« ミュージカル『ジャック・ザ・リッパ―』 @青山劇場 | トップページ | 大阪でZE:Aの取材。 »

2012年10月 4日 (木)

パク・ジェボム(JAY PARK)からの英語の返信。

そのテキストを受け取って読んだ時、なんだかわからないけど、胸がぐっと熱くなりました。

今から1ケ月半くらい前に時間を遡って。パク・ジェボム(JAY PARK)にメールインタビューで構わないので、ぜひ10問ほどの質問に答えて欲しい! とリクエストを出しました。引き受けてくれるかどうか・・・待つ時間が2週間くらい過ぎ、届いたのはYESの返事!

その夜、14コの質問を作りました。

メールでのやりとりなんだから、誰が何を聞いたって顔なんか見えないんだから同じじゃないか?という気持ちも頭の中に何%かは確かにあります。でも、「私らしい質問」ってのがたとえ文面だったとしてもあるんじゃないのか? それは質問からもきっと相手に伝わるんじゃないのか? そう信じたい気持ちが80%以上!

14コの質問の中で、もしかして答えにくい質問があったり、パスしたい質問があるかもしれないので、10問より多く質問を送りました。トータルで10問くらいに答えてくれたらいいな、と思って。

14コの質問の最後に、「ありがとうございました。今度来日する時は、ぜひ直接インタビュー&撮影をさせてください!」と書き添えました。

それから3週間くらいが過ぎ、、、私の手元に届いたジェボムからの質問の答え。そのメールと、添えられたテキストを読みながら、嬉しさと感動と愛情と・・・いろんな思いを感じ取れることができて、胸がホントぐっと熱くなりました。

マネジメントからのこんなコメントが添えられていました。

Here is Jay PARK’s answers for K★POPPER below. Because Jay PARK is more familiar with English than Korean, he made the answers in English.

ジェボムからの答えは英語でした。1つの質問にもパスせず、14問全部に返答してくれていました。中でも私が一番好きな質問とその答えは・・・

11> もしジェボムさんがプロデューサー的な立場だったら、どんな新人をデビューさせたいですか?

この質問に対するジェボムの答えが好きです。お~なるほどやっぱり!って感じで。

で、私がぐっときたのは、受け取ったテキストを見た瞬間でした。私からの日本語の質問が、韓国語に翻訳されたものが書かれていて、その質問への答えはジェボムの英文。その下には間に入ってる配給会社の方が和訳した日本語のテキストが! 韓国語、英語、日本語で書かれている文字列を見ながら、なんだか胸が熱くなりました。私から投げた質問が、リレーされて戻ってきた感じ。しっかりバトンタッチしながら、ちゃんとアンカーの思いを繋いでゴールした、みたいな感じがして。 私がジェボムにメールインタビューしたいというリクエストをしてから、彼から解答が届くまでの1ケ月半の間に、たくさんの人が関わっていて、みんなが「いい記事になるといいな」という思いがあるから一生懸命繋いでくれて・・・届いたワードのテキストが、3ケ国語でリレーされてて、感動しました。

だから、彼の解答そのまんまの英文も全部掲載しようと思います。

やりがいだとか、生きがいだとか、そういう大袈裟なことは自分自身ピンとこないけど、自分の仕事が誇らしく思える瞬間がたまーに、ほんのたまーにあります。私、今いい仕事してるな、って気持ちにさせてくれるインタビューが出来ました。ありがとう。

次号「K★POPPER」(11月発売)に掲載します。

|

« ミュージカル『ジャック・ザ・リッパ―』 @青山劇場 | トップページ | 大阪でZE:Aの取材。 »

コメント

もう何年もジェボムのファンとして彼の活動を見守ってきてますが、本当になにごとにも精を込めて、丁寧にのぞむ人なんだなといつも勉強させてもらってます。
見かけは一見チャラついて見えることもあるけれど(笑)中身は本当にしっかりしてるんですよね。英語の方が自分の気持ちを伝えやすいし、100%伝えわってほしいと思うからという意味を込めての回答をそのまま掲載していただくなんて、きよりさんにもジェボムの気持ちがちゃんと伝わったようでファンとしてはとてもうれしいです!:)

11月号の記事楽しみにしてますね^^

投稿: | 2012年10月 5日 (金) 11:27

ジェボムを初めて見たのは 2008年11月27日 この日が私の忘れられない日です。見た目は「ヤンキー」見たいというのが第一印象。でも目の前でバック転したりと凄いダンス・・・あれからもう4年の月日が過ぎようとしています。人に気使いが出来て 思いやりがあって 自分の事より人のことを考えるジェボム。きっとジェボムらしい回答になってると思います。早く読みたいです 楽しみに待っています。

投稿: aya | 2012年10月 5日 (金) 21:20

kiyoriさん!
有難うございますっっ。

インタビュー読むといつもきちんと正直に答えているジェボムがすごく好きです。ずっとKiyoriさんがインタビューしてくれればいいなと思っていたのですごく嬉しいです。
絶対買います。楽しみに待ってます。

投稿: slep | 2012年10月 5日 (金) 23:45

★まとめてコメ返致します。

> 名無しさん

受け取ったテキストを見た時、3ケ国語でリレーされてて、なんか言葉の持つ力っていうか、凄いなぁ!って思ったんですよね。
あとは、英語の返事そのままをファンは見たいんじゃないかな、と。

普段K-POPアーティストのインタビューをする時、最近はホント日本語を勉強して、日本語が上手なアーティストが多くて、もう日常会話や日本語での空気まで読めてしまうアーティストもいて、瞬時にお互いの伝えたい事がわかるんですよね。

で、日本語がある程度しゃべれるアーティストの場合は、一生懸命知ってる日本語でつたえようとしてくれて、聞く側も集中して聞くんですよ。そしてやはり理解しあえる。

韓国語で答えて、その場で通訳の方が訳してくれるインタビューの場合は、ザックリ70~80%のニュアンスで要約されて伝わるので(インタビュー時間が短いので)言いたいことの内容は伝わるけど、その人独自の言い回しやつぶやきは見逃がされてしまうんですよね。

アーティストとの直接のインタビューでもこんなに難しいのに、メールでのインタビューはどうなんだ? というような懐疑的な気持ちがずっとあったのですが、今回は違いました。

「K★POPPER」をお楽しみに!


> ayaさん

「早く読みたい」と言ってもらえることが、嬉しいです。発売日がFIXしたらお知らせしますので、お楽しみに~!


> slepさん

私自身のこだわりは、自分がそのアーティストに本当に聞きたい事があるのか? ということ。
なんとなくのインタビューや、時間もらえたからインタビューやっとこう的なインタビューは出来ない性格なので、これがまたメンド―な奴ですいません・・・(^-^;

待っててくれてありがとう。

投稿: kiyori ♪ | 2012年10月 6日 (土) 11:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/55814393

この記事へのトラックバック一覧です: パク・ジェボム(JAY PARK)からの英語の返信。:

« ミュージカル『ジャック・ザ・リッパ―』 @青山劇場 | トップページ | 大阪でZE:Aの取材。 »