« 映画「ウィンターズ・ボーン」 | トップページ | 引越し。 »

2011年11月 3日 (木)

JYP NATION in JAPAN 2011.8.17

時間が経ってしまいましたが、リクエストにお応えして、【strobo】vol.13に掲載したJYP NATION in JAPANのライブレポをブログアップしておきます。

ライブはさいたまスーパーアリーナで行われたのですが、私は新宿バルト9で行われたライブビューイングで同時体験。ライブビューイング自体初めての経験だったので、どんな感じなんだろう?臨場感は得られるのか?など、半信半疑でバルト9に向かったのですが、終わってみれば大感動! これは、このライブが余りにも完成度の高い素晴しい内容だったからで、さいたまスーパーアリーナで実際に観たら、これ以上の感動を味わえたんだろうなぁ・・・と、さいたまで観た人たちへ軽く嫉妬(笑)。それくらい良かった! 今年観た複数アーティストが参加するイベントでは文句なしのナンバー1! それは、このライブのために出演アーティストが時間を費やしていることがわかるから、アーティスト同士が時間を作ってることがわかるから、「音」(演奏)を大切にしていることがわかるから。また観たいです。今度はリアル会場で!

(以下、strobo vol.13掲載テキスト)

* * * * * * *

★JYP NATION in JAPAN

2PM、2AMらの所属する韓国の事務所JYP Entertainmentが主催する総勢23名が出演するイベントが2日間に渡って「さいたまスーパーアリーナ」で行われました。今回そのライブを新宿バルト9に衛星配信されるライブ・ビューイングで同時体験! 途中何度も、実際さいたまアリーナでライブを観ているかのような錯覚に陥った≪JYP NATION in JAPAN≫をレポートします。

本当に素晴らしかった! 予想を遥かに超えた完成度に感動しました!

エンターテインメントとしてかなりの密度の濃い、オリジナルの充実したコンテンツにただただビックリ。日本で行われるK-POPライブのほとんどがオケ(カラオケ)を流して歌うステージである中、2AMの後方に生演奏のバンド・オーケストラを見た時から、このイベント自体がサウンドを大切にしていること、音楽と丁寧に接していることに気づかされました。生演奏は音の厚みやまろやかさがオケを流すのとは全く違うのは当たり前で、だけどK-POPライブとはこういうものだ(ドームでもカラオケ)、と、どこか納得していた部分について、いやそうじゃない、こだわりを持って対処しているチームがいる、ということを知って、嬉しい驚きとリスペクトです! 

早い時間帯に2PMも登場し、それ以降も彼らのファンが満足する出演率。日本初の"ONE DAY"(2PMと2AM)のコラボパフォーマンス披露など、この日披露したコラボのクオリティがどれも実に高い! 圧巻だったのはガールズメンバーによる2PMの「HEART BEAT」の完コピ。女の子たちが歌い踊る意外性とカッコよさ! そして和太鼓とmiss Aのコラボの力強く独創的なチャレンジにも度肝を抜かれました。

時間をかけ、全く手を抜かない姿勢。それはプロデューサーでもあるJ.Y.Parkの姿勢に直結しているようです。今回、彼のパフォーマンスを初めて目にしたのですが、新鮮な驚きの連続でした。日本語も上手いんですね! ていねいに、日本語で、他の若手アーティストと同じ目線でいちアーティストとしてファンに語りかけるJ.Y.Park。

「愛して下さってありがとう」、「これからもたくさんいい曲を作ります!」

と真摯な姿勢の等身大のアーティスト。

2PMの楽曲を手掛けるJ.Y.Parkのステージを観て、彼のサウンドルーツの一端に触れることが出来たことで、パズルの1つのピースがカチッとはまるみたいに、2PMサウンドをより深く理解することもできました。

70~80年代のブラックコンテンポラリーやソウルやファンク、R&Bやモダンジャズ、DISCOサウンドをルーツにしたアースウィンド&ファイヤーとかマイケル・ジャクソンを通過しながら、今のダンスビートを吸収して体現してるトラックメイク! ♪ナイトフィーバーをカヴァーしていて、謎は解けました。

何を始めるにも、人がいて、同じ志や夢を語れる仲間がいて、一緒にクリエイトするモチベーションを同じにしている仲間がいて、仲間だけど時としてライバルだったり、でも基本は絶対「信頼」があってのことで・・・そういう友情とかグループとか、見る側が簡単にセグメントしてしまうようなものでは語れない、もっともっと深い部分でつながってる人たちのステージを観せつけられました。

夏以降、複数アーティストが出演するさまざまな形態のイベントを観てきましたが、その中で、ライブ演出とオリジナリティ、ステージング、アーティストから発せられるメッセージ・・・全てに於いてダントツの魅力を放ったJYP NATIONは最強で最高に楽しませてくれるステージでした !

 

|

« 映画「ウィンターズ・ボーン」 | トップページ | 引越し。 »

コメント

はい!!


ダントツでした!!!


あの日、平日だったけど、
弾丸で行ってよかった!と思います。

あの日のキラキラした時間は宝物です。

思い出すだけで、切なくて泣けてきます。

投稿: ゆきこ。 | 2011年11月13日 (日) 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/53150895

この記事へのトラックバック一覧です: JYP NATION in JAPAN 2011.8.17:

« 映画「ウィンターズ・ボーン」 | トップページ | 引越し。 »