« 映画「きいろいゾウ」。 | トップページ | 【mani!】ZE:A FIVEの取材@神戸 (1) »

2013年2月28日 (木)

B.A.P @オリンピックホール(ソウル) 2/23

Cimg3804B.A.P初の単独コンサート≪B.A.P LIVE ON EARTH SEOUL≫を観るためにソウルに1泊で行ってきました!

なにしろ私は、去年韓国でデビューした多くの新人グループで、B.A.Pが一番だと思ってる。(おおっとイキナリの核心)

(v^ー゜)!!

最近、B.A.Pのmini album『ONE SHOT』が、米ビルボード・ワールドアルバムチャートで1位になったとのニュースも話題に上ったが、まあ当然と言えば当然の結果だ。

「ONE SHOT」は、ファンならきっと「こういうB.A.Pを待ってたんだよ!」と言う作品。発売と同時に、アメリカ、カナダ、ニュージーランドのiTunesのヒップホップチャートのトップになったというニュースも彼らの勢いに拍車をかける。

私は去年、「K★POPPER」(実業之日本社)を出版した際、CDレビューのコーナーでB.A.Pの「GOODBYE」を紹介した。この曲は1st mini albumに収録されている1曲で、このアルバムでB.A.Pの楽曲の素晴しさとレンジの広さ、+彼らの表現力に底知れないポテンシャルを感じて度肝を抜かれた。 「GOODBYE」というタイトルなのに希望的・未来的な爽快感を残すところも好きだ-------と紹介したが、まさに今回の単独ライブのしめくくりに、この曲はハマっていた。どうやらコンセプトも、6人が宇宙の果てからUFO的な円盤に乗って(?)地球にやってきた、という設定だったし(笑)。

それにしてもB.A.P、初の単独? 全然そんな風に見えないくらい、堂々としていた。良すぎた。曲もパフォーマンスも、構成も、新人の単独ライブでは断トツのクオリティだ。

Img00184

B.A.Pが2月23日、24日の2日間、ソウルオリンピック公園内のオリンピックホールで初の単独コンサート「B.A.P LIVE ON EARTH SEOUL」を開催した。昨年デビューした彼らは、約1年という異例の速さで観客約1万人を動員する新人とおしては異例の大記録を打ち立てた!

これはなにがなんでも、「mani!」の入稿を終わらせて観に行かねば!! 観ておかないと後悔する。 きっとB.A.Pの歴史の中でも大切な日としてずっと刻まれるだろうから。

=======================

Img00187会場のオリンピックホールは江南からも結構遠い。去年MBLAQ のライブで来て以来だ。オリンピック公園内には大小いろんな会場があって毎回ホント迷う。で、いつも開場ギリギリで到着(汗)。今回もタクシーが大渋滞に巻き込まれて、会場到着がちょうど18時だった。急いで外観を写メって、ロビーを埋め尽くす米花輪を横目に座席へ猛ダッシュ!

アリーナ部分は花道とその先のサブステージで大きく4エリアに分けてあって、アリーナ全部がスタンディングエリア。そのエリアの人口密度がものすごいことになっていて、ギュウギュウのzepp が数ブロックある感じ。私は座席チケットなのでアリーナのひとまわり外側。韓国ではライブ中、座席の人は立たないので、座ったままだけど見やすい。会場も大きくないので、花道のサブステージが近い。肉眼でも余裕でメンバーの表情が見える距離。

今回B.A.Pは初の単独コンサートをフルメンバーで完璧に披露することが出来なかった。メンバーのヒムチャンが「ONE SHOT」での音楽活動が始まる直前のタイミングで、運悪く骨折してしまったからだ。手術により音楽活動からは離脱し、今回のコンサートも無理なんだろうな・・・とファンは残念な気持ちと、でもしょうがないと納得させる気持ちでいたと思う。メンバーが一番悔しがっていることをファンは充分わかっている。

だからライブが始まりステージ上の5人の姿を観た時、絶叫に近いキャーーーーーーーーーッ!の歓声で5人を必死に応援していた。そういうファンのけなげな愛情にキュンときた。

オープニングから激しいダンス曲が続いた後、バラード曲でヒムチャンが姿を現した瞬間、ファンの叫びはこの日MAX! 5人で、ものすごく気合入れて頑張ってたけど、でもB.A.Pは6人が本当の姿で、だけどヒムチャンがいないことをマイナスに感じさえないくらい5人のパフォーマンスは力強いもので・・・本当に感動しました。

B.A.Pに限らずだけど、うまくいってる時はわからないけど、ピンチに陥った時に真実とか本来の姿とか見えたりすることってあるでしょ。5人で単独ライブをやりきったB.A.Pのチームワークやプライドを目の当たりにして、本当にいいグループだなぁ、と思った。

Img00191この日のB.A.Pのコンサートは、ノンストップで楽曲で展開していく構成。ぐいぐいサウンドで押してくる若さと勢いを感じさせた。高くなったステージ後方部分から何回もヒョイっと身軽に飛び降りていたが、あれはね~ケガしないか心配だった。

場面転換によくありがちな本人たちのコメントやバックステージ的なほんわかした映像はない。ステージをon とするならoff に当たるような映像はなく、全てon !だからオープニング映像も楽曲の背景の映像も全てがハイクオリティでかなりエッジィ!

オープニングからエンディングまで流れのある統一された世界観で、B.A.Pのメンバーははるか遠い宇宙の果ての惑星から(?)円盤型のUFOに乗って地球にやってきた宇宙人設定(笑)。ナレーションは英語で、韓国語は字幕。これを見た時、あぁ、彼らは世界標準でコンサートメニューを作り込んできたんだな、とすぐに思った。

Cimg3814ファンは圧倒的にティーンが多い。MATOKIのグリーンと、笛を使った応援と、キャー!と耳をつんざく悲鳴のような絶叫がものすごかった。私もモチロン、ペンラ購入!

彼らの音楽はヒップホップをメインに置きながらも、ダンス、そしてロック系バンドのテイストを随所で感じさせる。やんちゃでカッコ良くて、ハイレベルな楽曲を簡単なことみたいに魅せてくれる洗練された実力も持ってる男子たち! ホント新人の単独ライブとは思えないほどたくましい内容だった。

ZELOはマンネだけど堂々としたRAPでライブを引っ張り、実にたのもしい存在だ。ラスト、ステージにひとり残され、書いてきた手紙を読むシーンでは、何度も涙をこらえて手紙で顔を隠しながら両親への感謝を語った。彼が顔を隠して涙をこらえるたびに、場内からは「オ~ゥ」という女のコたちの共感に近いリアクションが起こった。

Cimg3808painとcry

コンサート中、ナレーションで何度か繰り返された言葉。痛み、悲しみがこれ以上ない世界へ、というメッセージ。

宇宙からやってきたB.A.Pが、俗世界のことを忘れさせてくれるような2時間半。終演後、しばらく呆然と立ち尽くしていたアリーナのファンたちの姿が印象的だった。

早く日本でも活動してくれないかなぁ。そしたらインタビューしたい。聞きたい事が山のようにある。だって日本の音楽ライターで私が一番B.A.Pを好きなんじゃない?・・・って自称だけどね(笑)。

|

« 映画「きいろいゾウ」。 | トップページ | 【mani!】ZE:A FIVEの取材@神戸 (1) »

コメント

おひさしぶりです。ツイから飛んできました。
(ここはいつも覗いていますけれど・・・^^♪)

激熱のライブレポ、楽しく読ませていただきました。
その場に行ったかのような気分になれました。ありがとうございます!!

で、、B.A.P!!!!
去年、お目当てのグループのカムバを応援するために
韓国の歌番組を見倒していた時に、
「わわわ。なんかこの人達、勢いがあるー!
なんか、ちょっと気になるーー!!」と思ったグループです。
(が、、そのまま今日に至る・・・)

きよりさんの熱いレポを読んでいたら
なんだかムショーにB.A.Pについて知りたくなりました。
まずは「ONE SHOT」から始めてみようかな・・・。

それはそうと。
「mani!」の発売まであと少しですね。
ここ数日のきより編集長のツイを見ていると
宣伝とかいうことじゃなく
「自分達の新しい本=mani!」に対する愛情みたいなものがバンバン伝わってきます。
アタシ、そういう本、待ってたんです。
本当に、楽しみにしています。

発売後には、また感想も書きにきますねーー。では。

投稿: yucca | 2013年3月 2日 (土) 00:28

> yuccaさん

いや~久しぶりに直のコメ返。
あ、「ONE SHOT」はカッコいい曲なんだけど、のMVは映画みたいにものすごく良く出来てるんだけど、バイオレンスという点では苦手な人もいるだろうな、と。現に私、B.A.Pの楽曲は大好きだけど、B.A.Pに限らずアーティストが韓国で発表する楽曲のMVのシーンに、撃ち合いとか暴力を描いた作品が多くて、そこには共感はできない。

B.A.Pの「WARRIOR」と「雨音」はぜひチェックしてみて!「NO MERCY」も

「mani!」がやっとひと段落したので、明日からブログアップに力を注ごう!と思ってます。

あ、ツイで私、「オモシロい人」、「微妙にヘンな人」ってことになってるんじゃないか!?と若干不安になったり(笑)

投稿: kiyori ♪ | 2013年3月 2日 (土) 01:14

ありがとうございます。
まさか、きよりさんがB.A.Pの単コンレポあげてくれるとは!
すごく嬉しいですヽ(´▽`)/

私は2012MAMAでみてハマりました。
そこから聴きまくり、ツべ漁り…ets
知れば知るほどLIVEでみたくなりますね…
彼らの実力をこの目で確かめたい。

MAMAのステージもパフォーマンスは堂々としたものでびっくりしました。同じ新人のAileeやイ・ハイちゃんもですけど、新人とは思えない。
この二人も好きなんです。

今年は日本きてくれるかな?きてほしい、ぜったい!!
そのときはもちろんきよりさんの取材!期待してます(◎´∀`)ノ

あ、SE7ENの渋公ライブ行ってきました。最後のアンコール!
やっぱりうるっとしてしまいました。
昨年の国際フォーラムのライブの後悔はDVDで少しとりもどします(笑)

投稿: yuko | 2013年3月 2日 (土) 07:51

>yukoさん

> まさか、きよりさんがB.A.Pの単コンレポあげてくれるとは!


まさか、でしたか~(笑)。まさかの激熱ですよ!ライブ観たくて1泊でソウル行ってしまうくらいですから。しかも仕事関係なくww

新人とは思えないド迫力の内容でしたよ!全体のストーリーも、演出や構成も、なにひとつブレがない。潔いステージでした。

投稿: kiyori ♪ | 2013年3月 4日 (月) 14:42

はじめまして~ツイから来ました パシフィコのコンサート2日間参戦しました。楽し過ぎでしたよね。ソウルコン行かれたんですね〜行けば良かったと後悔しています…>__<…私ってぱぼだなとつくづく思いました。アンコールコンサートを韓国でやらないかと期待しているんですが~やらないですかね???

やって欲しい!!!

Twitterフォローさせて頂きますね〜よろしくお願いします(≧∇≦)

投稿: みい | 2013年5月26日 (日) 10:49

> みいさん

初めまして!
このテキスト書いてから3ケ月が経ってしまったけど、昨日のパシフィコであの日の熱気を思い出しました。
ソウルは本当にドラマチックで感動的なライブでしたよー!!

でも、日本国内でも、年内にはもっと大きな会場でのツアーでまた会えそうですよね!

あ、物販では何を買いましたか? 物販コーナーを見に行く時間がなくて、気になっていたんです~。

投稿: kiyori ♪ | 2013年5月26日 (日) 14:31

はじめまして。

最近B.A.Pのペンになって今ドハマり中です。
もちろんパシフィコ横浜2daysに行ってきました。
私も彼らのqualityの高さに度肝を抜かれました。
とにかくこれだけ満足したコンサートは初めてでした。
細部まで工夫が凝らされていてあっという間の2時間でした。
クールで洗練されていて言うことなしでした。
さらに歌唱力、ダンスともにかなりのハイレベルで
本当に新人グループかと疑いたくなるほどでした。

さらにさらにびっくりしたことにトークは日本語オンリー。
あれだけ忙しい中いつ勉強したんだろう。
彼らの能力の高さを感じました。

私はアジア人にヒップホップは無理だと頭っから決めつけていて
B.A.Pも興味がなかったのですが
One Shotで見事この思い込みはくつがえされ
今では彼らなしでは息もできないほどのハマりよう。

とにかくどの曲もqualityが高くて
聴けば聴くほど味が出てきてたまりません。

そして彼らの根底にある弱者への深い共感と愛情。
若いのに末怖ろしい青年たちです。
彼らの果てしない才能に驚愕しています。

8月のソウルのアンコンも行きます。
kiyoriさんも行かれますか?
行かれるのであればぜひお会いしたいですconfident
とってもお話が合いそうです(←勝手に思い込みhappy02)

ブログこれからも楽しみにしています。
ツイもフォローさせていただきますwink

投稿: Lana | 2013年7月21日 (日) 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/56837947

この記事へのトラックバック一覧です: B.A.P @オリンピックホール(ソウル) 2/23:

« 映画「きいろいゾウ」。 | トップページ | 【mani!】ZE:A FIVEの取材@神戸 (1) »