« 【K★POPPER】ネタバレback stage(1) | トップページ | 最近のアレコレ 15 »

2012年11月11日 (日)

【K★POPPER】ネタバレback stage(2)

本が発売した今だから書けるバックステージ第二弾! 

北海道や九州・沖縄エリアにも「K★POPPER」届きましたかー?

雑誌を一度全部読んだ後に、この記事を読めば、もう一回ページを確認して、なるほどな~なんて二度楽しめるんじゃないかと思って。

それでは「K★POPPER」を手元に置いて、ここから先を読んでください。本のスタンバイできてますか? 本が手元に届いてから読むことをおススメします。

*随時、思い出し追記あり。コメント欄にも追記してますので見てください!

Cimg2409_2●ZE:A

ZE:Aについては今までブログで熱く展開してきたので、さかのぼって「ZE:Aの取材@大阪」シリーズ①~⑤+オマケをぜひ読んでください。

p33の集合写真。これが「3-2-3」フォーメーション予定が、ケビンとヒョンシクが前列3人の顔の間から顔をのぞかせるという変形「5-3」システム!(笑)

そうそう!取材用のホテルの宴会場にメンバーが入って来て、一番最初に撮影したのがp33の集合写真なんですが、真っ先にシワンが「3-2-3? 3-3-2?」と、業界っぽく(あははは!)聞いてきたのがオモシロかったです。

p40~41はインタビューカットでデザイン構成しました。p40の右上の写真が全体図。8人ズラリと並んで手前の背中が私、その右が通訳の方。これからインタビュー始まります、ぐらいの写真。まだ全員キチっと座ってます。が、徐々に調子が出てきて、ふと見るとドンジュンは椅子の後ろ足(?)でバランス取りながらガコンガコン椅子を前後に揺らしていました!(笑) その証拠写真がp41の右側の真ん中くらい。ヒチョルの話を先日「ZE:Aのオマケ」というタイトルでアップしましたが、p41の左下の写真を見て!いつの間にかヒチョルの猫の口が閉まってる~!!(笑)い、いつの間に!?

この日のインタビューの中で、特に印象に強く残っているのはミンウの2つの答えです。ものすごく真剣に答えてくれたから。1つはp37上から2段目真ん中の、ライブのMCで、ジュンヨンの穴をミンウが埋めようと頑張ってる姿が見えた、ということに対しての彼の答え。

「~特にコンサートのときや公演ではファンの方は9人みんなで立っている姿を見たいはずですけど~」

ファンの想いをちゃんと知ってて、そのことを真っ先に話すミンウ。なんか彼の発言を聞いて、あぁ、ZE:Aは大丈夫だな、って私は妙に安心しました。ファンの想いを、それも9人でZE:Aという一番大事なことをちゃんといつも意識しているから、例えば今回みたいにリーダーが欠席しても、彼らの中の「ブレない今」みたいな、誰のために今何をやるのか、っていうベーシックなところで全員が共通の認識を持ってるんだな、と伝わってきたので、だからこの日も笑顔で、うん、大丈夫だ!なんて、インタビューしながら思ったんですよね。

もう1つのミンウの発言も(p37の一番下の段で、個人活動をしてチームに戻った時、迎えてくれるメンバーからの言葉を聞いて「あ~ZE:A最高!」と思った瞬間は?という質問に対するミンウの答え)、「これこそZE:Aなんだ!」と聞いて、いい発言だなぁ~と、心がほんわかしました。心地いい騒がしさ、かぁ・・・。

え・・・っと、もうお気づきとは思いますが、念のため。ZE:Aのページはノンブル(ページ数)も猫シルエットになってます。ホントはね、雑誌のセオリーから言えば、ノンブルって全ページ統一が一般常識なんですよ。でも、こういう遊びもあっていいんじゃないかな、と私からデザイナーに提案すると、デザイナーも冒険大好きですからね、すぐに猫仕様になりました!

p43の左下の切り抜きと吹き出し、今回のライブに参加した人ならわかりますよね! ステージの合間に、お互いの口を開け閉めして、口を閉じると声が出ない、という設定で(笑)、楽しませてくれまいたよね! そしてその延長でインタビューのヒチョルが・・・(笑)。

インタビューでも質問しましたが、話題のミュージカル「光化門恋歌」にケビンも11/27から出演するんですよね。ジヨンの役です。今年2月にINFINITEのウヒョンが演じたジヨンの舞台をソウルで見ましたが(2/21 blog up)、物語全体のナビゲ―タ―的な役割です。光化門恋歌の公式サイトにケビンのコメントが掲載されていますが、その意気込みはかなりのもの!----「アイドルグループメンバーのミュージカル挑戦に対する視線の枠を壊してみたいです」「この作品が終わった時、たくさんの方々の考えが変わるよう、努力します」----このくらいの自分にも厳しい気持ちで臨んでくれるのが嬉しいです。

今回のインタビューはALL韓国語で行われました。なので、最後の「理想のクリスマスの過し方」について、突然ミンウが「恋人と遊びたいですね。それは夢ですね(笑)」と日本語で答えたので、ビックリしました(笑)。唯一ここだけ日本語だったので。

_mg_8629●コスメ(p48~49)

音楽だけでなく、ファッション、コスメ、旅行、映画、カルチャー・・・いろんなことに興味を持ってる女性の味方です!(笑) 韓国のコスメブランドがどんどん日本に上陸して、出店してます。今号は「TONYMOLY」、「too cool for school」、「NATURE REPUBLIC」、「THE FACE SHOP」の4ブランドを紹介しています。p48のタイトルがキラキラとストーンで輝いています。ページの背景色もピンクにしてみました。

容器を見ているだけでもカワイイですよね~。

「too cool for school」はブランド名からカッコいいんですよ! School=学校、群れ。群れの中にいるには個性的過ぎ!という意味のブランド名なんですよ。いやぁ~ブランド名から攻めてるね~(笑)。

Cimg23549月に韓国取材に行った時、明洞の直営店に寄りました。そこで買ってきたハンドクリーム(写真右のAngel Hand)を今使っているんですが、グレープフルーツの柑橘系の香りもベタつかない肌触りも、チューブに入ったパッケージデザインも気にいってます。使い切ったらリピート買いする!!

Cimg2520_2最近リップはこれまた前回明洞の直営店で買ってきた「banila co.(バニラコ)」のを使ってます。日本では直営店はないのかな。ネットで購入できるけど。シンプルなデザインと、マットっぽい色が気にいってます。KISSって書いてあると、KISSme JAPANが思い浮かびますね(笑)。

Cimg2398ところで・・・

何度か海外取材に行ってコスメSHOPで大量に購入しているうちに、いただいたサンプルやオマケもかなりの量になりました。ヒョウ柄のパッケージで私の一番のお気に入りブランド「Hope Girl」でもらったピンクのカワイイデザインのホワイトニングクリームのサンプルや、BEASTがPRしてるA'PIEU、banila co.、too cool for schoolのサンプル、テキトーにセットにしてコスメ好きのブログ読者4名にモニタープレゼントします! モニターといっても大袈裟なものじゃなくて、使った感想を私にフィードバックしてくれるコスメ好きの人にいろいろサンプル詰め合わせセットを差し上げます♪(*内容のこちらにお任せください。ブランド指定はできません)

コスメサンプル希望者はコチラまでメール(住所とお名前と好きなブランドを教えて!)を。先着で4名の方にプレゼントします~! 

**申込みありがとうございました!!受付は終了致しました。

|

« 【K★POPPER】ネタバレback stage(1) | トップページ | 最近のアレコレ 15 »

コメント

こんばんわ~~
嬉しい記事をありがとうございます♪
今は個人活動も多く、日韓限らずコンサートで9人揃わないことが多いですが、逆に9人でいることの大切さを感じてくれてるのならファンも我慢のしがいがありますねw
それにしてもドンジュンは小学生ですね・・・(小学生の時同じことしてよく先生に怒られてました危ないからやめなさい!ってw)

あと、コードVのそる君!
雑誌パラパラめくっていて、P63の上二つの写真に思わず惹かれました。
そして視線を右に戻して・・・
(大体さっと見てなんか気になるキーワードがあったりすると読み始めますw)
「幼稚園の時は~始めたからモテた」ってので、なんだ?って思い(笑
パーッと見てくと、引っ越しが多く海外生活、
僕イケメン・・・・と。
なんかこの人変な人(?)と思って改めて最初からきちんと読み始めました。
ああ、これが例のナルシスト検証するって言ってた人か、と納得。
このインタビューで何回イケメンって単語を見たかなぁ・・・。

Code-V,中毒って曲の頃は割と聴いていて、
歌が綺麗なことも知っていましたが
それ以降深める機会も無く・・・
でも昔自分が書いたブログさっき見返してたらCode-Vのこと書いてて(笑
「好きになるならSol君」と・・・
「話し方がちょっとたまにぜあのシワンに似てる」と・・・
自分で書いたはずなのに覚えてませんでしたw

長々と失礼しました。
P63の上二つ、どっちかって言えば一番上の写真が好きです←これが言いたかった

投稿: りく | 2012年11月12日 (月) 02:47

第2弾 解説ありがとうございました。
言われたとおりに手元に本を置き、ZEAの写真を楽しく

投稿: みちごん | 2012年11月12日 (月) 21:15

追伸で申し訳ありません。
(手元のミスで)

ZEAの写真、きよりさんの解説で 改めて楽しませていただいたと
言いたかったんです。

ドンジュン 可愛いですね。顔だけでなくすることも・・・

投稿: みちごん | 2012年11月12日 (月) 21:21

> りくさん

これをきっかけにCODE-Vの今の曲も聴いてみてください!

ドンジュンの椅子のガコンガコンは、p37の上から3段目の真ん中くらいの会話でドンジュンが「いません(ニコニコ)」と答えているあたりで、ニコニコしながらガコンガコンしてました(笑)。

インタビューカットにカメラ目線というか、カメラマンに向けてポーズとってたりする写真が結構あって、いつの間に撮ったんだろ?って、上がって来た画像チェックしながら思いました(笑)。

投稿: kiyori ♪ | 2012年11月12日 (月) 22:28

> みちごんさん

楽しんでもらえましたか?
じゃあ、頑張って、第三弾も書こうかなっと(笑)。

投稿: kiyori ♪ | 2012年11月12日 (月) 22:31

きよりさん、K-POPPER第2段、本当に本当にありがとうございました。数々のK-POP雑誌がありますが、私にとっては今回のK-POPPERが間違いなく今年の1番です!!!
大好きなZE:Aもですが、MYNAMEを初表紙にもってきていただき、巻頭12Pなんて、嬉しすぎです。
ネタバレBack Stageで取材中のことをいっぱい教えてくれるのはほんとに嬉しいし、読んでて楽しさが倍増します。
私が一番好きな写真は、P42の下の写真です。あの撮影時に、ひょんしくがドンジュンに抱きついての完全オヤスミナサイ体勢だったんですよね?(きよりさんの「赤ちゃんなの?ねぇ、赤ちゃんなの?」には爆笑でした)まさかその写真まで掲載されるとは思ってなかったので、見た時は「これかぁぁ」と思ってしまいました。しがみつくひょんしくと、そしてドンジュンのこの笑顔。最高に癒されます。
あと、CODE-Vソルくんのインタビューはすごいですね。インタビューというより、まるで言い合い(?)みたいで、ほんとに面白かったです!
きよりさんの鋭すぎるツッコミに対しても全く動じないソルくんはやっぱりすごいです!!私はCODE-Vの初来日の頃からずーっと追いかけてるので、最初全く日本語が喋れなかったソルくんを思い出して、何かじ~んときてしまいました。最近はあまりにも「イケメンイケメン」と自分で言うのに私も少々呆れてたので、きよりさんが「本当のソル」を徹底解明しようとしてくれたことに激しく同意します!!!
ところでちょっと疑問なのですが、P13のMYNAMEの手で☆を作った写真、一番右の手がチェジンで、1番上の手がインスですよね?名前が逆になってるような気が・・・・

投稿: yurim | 2012年11月12日 (月) 22:38

> yurimさん

p42の下の写真、大人気ですね! 今回の撮りおろしのページを順番に見ていって、一番最後にこの写真をもってこようと思いました。特集ページを見ながら、あぁこれで終わりなの?でもメンバーが笑顔で、なんか良かったよね、、、みたいな気持ちになれるから。

そしてそして! yurimさんの指摘が正しいです! 今確認して、うわわっ!と焦りました。事務所に確認してもらったから大丈夫だと思って安心しちゃってました。これ、インスとチェジン逆ですね! ごめんなさい! 
・・・はぁ、こうして、発売数日後には、いつもミスが見つかります・・・ _| ̄|○)))

それでも、今年の一番の雑誌と言ってくださって、ありがとう。

投稿: kiyori ♪ | 2012年11月12日 (月) 23:04

素敵な写真と他とは違う切り口の取材が好きで、いつも拝読しています。
今回、CODE-Vのソル君のページを楽しんで読みました。
写真の自然な笑顔が印象的だなぁと思っていたので、スタッフさんとの信頼関係があってこそ、というコメントに深く納得しました。
ざっくばらんな会話の土台には、仕事に誇りを持って様々な経験を重ねてきたからこそ生まれる、懐の深さがあるように思えます。
いつも明るい「イケメン」のコメントが多いので、意外な一面を垣間見れてドキドキしました。
取材して下さってありがとうございます。
これからも購読していきます。

投稿: とも | 2012年11月13日 (火) 00:57

> ともさん

丁寧なコメントありがとうございます。
ともさんが、「意外な一面」と思ったのはどんなところですか? ぜひお聞かせください!!

投稿: kiyori ♪ | 2012年11月13日 (火) 12:01

こちらこそ、お返事くださってありがとうございます。

CODE-Vのソル君の特集を読んで「意外」だったのは、
良い意味で人間臭く、飾らないところです。
恋愛や家族やメンバーについて赤裸々に語ってくれているから
そのような印象を受けたのだと思います。
(ネタバレにはなりませんよね?気になる方はどうぞ書店へ!)

ソル君のリアルな姿を垣間見ることができて、彼への興味が深まりましたし、CODE-Vをもっと知りたいと感じました。
グループではなく単独の取材について、冒険だけれど興味を持ってもらえると思ったとコメントしていらっしゃいましたね。
まさしくその狙い通りになった自分が悔しいけれど、完敗です。

CODE-Vとの新たな企画も進行中とのこと、心待ちにしています。

最近寒くなってきたので、スタッフの皆様も風邪等にお気をつけ下さい。
これからも拝読できるのを楽しみにしています。

投稿: とも | 2012年11月14日 (水) 21:33

> ともさん

機会があったらぜひCODE-Vのライブを観てください! 
歌に感動しますから!

そしてソルは相変わらず先日の横浜のライブでも「イケメン」を連発。
あ~突っ込みたい!!という衝動を必死で押さえました、あはは。

投稿: kiyori ♪ | 2012年11月19日 (月) 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/56085646

この記事へのトラックバック一覧です: 【K★POPPER】ネタバレback stage(2):

« 【K★POPPER】ネタバレback stage(1) | トップページ | 最近のアレコレ 15 »