

Cimg1104_2グループの数だけリーダーがいますが、ムン・ジュンヨン、彼がリーダーなのがすごくいい!と思いました。リーダーぽくてリーダーぽくないところが。先頭切りつつ、まとめつつ、突っ走りつつ、時々ちょっとカラまわったり冷静になったりしつつ、感情の起伏が意外に激しいのかなと思わせつつ、すごくリーダー的な模範解答をしたり、あれ?リーダーだよね?ってくらいハジケてたり、誰が彼に「あげぽよ」を教えたのか!?(笑)とか、イベントの時、必ず記者席にも挨拶したり気づかいができるところも。

6月に武道館で行われた「We Love JAPAN」のイベントの開演前、出演アーティストが集合してマスコミ向けに記者会見+撮影を行った時のこと----全13組みの出演アーティストの中で、ZE:Aは早くに会場に入り、後から来る先輩アーティストのために真ん中の場所をあけて、会場入口近くに並んで立って待っていました。次々と会場入りする先輩アーティストに、こちらへどうぞ、という感じでちゃんと先輩アーティストを中へ案内してあげてたのもジュンヨンでした。

サンシャインのイベントでの挨拶の時、「今日来てくれたファンの人も、来れなかった人も~」という言い方をして、ZE:Aを応援してくれることへの感謝を伝えていたと記憶しているんですが、ラクーアでは「集まってくれた僕たちのファンの方も、僕等のファンじゃない方も(通りすがりでイベントを観ている人)~」という言い方をしてて、これ両方とも共通している言い回しなんですが、いつも、目の前にいるファンと、その向こう側にいる人たちを必ず視野に入れて挨拶しているところ。

2.現場のノリ重視。

チームワークがいいから成立することなんですが、現場の空気やノリを自分たちが大事にしていて、決められていた進行予定やセットリストよりも、その時こっちの方がいい、と思えたことを行動してしまうところ。出来そうで出来ない現場のフレキシブルジャッジというか、きっとファンの表情とかよく見てるんだろうな、と思うんですよね。

ラクーアミニライブも、マスコミに配布されていたセットリストとは違う進行で、「サプライズで曲を聴かせます!どんな曲がいいですか?」と突然ファンから聴きたい曲のリクエストを受けたり、ファンと一緒に写真撮影したくなった!と、ファンをバックにポーズをとり始めた時、カメラマンがなんか大慌てでステージに上っていって撮影する、というシーンがあったけど、そんな自由なところ、枠におさまらないところ!

リクエストはデビュー曲でしたよね?「元々用意してた曲じゃないんで、スタッフに確認してみます~」と言って、スタッフのOKが出てから、ファンの期待に応えました。

誰かが「こうしよう!」って言ったことを全員がパッと肯定的にトライするところ。いやいや、それはちょっと・・・とかってネガティブな方向じゃなく、やろうやろう!という雰囲気。その雰囲気が、多分予定していないことまで可能にしてしまうんだと思います。

3.末っ子は怖いもの知らず。

(つづく)

|

« ZE:Aファンにも見て欲しい! | トップページ | 【strobo】vol.13予告編 »

コメント

はじめましてZE:Aペンの茉莉と申します。
いつも読ませていただいてるんですが
なかなかコメントを書くことがないままだったんですが
読みながら心の中では感謝でいっぱいでした。

そして今回のイベントは何一つ参加できなかったのと

どのニュース記事読んでも同じ事しか書いてなくて
つまらなかったんで、こちらで記事読ませていただいて
本当に楽しかったです。
取材してくださって本当にありがとうございます。
お忙しいと思いますが、是非とも毎回取材していただきたい。
あと、リーダーの分析がドンピシャ(古い?)すぎて
爆笑しました。まさにこの通りであと一つたすとしたら涙もろいです。

ZE:Aの事務所の方同様、わたしもつづきが楽しみで仕方なかったです。
魅力は9までいつかやってください笑
マンネも当たりすぎて笑っちゃいました。


そして次はライブを見ていただきたいです。

投稿: 茉莉 | 2011年9月 7日 (水) 06:00

> 茉莉さん

ZE:Aファンからのコメント、お待ちしておりました!
「ZE:A」で検索してここに来られた方はたくさんいるのに、反応がなかったので、ちょっと不安になりかけてました。あ~良かった。

私の場合、何をやっても(書いても)、まず自分がどう感じたか、を最優先にしています。その次に、自分が感じたことを、ちゃんと伝えたい、という流れなんですが、人それぞれいろんなモノの見方ってあると思うので、その中の1つの角度から見た意見、ぐらいに受け取ってもらえれば、楽しんで読んでもらえるかな、と。

> 是非とも毎回取材していただきたい。

↑こう言ってもらえるのって、私にとっての最高のほめ言葉で、モチベーションアップ!です。ありがとう。

ZE:Aはジュンヨンがリーダーだ、というのが良いですね。そっか、涙もろいんだ(笑)。

なかなかアーティストのスケジュール全てを追い切れないのですが、コレは見て欲しい!という時など、教えてください。

投稿: kiyori ♪ | 2011年9月 7日 (水) 11:59

お返事いただけて嬉しいです。
あと、早朝に書いたもので確認したのに
すごく失礼な事を書いてしまって…申し訳ありません。

ニュース記事がつまらないなどと書いてしまって
どうも私がみつける記事がどれも同じで
読ませていただいた記事はどれもありがたく
素晴らしいものだったのですが
ファンとしての貪欲さが出てしまい…
失礼な表現になってしまいました。
本当に失礼しました。

そして本当に毎回取材していただきたいですし
インタビューなど是非ともお願いしたいです。

お忙しいと思いますが
10月は8.9.10と3日間川崎のCLUB CITTAで
ファンイベントがあります
しかし、私が来ていただきたいのは
11月11日にZepp Tokyoであるライブです。
ぜひぜひ宜しくお願いします。

事務所の広報さんみたいですね笑

ライブを見ていただけたら、魅力3〜9を書いていただけるかも。

ブログいつも楽しみにしてます。
これからもZE:A宜しくお願いします。


投稿: 茉莉 | 2011年9月 7日 (水) 19:05

> 茉莉さん

> しかし、私が来ていただきたいのは
> 11月11日にZepp Tokyoであるライブです。

ZE:Aの事務所の後方スタッフみたいな力強いプロモート活動、ありがとうございます。・・・・って、ここありがとうって言うところなのかわからないんですが(笑)、ZE:A単独のライブは是非観てみたいと思ってます! 近くなったら、再度プッシュしてください!!

投稿: kiyori ♪ | 2011年9月 8日 (木) 14:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/52657028

この記事へのトラックバック一覧です: ZE:A 9/3@東京ドームシティ ラクーア:

« ZE:Aファンにも見て欲しい! | トップページ | 【strobo】vol.13予告編 »