« Apeaceを初めて観た。 | トップページ | パク・ジェボム(JAY PARK)からの英語の返信。 »

2012年10月 2日 (火)

ミュージカル『ジャック・ザ・リッパ―』 @青山劇場

Img_0490先日、ゲネプロの取材でソンミン(SUPER JUNIOR)がダニエルを演じるバージョンを観ました(⇒9/17のブログ参照)。観終わった後、取材関係なく、もう一度舞台をジックリ観てみたいと思ってから半月・・・今日、ソン・スンヒョン(FTISLAND)演じるダニエルの「ジャック・ザ・リッパ―」を観てきました。

今週末まで公演は続いているので、ネタばれが気になる方はここから先のテキストは注意。

ダニエルは真面目に臓器移植に取り組む医師。臓器移植を研究しながら、やはりどこかに功名心もあったのかな。そういうちょっとした隙。彼の中の弱さや隙・・・それは「人を愛する」ということによって生まれた弱さでもあるのだが、そこに悪魔がとりついてしまう。いや、そういうことじゃないのかもしれない。どんなに善良な人間にも、善と悪両方を持ち合わせていて、微妙なバランスをとっているのかもしれない。そしてその均衡が何かをきっかけに崩れた瞬間、心の中に抱えていた邪悪な自分を押さえきれずに、自分自身が飲み込まれてしまう・・・。

アンダーソン刑事役は、今回ユ・ジュンサンが演じていました。前回観たイ・ゴンミョン演じるアンダーソンよりも若干ほわっとした軽さを感じました。面白いですね。役者同志の化学反応もいく通りもあって。

ソンミン演じるダニエルは押し殺した演技というか、クールを装うダニエルの内面に向かう演技。一方ソン・スンヒョン演じるダニエルは軽やかで表情が豊か。ひとつひとつの動きや表現を誇張しているのは、そうして歌唱部分を補っているのかな。たたずまいがフレッシュでしたね。

それにしてもジャック役のキム・ボムレの圧倒的な存在感と歌唱力は大迫力! 怖ろしいほどの重低音が、夜のロンドンの街に響き渡り、魅了されました。

ステージの舞台美術も見事な今回の舞台。憂鬱な気分になるロンドンの暗さが、街全体そして物語全体を包み込んでいます。ダークトーンに制約された舞台の暗さの中で、物語の展開に合わせていくつものセットをスピーディーに大胆に舞台転換。ホント素晴しい!

自分の内面にジャックという魔物を作ってしまったダニエルには悲しい結末が・・・。

公演パンフを購入しました。厚さも重さもずっしりとくるパンフの中の作品解説を読むと、ロンドンにある「ロンドン・ダンジョン」という観光名所のことが書かれていました。

ロンドン・ダンジョンかぁ・・・懐かしいなぁ。ロンドンブリッジ駅近くにあるこの建物は、お化け屋敷ではないけれど、暗くて不気味。中世ロンドンの残虐な殺人やギロチンなどの刑、魔女狩り、ロンドン大火災などがリアルな造形で再現されています。ずっと前、、、まだロンドンの観光からスタートしたロンドン初心者の頃、ガイドブックにも必ず出ているロンドン・ダンジョンに行きました。ロンドン・ダンジョンで一番人気の部屋が「ジャック・ザ・リッパ―の部屋」なんですって。いまだ未解決のこの残虐な殺人事件は今でもイギリスの人たちの記憶に残っていて、そこからインスパイアーされた作品が、今日の「ジャック・ザ・リッパ―」のように、ジャックという殺人鬼のインサイド・ストーリーを想像させるんだろうな。

ゲネプロでは、カーテンコールはありません。カーテンコール、いいですね。どんな暗い作品でも、どろどろの作品でも、カーテンコールでは役者が笑顔だったり、自分本来の表情に戻っていたり、さっきまでの舞台の世界から現実に戻って来た感じが、すごく好きです。

出演者の皆さん、お疲れ様! 

あと数日、観に行ける人は是非行ってみてください。

*パンフレットは「K★POPPER」読者プレゼントへ! 次号「K★POPPER」ではソンミン出演のゲネプロの様子を撮りおろし写真でレポしています。

 

|

« Apeaceを初めて観た。 | トップページ | パク・ジェボム(JAY PARK)からの英語の返信。 »

コメント

きよりさん、このミュージカル何に心を持って行かれたかと言うと
そうボムレさんのあの第一声を聴いた瞬間Σ( ̄ロ ̄lll)
まさにそこでした!
この方が分からずに観ていたので本当に
心を鷲掴みされた感じでした
特に私の場合は自分で取ったチケットと
友達が取ったチケットが2日続き(ジャックは別で)だったので
続けて聴くと翌日は1日中頭の中で
歌声がリピされていました(^-^;
本当は違う方を観たかったジャックでしたが
期待以上で凄い良かったです(*^-^)
ただ残念なのはダニエル以外が両日共に
同じキャストだったので違いが分らないこと
本当は他のキャストのためにもう1日
観たかったんですが流石に先立つものが無くて
踏み切れなかったです(^^ゞ

投稿: bluesky | 2012年10月 2日 (火) 08:38

> blueskyさん

同感です。ジャックには心奪われました。一緒に行った人も「カッコ良かったぁ!」と完全にボムレ氏に圧倒されてました。カーテンコールでさえも強烈な存在感! 彼この作品の肝でしたね!

投稿: kiyori ♪ | 2012年10月 2日 (火) 09:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/55794154

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル『ジャック・ザ・リッパ―』 @青山劇場:

« Apeaceを初めて観た。 | トップページ | パク・ジェボム(JAY PARK)からの英語の返信。 »