« 3月2日のこと。CODE-V@川口⇒SHU-I@avex | トップページ | 【mani!】ZE:A FIVEの取材@神戸(5) »

2013年3月15日 (金)

ナロ(CODE-V)とのafter talk

Mani_h14_0225現在発売中の「mani!」に掲載したCODE-Vのインタビューは彼らのレコーディングスタジオで行われました。

レコーディング中だったので、メンバーが歌入れのためにブースに出たり入ったりしながら、インタビューはメンバーが入れ替わりながら進みました。

ちょうどCODE-Vが作った曲のレコーディングを行っていたので、ナロはディレクションのためにブースに入っていました。他のメンバーのインタビューが終り、作業がひと段落したナロのインタビューだけが最後に。

その日、インタビューが終了した後も、ナロとちょっと雑談していました。

先日、そういえばあの時、ナロとはリーダーについて話をしたっけな。リーダーの話をしながらナロは「プライド」について話してくれて、なんかあの話面白かったな。ナロらしさを感じる話だったな・・・。

なぜかものすごく気になって、昨夜インタビュー後の雑談部分のレコーダーの録音を聞き直してみたら・・・やっぱり! ものすごくいい話をしていました!ちょっと衝撃レベルにいい会話をしていました。 

このafter talkを、ブログに掲載したいと思い、すぐにテキストに起こしてレコード会社に確認してもらうと、「ぜひお願い致します!」と快諾のレス。

===================

★「mani!」のCODE-Vのインタビューp38の、その後

(*本誌未掲載画像もお楽しみください!)

_o2a0169s3つの雑談

>>>1

きより:子供の頃とか、クラスの中や仲間同士で遊ぶ時とかリーダーになるタイプでした?
ナロ:僕はそうではないですね。学校の1クラスの代表はいっぱいやってましたけど、遊ぶ時は、僕はただみんなと一緒に遊ぶのが好きで、なんかやろう!って言う感じ。でも、ちょっとわがままなところがあるかもしれない・・・ははっ(笑)

きより:あ~そうなんだ(笑) 理想のリーダーってどういう人?
ナロ:リスぺクトが出来る人。リスペクトしたい人。誰でもプライドってあるじゃないですか。僕のプライドを見せたくない人。僕自身のプライドを全然下げても問題ない人。

きより:それ、もっと詳しく聞かせて。
ナロ:自分のプライドを出して争いたくなる人(相手)っているじゃないですか。そうじゃなくて、僕のプライドを下げて、その人を頼りたくなるような大人っぽい人が理想のリーダー。

きより:サンウ君は?
ナロ:近いと思います。

>>>2

きより:まだレコーディング中だけど、いよいよアルバムリリースだね~。
ナロ:CODE-Vは、本当に初心を忘れられない歌手だと思う。

きより:初心を忘れられない? ・・・初めて日本で歌ったのが20~30人を目の前にしてペットボトルをマイクの代わりに持って歌ったってメンバーが言ってたけど、その日の気持ちが初心?
ナロ:僕もそうですね。いっぱい夢を見て、いっぱい楽しみにしていて、現実的ないろいろな計算とかやらなくて、ただ僕らがめざすことを、ちゃんと、やる気を出してやること!それが初心だと思う。・・・怖いけど、挑戦したい!

きより:怖いけど、挑戦したい!・・・か。いいね!今はそれを応援してくれる人がいっぱいいるからね!
ナロ:いっぱいいます。ホントに感じますね。どこにいても僕たちのファンは集まってくださって、ホント心強いですよ。

>>>3

きより:今度渋谷公会堂だよね。
ナロ:もっともっと大きくなるので、心配ですね。期待に応えれるように、準備しないと。
きより:この前はダンスもやりましたからね!(笑)
ナロ:いっぱい失敗しましたけど(笑)。
きより:あはははっ!
ナロ:皆さん優しいから、「上手いね!」って言って下さったけど(笑)。
きより:何日間もライブがあれば、完成度を高められるけど、クリスマスライブは1日だけだから難しいよね。
ナロ:どーしても時間がなくて間に合わなくてねぇ。あんまり練習が出来なかったんですよ。本番ギリギリまで練習して。でも思ったよりは間違えてなかった(笑)。
きより:あはは、思ったよりも良かった、と(笑)。

================

「怖いけど、挑戦したい!」・・・・・いい言葉だなぁ~なんて思いながら、聞いていました。アルバムタイトル『初心』のサブタイトルにしたいくらい、いい言葉。

今回のafter talk、埋もれたままにならなくて良かったな、って今思ってます。

|

« 3月2日のこと。CODE-V@川口⇒SHU-I@avex | トップページ | 【mani!】ZE:A FIVEの取材@神戸(5) »

コメント

はじめてコメントします。

なろさんの言葉が今の自分と似てます。
長年あったことを解決するために、ひとり暮らし&引越しを決めた時に「すごいこわい、、、けど、やってみたい」と思いました。
きよりさんの文章は、なろさんの声や表情を想像できるので、なろさんに直接言われた気持ちになりました。

そして、いろいろとあってめげてしまいそうな気持ちから立ち直りました。
ありがとうございます(*^^*)

僕にとっての初心は、ひとり暮らしを始めた夜かもしれません(*^^*)

投稿: haru | 2013年3月15日 (金) 21:28

きよりさん こんばんは(^^♪いつもCODE-Vの事取材して頂いてありがとうございます(^_^)/~私はCODE-Vのファンになってから、まだ4か月しかたってないのですが、最近のナロさんとっても変わったと思います。たぶん内面が充実しているのだろうと勝手に思っています。LIVEパフォーマンスを通してファンとの対話を楽しもうとしているような感じが伝わって来ます。私もナロさんへの見方が変わってきました♪音楽センスにも期待しています♪私は、やっぱりこんなに掘り下げてくれるきよりさんの取材がとっても好きですヽ(^o^)丿これからも、どんどん彼等の内面を取材してくださいね(^_^)/~

投稿: chiko | 2013年3月15日 (金) 21:39

いつも拝見しています。
mani!も楽しく読ませていただきました。
サンウペンなので、九月堂のラーメンと甘味も堪能してきましたよ。
ナロ君にとって、プライドを下げられるのがリーダーなんですね。
いつも一歩引いて冷静に観察している彼が、自分を全解放したらどうなるのでしょうか…
握手会では、吸い込まれそうな程見つめてくれて、いつまでも手を握って離さない彼。ペンを思う気持ちと、音楽にかける情熱が伝わってくるひと時です。
それが、きよりさんのインタビューで活字になり嬉しかったです。彼のこれからが、そしてCODE-Vのこれからがもっと楽しみになりました。

投稿: ☆お和☆ | 2013年3月15日 (金) 22:31

こんばんわ、twitterの情報から初めてこのブログ拝見しました
ナロさん、ちょっとストイックな怖いイメージがあって握手の時もすごく緊張するんですが、こういう記事をみると今度から少し見方が変わるように思いました
ベルンバのダンスあれで失敗なんですね~
上手にメンバーの気持ちを聞き出して下さっていて嬉しいです♪
アフタートークありがとうございました

投稿: まよっちゃ | 2013年3月16日 (土) 01:35

初めてブログ読ませて頂きました。
いつも素敵な写真アップしてくださり、ありがとうございます。


ナロが、大好きなので、ナロ寄りのコメントでスミマセン。
CODE-Vは、本当に素敵です。メンバーが一人一人を思いやり、補ってると思います。
リーダーは、サンウさんですが、影のリーダーは、ナロだと思います。

ナロは、器用なのであまり苦労しないと思ってましたが、ホワイトデーイベントに、奇跡的に当選して、行かせて頂きましたが、ラッピングしてる映像を見せて頂き、ナロは、細かい作業が苦手って知って、いつもの、格好良く、セクシーなナロではなく、可愛らしい一面も拝見出来て、またまた凄く好きになりました。
自分のプライドを下げて、その人に頼るって、日本人も分かってるケド、言わない言葉で、素敵だと思いました。日本人が忘れてる事を思い出させてくれるアーティストだなって改めて感じました。
もっともっと売れて欲しいです。

ナロの魅力をいつも引き出して頂きありがとうございます。

最後までナロ寄りでスミマセン。

投稿: さおこ | 2013年3月16日 (土) 06:59

mani発売後の裏話待っていました!
CODE-Vの中では兵役の話はタブーかもしれないけど、
私的に兵役後日本にちゃんと帰って来てくれるか?一番心配なのがナロです。

彼のやりたい音楽と日本で表現できる音楽が合致しているか少々不安で、
次のアルバムでは彼の作曲や、ソロ曲、もっと自由に表現して欲しいな~と思っています。

きよりさんありがとうございました!

投稿: omo | 2013年3月16日 (土) 12:27

★追記★from kiyori♪

K-POPアーティストの取材はいつも取材時間が短く、限られているので、1秒も無駄にしたくなくて、撮影はかなり張りつめています。そしてインタビューもやはりなかなか時間がとれず、間に通訳が入る時などはあっという間に終わってしまいます。

撮影を先にするのか、インタビューを先にするのか、でアーティストの雰囲気も変わることもあります。撮影が先だと、その雑誌のカメラマンや編集者の雰囲気が伝わって、残りの時間のインタビューがリラックスして盛り上がる場合もあれば、先に撮影だと表情や動きが硬くなることもあるから、インタビューを先にやるという場合も。毎回違っていろいろあります。

短い時間の中で「雑談」っていつするんだ?

私の場合は、アーティストの個人カット撮影の時に、撮影していない人のポラ撮影をしながら、とか、撮影のセットチェンジの間とか、インタビューの前後にちょこっと。

とはいえ、私のインタビューはいつも、スタートから「ありがとうございました」の最後まで、全部まるっと掲載しているので、その前後のことです。例えば、「この前のライブ~」と感想を伝えたりして、「じゃあインタビューお願いします」みたいに始まる時のインタビュー前の会話。例えば「以上でインタビューは終わります」と言って挨拶してから、「ところで~」みたいに雑談することもありますが、実際はほとんどアーティストに時間がないので、一言二言くらい。

*つづきます。

投稿: kiyori ♪ | 2013年3月16日 (土) 23:42

★追記2★ from kiyori♪

今回のCODE-Vのインタビューはレアケースで、スタジオで彼らの作業状況に合わせてインタビューするという流れだったので、いつになく雑談する時間もありました。

確かこの日、彼らは地方から飛行機で移動する予定が、天候が悪くて飛行機が飛ばなくて、という日だったと記憶しているのですが・・・そう、だからスタジオのドアを開けた時、真っ先にソルが笑顔で「こんにちは!」って迎えてくれて、私は開口一番に「飛行機飛ばなかったんだって?」と聞きました。

ナロとのインタビューも「じゃ、インタビューはこんなところで」と区切ってから、「今度渋谷公会堂だね~」って感じで雑談に。

アーティストによっては、雑談は、雑談だから話せるってこともあるし、もし親しければ、親しいから話せるってこともあるし、これもいろいろなケースがありますが、ナロとはインタビューの延長っぽく話していました。

なので、本誌掲載テキストはインタビューの区切りの中の会話で、今回ブログで掲載したテキストはafterなんですが、ナロが「CODE-Vは、初心を忘れられない歌手だと思う」って話しだした時、もしかしたらこれがインタビューと区切られている時間の中だったら、「~歌手だと思います」とか「~思うんです」って口調だったかもしれない。

あらためて録音を聴き直して、テープ起こしして、すごく「伝えたい言葉」だな、と思うと同時に、これはちゃんとレコード会社にも再度確認をしてからじゃないと掲載しちゃいけないな、とも思いました。

「・・・怖いけど、挑戦したい!」とナロから聞いた時、私は思わず繰り返して言っていました。あぁ、そうだな、「初心」ってそういう気持ちだなって、ストンと自分の中に落ちてくる感じがしました。だから、この会話を紹介したいなと思い、確認すると、ぜひ紹介してください、と快諾をいただき、あらためて良かったなと思いました。ナロの言葉が多くの人に届いて良かったな、と思います。

投稿: kiyori ♪ | 2013年3月17日 (日) 00:11

★コメ返①★ from kiyori♪

> haruさん
はじめまして。コメントありがとう。
ファンの一言でものすごく傷つくこともあるけど、
ファンの一言で救われることも、幸せな気持ちになることもある、
と、ずっと前にあるアーティストから聞いた言葉なんですが、
「ファンの」を「誰か」に変えれば、誰にでも当てはまりますよね。
ナロの言葉がharuさんの力になったって、
アーティスト冥利に尽きるんじゃないかな。

小さい一歩でも、一歩にも満たない半歩くらいでも
自分で動き出すことって勇気がいることだと思います。


-------------

> chikoさん

4ケ月前にどういうきっかけでCODE-Vのファンになったんですか?ww

掘り下げたインタビューが出来ているのかどうかは私にはわかりませんが、アーティストと取材する側も人間同士なので、一歩一歩積み上げていく信頼関係ってあると思うんですよね。
1度もライブを観ていない人よりも、毎回観てくれている人とのほうが、話せることが多くなるかもしれない。サラっとCDを聴く人よりも、真剣に聴いてくれる人のほうが、アーティストの話せることが多くなるかもしれない。そういう小さな積み重ねが、インタビューにあらわれてたら嬉しいですね~。


投稿: kiyori ♪ | 2013年3月17日 (日) 00:29

★コメ返②★ from kiyori♪

> ☆お和☆さん

いつも見て下さってるんですか!ありがとう。
九月堂にも行かれたんですね!オーナー夫妻、喜んでたでしょ?ww 
CODE-Vファンが話しかけてくれるの、楽しいみたいよ。

プライドの話をしながら、ナロは拳をにぎって腕を上下させて説明してくれました。

そうそう、昨年のクリスマスライブ後の楽屋打ち上げの時、メンバーと握手をしながらマスコミは帰ってきたんですが、マスコミの人たちも、ナロが手を離さないって言ってた!(笑)たぶん私、何度も彼らと握手してると思うんだけど、そんな記憶がないな~なぜだッ!!(笑)

------------

> まよっちゃさん

私のブログでCODE-Vのことを初めて書いたのは、彼らが初めて武道館に出演したイベントの時だと思います。もし時間あったらさかのぼって記事見つけて読んでみて欲しいな。

ナロのダンスの話。私は「とにかく頑張ったな!」という感想で、上手いね!とはまだ言えない感じでした(笑)。それをナロもわかってるから、のやりとりです。限られた時間の中で、頑張ったよ!!というエール。

投稿: kiyori ♪ | 2013年3月17日 (日) 00:47

きよりさん 追記ありがとうございました♪取材ってこんな風に行われるのですね。きよりさんは、いつもわかりやすく説明してくださるのでその場の光景が目に浮かぶ様です。そして仕事としてだけでなく、心で感じたことを文字にしてファンに伝えてくださるので私の心に響くのですね(^_^)/~きよりさんの文章読んでいつも共感できて一人で「そうなのよ!!!そこなのよ!!!」みたいにつぶやてます。これからも素敵な取材をよろしくお願いいたします(^_^)/~ 

投稿: chiko | 2013年3月17日 (日) 00:57

★コメ返③★ from kiyori♪

> さおこさん

初めまして。コメントありがとう。

> ナロは、器用なのであまり苦労しないと思ってましたが~
↑↑
私はまったく逆に思ってました。
ナロはホント不器用で男気溢れた人だな、と。

今回「mani!」のインタビュー記事のナロとの会話の最後の部分とか、私かなり好きなやりとりなんですよね。だんだんお互いに堅苦しくなくなってきて、前より気楽に会話できるようになってきたなぁ~と思って。

「mani!」の写真はどうでしたか? 撮影はメンバー私服だったんですが、現場でナロが一番、服装やヘアスタイリングについてスタッフと話してましたよ。


--------------

> omoさん

レコーディングスタジオで、ナロはイキイキしていましたよ! こうして日本でセルフプロデュースするチャンスを与えてもらっている環境に、ものすごく充実しているのが伝わってきました。なんていうか、メンバー全員ですが、音楽に対する意欲をものすごく感じました!

彼らの名前が作詞・作曲にクレジットされている楽曲がカラオケに入ったら、大いに歌ってあげてください! ザックリの概算ですが、1曲歌うと3円とか、あれ?もっとだったかな、とにかく彼らに印税入ると思うので!(笑)って言ってもまだ先になると思うけど。

投稿: kiyori ♪ | 2013年3月17日 (日) 01:06

きよりさん コメ返ありがとうございました♪私は、4か月前お友達に誘われてライブハウスツアーに行った事がきっかけでした。コンサート始まってからも、どこかにお付き合いで来てるので・・・という気持ちだったのですが、「君がくれたもの」を聞いた時に、歌詞が心に染みて来て涙がこぼれました。こんな経験は初めてでした。この曲以降はもうすっかり心を奪われてしまって、帰り際にCDを買い、DVDのアコースティックバージョンを聞いて完全ファンになってしまいました(^_^)/~以降、曲を聞かない日は無く映像や文章を探す日々が続いています(^_^)/~おかげできよりさんのブログを知ることが出来ました(^_^)/~長々書いてすみません(^_^;)

投稿: chiko | 2013年3月17日 (日) 01:12

こんばんわ、きよりさん。
mani!のaftertalkありがとうございます。私はCODE-Vのファンになって15ヶ月になるんですが、最初の頃のナロは分かりやすい熱い男だったんですけど、最近はずいぶんクールになったなぁって思ってたんですけど「怖いけど、挑戦したい」これ読んでますますナロの素敵さが伝わりました。、やっぱり彼は熱い男ですね。
これからも素敵な記事よろしくお願いします!

投稿: mik1013 | 2013年3月17日 (日) 01:42

「初心」を違う一言に変えるとすれば「感謝」だと思ってましたが、
人によっては「挑戦」なんですね。
新鮮な驚きでした。
「挑戦をわすれない」・・・アグレッシブな生き方ですね。
その言葉に共感したきよりさんも、挑戦し続けようとする人なんですね!きっと・・

カラオケに行って、ナロの作曲した「Addiction」に挑戦してきます~
10回歌えば、チロルチョコ一個ぐらいは食べさせてあげられるかな?

投稿: omo | 2013年3月17日 (日) 02:49

> mik1013さん

コメントありがとう!

「ちゃんと やる気を出してやること」というところにも、受け身ではなく能動的な攻めの姿勢を感じますよね!

投稿: kiyori ♪ | 2013年3月17日 (日) 03:32

きよりさん おはようございます。
いつも いろいろなVの様子を教えてくださってありがとうございます。mani!を見たら ソルの夢みちゃいましたよ!るいペンなのですが。。。
なろさんの言葉 upしてくださってありがとうございます。
なろさん。。ワイルドなのに こんなまっすぐなコメントを聞くと 可愛らしくも感じてしまう。。母世代だからでしょうか??
プライドを下げられる。。そんなこと あまり考えたことなかった。。尊敬ってそういう事なんですね(改めて。。)
Vをみていて いろんな初めてを経験できます。本当にかわいい。。でも 私を娘時代の心に戻してくれる 素敵な人たちですね。。やっぱり
ソルじゃないけど。。ほれてまうやろ~です。。(;´∀`)
パクヨンハがいなくなっちゃったときは この世の終わりかと思ったけど ヨンハがつないでくれたVとの縁 感謝です。
朝からまた Vの曲 聞いちゃおうっと。。

また レポート まってま~す。
るいのるい語いっぱいのレポもみたいです。よろしくおねがいします。

投稿: ミセスぽっぽ | 2013年3月17日 (日) 06:29

きよりさん、いつもV君たちの記事をありがとうございます(^.^)きよりさんの記事はファンが喜ぶところを分かってくださってるから、いつも本当に幸せな気分で読ませていただいています☆アーティストの歌に感動するのと同じく、文章で幸せを届けるって凄いことだと思います。これからもきよりさんのV君記事を楽しみにしてます(^^)d

投稿: たいまま | 2013年3月17日 (日) 07:30

きよりさん、こんにちは。
いつもブログやツイッターでぶいくんたちのことに触れてくださりありがとうございます。
貴重なアナザーカットやイベントでの写真もとても嬉しいです!

「初心」てタイトルを聞いた時、実は彼らにはまだ早いんじゃないかな、と思っていました。
でもきよりさんが聞き出してくれた、ナロさんの「ただ僕らが目指すことを、ちゃんと、やる気を出してやること。ーそれが初心」という言葉を読んで納得しました。
嘘のない、真摯に頑張る姿、これこそが私が彼らを好きな理由、応援したくなる理由だなって思いました。

私が初めて彼らに会ったのは、彼らが言っている、日本で初めて歌った名古屋のCDショップの翌日、大阪でのイベントでした。
歌を聞いたあと、「がんばってください」と彼らにどうしても伝えたいと思い、友人に「ひむねせよ」という言葉を教わり、ひむねせよ、ひむねせよ…と何度も頭の中で唱えながら、さんうくんに「ひむねせよー」と言ったところ、120度くらいのお辞儀を深々と勢いよくしながら「カムサハムニダ!」とハッキリした声で返してくれたんです。
あの時とは環境が全く変わった彼らですが、心はなにひとつ変わっていないなと、いつも思わせてくれる彼らです。
私もあの時の気持ちで、これからもずっと彼らを応援していきたいです。
きよりさんのインタビューを読んで彼らを見つめてきたこの2年のいろいろなことを思い出させてもらいました。
ありがとうございます。これからも楽しみにしています。

投稿: YOU☆ | 2013年3月17日 (日) 12:29

> ミセスぽっぽさん

ルイのファンですか!
ルイは・・・あくまで私の印象ですが、メンバーの中で一番女性に対して気配りが自然に出来るジェントルマン。
やさしいな~、よく見てるな~、と思います。

「K★POPPER」で韓国料理の取材をした時も、サムギョプサルをサンチュにのせて、いろいろ盛って、くるくる巻いて「はい」って渡してくれました。他のメンバーが食べるのに夢中でした!(笑)

投稿: kiyori ♪ | 2013年3月17日 (日) 15:33

> たいままさん

文章で幸せな気分が届けられたら、それはホント凄いことだと思います。これからも努力しますッ!

投稿: kiyori ♪ | 2013年3月17日 (日) 15:38

> YOU☆さん

初めて日本でファンを前に歌った時、CODE-Vのメンバーは自己紹介といっても自分の名前をいうくらいがやっとだったと言ってました。
だけど、集まってくれた人たちが真剣に聴いてくれて、応援してくれている、という気持ちがメンバーに伝わり、それが彼らに勇気を与えた。

聴いてくれる人がいなかったら歌う場所もない、という経験を韓国でしていたので、聴いてくれる人がいる場所へ、日本全国どこへでも彼らが歌いに行きたい!って、いつも思ってるんですよね。
全都道府県制覇ももうすぐですね~!

投稿: kiyori ♪ | 2013年3月17日 (日) 15:50

きよりさん、はじめまして♪ナロさんとのafter talkをあげてくださって、うれしいです。ありがとうございました!ナロさんの言葉…”深いい”ですね♡飾ることなく、心のままを話されているのだと思うのですが、私の心にスッと入って温かい(熱い?)気持ちになりました♪mani!も、すごくよかったです!Vくんたちの言葉が、そのまま載せてあるのか、活字なのに Vくんたちの雰囲気が びしびし伝わってきて、何回も読み直し。。。そして、サンウさんの特集も 最高で♡写真もペン目線。 あんなにたくさんの特集 雑誌で初めてでは?!(o^-^o)本当に、満足な一冊になりました♪ありがとうございます~~。また、Vくんの、よければサンウさんのお話も聞きたいなぁ。。。なんて。。。♪

投稿: うちうみ さくら | 2013年3月17日 (日) 22:06

> うちうみさくらさん

初めまして。初めてコメント送ってくれたのに、遅レスでホントごめんなさい!

サンウの話ですか~単独取材をしたからってわけじゃないけど、
やっぱりリーダーって、なるべくしてなってるんだなぁ、ってつくづく思います。

それは昨日のSHU-Iのライブでも思った。先週のZE:Aのライブでも、大国男児のライブでも! 

今回サンウ、インソクの単独取材をしたことで、私が彼らを「リーダー」と意識して見ているのかな?とも思ったけど、なんかそういうことでもないみたい。
また、もしかしたら彼らの中にも、リーダーについて質問されたことで、あらためて何か感じることもあったかもしれない。

どのグループもリーダーがたのもしくて、そういう姿を見れるのが嬉しいです。

投稿: kiyori ♪ | 2013年3月25日 (月) 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/56960922

この記事へのトラックバック一覧です: ナロ(CODE-V)とのafter talk:

« 3月2日のこと。CODE-V@川口⇒SHU-I@avex | トップページ | 【mani!】ZE:A FIVEの取材@神戸(5) »