« 今週のアレコレ | トップページ | 最近購入したCD。 »

2012年6月23日 (土)

『MBLAQ 2011 LIVE CONCERT “MEN IN MBLAQ”』    DVD+PHOTO BOOK

Mblaq_men_in_mblaq_concert_dvd_pack

★MBLAQ 2011 LIVE CONCERT
“MEN IN MBLAQ”

6月27日発売のMBLAQのDVD! DISC3枚のべ223分49秒、観ました!

昨年8月にソウルで行われたMBLAQ初の単独コンサートの全容が収められたDVDです。私は去年、このライブを現地で観ました。詳細レポは【strobo】vol.13に掲載していますが、ブログではサクッとしか書いていなかったんですね。

まずはざっと全体像の概要を。

DISC1は「MEN IN MBLAQ」のライブ全編が収録されています。デビュー曲からモナリザまで、MBLAQのヒット曲を全て網羅した全23曲が収録!

DISC2は「SOLO PERFORMANCE」を収録。と、書いてしまうと、ライブの中のそれぞれのソロパートをピックアップしたのね、と普通なら想像できますよね。甘ーい!!(笑) 今回私はDISC2が一番の衝撃でした! これは斬新且つ男気さえも感じさせる映像。どこからでも来い!的な潔さに正直驚きました。

DISC3はみんな大好き「MAKING」映像。生バンドとのリハーサルからコンサート当日まで…目が回るほど忙しかったMBLAQの2011年8月リアルストーリー。バックステージ、控え室、本番ギリギリまでカメラは常に密着。

さて、ここからは見どころなど私の気になったポイントを紹介します。事前情報ナシでDVDを観たい方はここでSTOPしといてくださいね。

Cimg1842★DISC1>MEN IN MBLAQ(ライブ本編

今こうして10ケ月前のライブ映像を再び観ることになったのだが、メンバーのヘアスタイル1つとってみても懐かしい! MBLAQ初めての単独ライブということもあって、とにかくやりたいこと、やってみたいことが山ほどあったんだな、と。演出的な特効は、炎や紙吹雪や銀のテープや下から飛び出したり、観客席の後ろから登場したり、単独ライブでやってみたいことが詰め込まれた演出でした。キラキラドッカンドッカンと映像をDVDで観ると、あまりの光の洪水に、改めて驚きます。

私がこのライブを現地で観た時に感じたことを、今回また思い出しました。MBLAQのライブの良かったところ。特効がどんなに派手でも、彼らはライブの軸をキチンと「歌を聴かせる」ことに置いていた、ということ。それはライブ始まってすぐのスンホのMCでも宣言されています。「今回のコンサートでは歌をたくさんお聞かせします!」と。ライブの内容が映像重視になっていたり、映像を基軸に展開していくようなことはせず、シンプルに自分達たけで進行していったところ、誰もが観たいヒット曲はキッチリとパフォーマンスを再現していること、など。

もう1つ。メンバーがファンの顔を見たい気持ちの表れた演出だった、ということ。以下は以前アップしたテキストです。

-------

ライブ中は、会場内の客電(*業界用語かな。「客電」は劇場などにおける客席の照明のことで、客電が落ちる( 消える)と公演が始まる合図で、 客電が上がる・入ると終演。)は落として、トラスに組んだ照明やレーザー、スポット、バックスクリーン映像など、さまざまな光がステージのメンバーを輝かせます。MBLAQのライブで他ではあまり多様しない「ライブ中に客電を上げる」というシーンが何度もあり、とても印象的でした。

客電を上げると、メンバーからファンの顔がよく見えるようになります。最初のMCから客電を上げながらトークするMBLAQのメンバーは、集まったファンの笑顔を、同じ時間同じ空間で見たかったんじゃないかな。上の階の客席を見ながら手を振ったりしながら、一緒にこのステージに立つ喜びを分かち合いたかったのだろう。

7曲目、メインステージから中央へ通路を歩いてくるシーンでも、アリーナ全体が明るくなるほど客電を上げていました。こういう要所要所の演出が、ファンとの一体感を高めていました。

ともすれば、客電を上げるとシラケテしまう、という危険性というか、リスクもありますが、場内が満杯だったので、明るくなった時に見えるお互いの笑顔で、会場全体が幸せに包まれました。MBLAQのメンバーが笑っているとファンは嬉しい。それと同じように、ファンの笑顔がメンバーをハッピーな気持ちにさせる。客電を上げる演出を多様することが、こんなに効果的だったステージを、他ではあまり観たことがなかったので、新鮮な衝撃でもありました。

------

だからこのDVDは客席がよく映っています。1Fから3Fまで見上げるシーンや、呼びかけるシーンも多い。

しかも!会場の大きさに比べたらカメラの台数が多かったんですね。映像を確認してみると、①ステージ正面、②ステージ右横から、③花道右側の花道横、④左の花道脇、⑤会場左の上からクレーン、⑥会場右の上からクレーン、⑦ステージの裏左後方から は確実にカメラありましたね。正面は近距離と引きで2台あったのかもしれないし、それ以上あったかも。中でも③、⑤、⑦のカメラがいい仕事してたなぁ!

これだけのカメラが撮影しているので、1つのシーンで7通りの映像があるわけですよね。最低でも7つの映像からどれを選ぶか?・・・編集作業をした人はものすごく贅沢な悩みで大変だっただろうな、と想像します。使いたいいい映像がたくさんあったんでしょうね! ちょっとカメラのスイッチングが1曲内で激し過ぎるかな(笑)と思うシーンも結構あります。

ライブ当日現場にいた時も思ったけど、この日ジオが「振り付けを教えますー!」と言って始まった、メンバーによるダンスのレクチャーと、一緒にやろう!という会場への呼びかけですが、スタンディングのファンはギュウギュウでダンスを踊る空間もなく、結構難易度の高いダンスに、ファンが付いていけなかったシーン。こういうシーンも初めてのホール単独ライブらしい臨場感があって、きっと今後のライブはこの日の経験から、また新しい提案をメンバーが考えてくるんだろうな。

MCも、すらすらとスムースにいかないところがファンには新鮮に映るでしょう。っていうか、MBLAQがすらすら回すなんて方が逆に想像つかないですよね~(←ファンに同意を求む・笑)。

その中で私がおもしろいと思ったのは、スンホがこの日意外にも「ドS」っぽかった点! あれ?スンホってそうだっけ?(笑) 会場にダンスを教える時も「ちょっと待って!2F、3F立たないんですか!」と勢いある発言! 言い放つスンホへのフォローはジュンがダイエットにもいいから(やってみませんか?)・・・あはは。「(会場左手2Fあたりを指して)あっちは(ダンスを一緒に)やってないから、僕はあっちを見ない(笑)」とジオまでが言い出せば、「僕は見るから!!」とミル(笑)。 お兄さんたち、、、。ライブ後半でもスンホのS発言は「スタンディング大変ですよね。早く(ライブを)終わらせないといけないですね(←ちょい笑いこらえ気味)」など、この日はスンホにドSの神が舞いおりていたのか、A+がブーブー言う姿を嬉しそうに楽しんでましたね。そんなスンホがのどが渇いた時に、ファンに「水飲んでいい?」と許可を得るところ。はぁ・・・こういうスンホにファンは魅了されちゃうんだろうな、とこのDVDを観て、スンホの魅力の一端に気づいてみたり(すいません、遅くて)。

こうしてライブで久しぶりにMBLAQの「Y」、「Oh Yeah」を聴くと、名曲だな、と思います。1stアルバムが素晴しいですよね。

たくさんのK-POPグループが、それぞれのファンのためにプレゼントした楽曲、ファンと一緒になれる楽曲、、、ってありますよね。で、多くのグループがライブの最後の方でその曲をファンと一緒になって歌ったりしますが、ホントどのグループの曲も名曲揃いだな、といろんなライブで感じるのですが、ライブのラストに自分達を支え応援してくれるファンと一緒に分かち合う思いが溢れてくるシーンですよね。そんな中で、MBLAQにとってのファンとの曲は「You're my+」。単独ライブ・・・夢だったステージが現実になって、やっとここまで来たんだなぁ、なんてそれぞれの思いが重なって、胸がキュッとなりました。

もっともっとステージにいたい5人と、もっとずっと観ていたいファンの気持ちが映像全体から溢れて来ました。

★DISC2>SOLO PERFORMANCE

先にカメラの台数が多くて、使いたい映像がたくさんあっただろう・・・と書きましたが、このDISC2は、私にはかなりな衝撃でした。複数カメラのオリジナル映像をまんま見せてしまう、という生々しさというか、臨場感。それぞれのソロステージについて、4方向のカメラ映像が見れるという凄い企画! カメラがパーンしたり、対象を追い切れてないそのままが、「切りだしたり整えられる前」の段階でこうして見せてしまう潔さ! どこからでも観てくれ!みたいな男前な感じ。いやぁ~いいです! ジュンの[3カメ]とか、新鮮な目線で、興味深く観てしまいました。

★DISC3>MAKING

MBLAQは楽曲を自分達で製作したり、ピアノの演奏も高レベルだったり、音楽に対して受け身(作家から与えられたものを再現する)なアーティストではなく、自分達から発信するポテンシャルを持っているだけに、このライブで生バンドとステージを作り上げていくリハーサルの場から楽しくて仕方なさそうだ。「記者会見」、「ミーティング風景」、「ダンスのリハ」、「バンドとのリハ」、「個別のインタビュー」、「ゲネプロ」、「ライブ当日のバックステージ」など2011年8月のMBLAQに密着した映像。個別のインタビューではジュンの発言に、そうだよなぁ、と共感。「仕事と思わずに楽しむこと」、その難しさを彼も感じながら、目の前の1つ1つに向かっているんだな。

223分49秒は見ごたえのある内容でした。

今年これから行われるMBLAQのライブはどんな内容になるんでしょうね。MBLAQ不足のファンの皆さんと、MBLAQのメンバーが、ライブの最後に日本語の「You're my+」を一緒に歌いながら感動している姿を想像しながら、、、その輪の中に、私もいたいな、と思いました。

よしっ、頑張って書いたゾ!(笑)

|

« 今週のアレコレ | トップページ | 最近購入したCD。 »

コメント

こんにちは!はじめてコメします。

MBLAQのDVDコメ、楽しく読ませていただきました。
まず・・・お疲れ様でした。
すごい長いですよね~。これから我が家に届きますが、
気合を入れて見なければと実感!
でも去年参加したLIVEなの自分探ししちゃうかも!?
エンブレ欠乏症には最高の特効薬ですね!

あと1ヶ月切った今年の単コン。
ソウル・大阪・東京、そして札幌。
エンブレに合える日が待ち遠しいです。
単コンが成功することを祈ってます!

投稿: minmin | 2012年6月24日 (日) 17:11

> minminさん

コメントありがとう。
なんかね、ものすごく仕事忙しいはずなのに、なんでこんなに必死にブログアップしてるんだろう?と、自分のやってることがわからなくなることがあるんです(笑)。

だけどこうして、MBLAQのファンの方からコメントもらえたら、
あ、やっぱり頑張って良かった!と、単純なので嬉しくなってしまう、という。

MBLAQのファンはMBLAQ不足で乾ききってると思うので、私が皆さんより先に観れた分を、伝えてあげなきゃな!と、久しぶりにガッツリ書いてしまいました。

DVDはものすごいボリューム感ですよ!観たらまた感想聞かせてくださいねー!

投稿: kiyori ♪ | 2012年6月24日 (日) 18:26

きよりさん、お忙しいのに長編しっかり見てレビューも大作ありがとうございます。
うちにももうすぐ届くはずheart01
チケット代や旅費など、正直今えんぶれ貧乏なので、予約するの迷いましたが、しておいてよかったぁ!DVDって 買ったら安心してなかなか全部はすぐに見なかったりする事もあるのですが、去年のソウルを思い出しながら、早く全部見たいです。ソウルでは舞い上がってしまっていて、バンドが入っていた事すら記憶に無い私。色んな発見がありそうです。
今年も彼らのLIVE見るのがとっても楽しみです。

投稿: ya | 2012年6月26日 (火) 09:54

なんだかもう~ありがとうございますm(_ _)m
MBLAQに関して、こんなに愛情持って書いてくださるのは、ウリkiyori ssi だけですね(・∀・)イイ! かく言う私も、最近ではすっかり、日本に来てくれていたPM君達やティンタプちゃん達に心引き戻されていましたが、kiyoriさんのレビュー読んで、DVDめちゃ楽しみになりましたぁheart そろそろ家にも届きますので、しっかと見て(自分…映りこんでないか 笑)またコメします^^

投稿: | 2012年6月26日 (火) 10:41

↑投稿名 入れ忘れましたが私です^^;

それにしてもまだあのソウルMEN IN MBLAQコンからまだ10カ月しか経ってないんですねぇ…もっと昔に感じます。。。

投稿: kimiko^^ | 2012年6月26日 (火) 10:51

> yaさん

ソウルの時、日本から応援に駆け付けたファンがたくさんいて驚きました! 私は開演前の記者会見から入ったのですが、多分・・・日本から取材に行ったのは、私と、その頃テレ東でやってた「恋するコリア!」だけだったと思います。
メンバー結構緊張してましたよ。いい緊張。
ピッとしたいい表情してたし。

でね、(急に記憶がよみがえる!笑)メンバーが挨拶したあと、マスコミから質疑応答で手をあげたマスコミが司会の人に指名されて質問するんですが(これはあらゆる記者会見での定番の流れ)、アジア圏のさまざまな媒体が来てるし、質疑応答の時間は短いので、2~3社がいいところなんですよね。マスコミを代表して数人しか質問できないので、いろんな媒体の人が記事として使用できるように王道の質問をすることが一般的です。

テレ東の番組の人がここで指されて質問するのですが・・・私はちょっと引くというか、驚くというか、はぁ?というか(笑)釈然としないキモチが残りました。
質問の内容が、ミルへ「実家の農作物の、今収穫時期のおいしいものは何ですか?」と、チョンドゥンへ「今朝何を食べましたか?」・・この2つでした。今なぜその質問!? メンバー苦笑いですよ。拍子抜けというより苦笑いです。もっとここで聞くべき今の彼らの気持ちや準備してきたソロステージや、アーティストとしてこれからステージに立とうとしているメンバーに聞くことって、そういうことじゃないのでは?。。。と、私はその質問に全然笑えなかったです。
他の国のマスコミはほぼ笑うこともなくスル―していました。司会の人も「変わった質問でしたね」的なフォロー?

なんかこの記者会見の映像を見て思い出しました。代表して質問したあの映像はオンエアーしたんでしょうか?

これは自分にとっても戒め。アーティストって、言いたい場所で言いたい事があっても、それを上手く吐き出せないことの方が多いと思うんですよね。私自身も的確な質問が出来ないことがよくあって、日々精進なんですが、あの日記者会見の場で、MBLAQのメンバーが話したかったことは、実家の収穫じゃなくて、もっとあったと思いました。

投稿: kiyori ♪ | 2012年6月26日 (火) 14:53

> kimikoさん

はい、激熱レビューを書いてみましたッ!
DISC2はもう一度、ちょっと時間置いて観てみようと思います。
観た方には「どのカメラ」の映像が好きか? 意見聞きたいですね~!

10ケ月でいろいろ状況も変わるし、ホント流れが早いですよね。

投稿: kiyori ♪ | 2012年6月26日 (火) 15:11

kiyoriさん
おひさしぶりです。
う~ん。忙しいのにいっぱいの文章ありがとうございます。
私のところには、まだ、DVDが届いてなくて見れていないのですがもう、見ちゃったような気分ですよ~。
あ~楽しみだわ。。。
MBLAQにめちゃ、やさしいkiyoriさん!!!
ありがとう!!です。
めちゃ、うれしいです。

投稿: haru | 2012年6月27日 (水) 16:57

> haruさん

DVD観ればまた新しい発見いっぱいありますよ!

観たら感想聞かせてくださいね!
DISC2の誰の何カメが好きかも!

投稿: kiyori ♪ | 2012年6月27日 (水) 23:02

MBLAQのDVD!DISC3枚のべ223分49秒、観ました!

右スタンドにいた私…3~4回映り込んでいましたwwwでもアップじゃないし、数秒の事なので…思い出のDVDになりましたwww めちゃ楽しそうにしてるし\(^o^)/

DISC2のSOLOは、2カメ、ジュンの3カメなんていいですね(・∀・)イイ!
コンサートでアリーナ前方席になると、センターステージのアーティストの後姿から見ることになりますが、そんなかんじ?ライブを見ている臨場感たっぷりで好きです^^顔アップの4カメはテレビを見てるようなかんじで、1カメは全体が見れるかんじでしたかね~見応えありました。

kiyoriさんが言うように、あのMEN IN MBLAQの会場で、テレ東「恋するコリア!」の司会の人を見かけたし、記者会見の模様をやるというので、私も楽しみにして見ていたのですが…あの質問は、そのまんまオンエアーされていました。私もあれ見て、なんか違うwwwって思ってました^^;あの番組ももう終わっちゃったしwwwなんだかな---えんぶれ、あんな扱いで気の毒でしたwwwせっかくのファーストコンサートなんだから、マスコミもソウルまで来たなら、真摯な態度で取材して欲しかったwww 知らない人が見たら、そのレベルのアーティストって見られてしまうから…品格…大事ですよね。


投稿: kimiko^^ | 2012年7月 3日 (火) 14:48

> kimikoさん

オンエアーしたんだ。そのオンエアー私も観たような気もするし、リアルで見てるから、その様子が目に焼き付いてて記憶曖昧なんですが、でもある意味1つの正解でもあるんですよね。他の人たちがオンエアしないような独占的な内容だから。取材に来ていた全ての人が使いたくなるような質問だったら、独占映像にはならないから。独占取材の時間がもらえないなら、全体の質疑応答で自分達だけが欲しい質問をするのは作戦といえば作戦、なんだろうけど、でもなぁ~みたいな(笑)。

投稿: kiyori ♪ | 2012年7月 4日 (水) 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/55033949

この記事へのトラックバック一覧です: 『MBLAQ 2011 LIVE CONCERT “MEN IN MBLAQ”』    DVD+PHOTO BOOK:

« 今週のアレコレ | トップページ | 最近購入したCD。 »