« 【strobo】CODE-Vについて。 | トップページ | 映画『同窓生』レビュー。 »

2013年12月17日 (火)

【strobo】チェン・ボーリン撮影バックステージ。

S_51a5479

チェン・ボーリンさんについては、取材日のことを一度軽く書いています。(⇒コチラ

今回は本誌未掲載のアザーカットを披露しつつ、撮影&インタビューのバックステージ。感想も是非お聞かせください!

【strobo】に掲載する写真全て、私がセレクトしているのですが…どうもウェット感がある、物言いたげな瞳をしているような(笑)写真をセレクトしてしまうみたいです。

では、未掲載アザーカット、一番目に紹介するのはファッション誌みたいなポージング。左側にテキストを流し込んでもいいよなぁ~なんて考えながらカメラマンに、「この構図で使用するときは、左右どちらかにテキスト流し込むから、空けておいて」とリクエスト。雑誌のページにまるっとそのまま画像を入れて、余白部分に文字を流すのが、結構好きなんです(笑)。(*参考ページ:今号のstroboのp4の水嶋ヒロさんの画像も、白い部分は壁ですよ!) この壁前では撮影する予定はなかったのですが、なぜか立ち止まりポーズをするボーリンさん!!あ、今カメラを求めてるのね!ってことで、「この構図で使用するときは~」とカメラマンにその場で指示。

S_51a5664この日はホント暑い日でした。屋内は冷房が効いているので涼しいけれど、一歩外に出るとジリジリする暑さ。しかも撮影のロケーションをビルの屋上に決めていたので、ここはさらに暑い! 取材ルームや廊下でサクッと撮影したくなかったので、事前に「屋上撮影」をリクエストし、そのためには取材時間も早い時間(明るい時間帯)でお願いしていました。

インタビューをする小さな部屋と、チェン・ボーリンさんの控室がある階から屋上に移動して今から撮影!と上りのエレベーターを待っていました。マネージャー、映画の宣伝担当など総勢10名弱。エレベーターが小さいので、ここはアーティスト優先で乗ってもらい、私とカメラマンは非常階段から上に行くことにしました。「じゃ、上で!」と声を掛けて、カメラマンと非常階段へつづくドアを開けると、モワッと熱気。「よし、頑張って上まで行こう!」とカメラマンの機材を持つのを手伝いつつ、カメラマンが先に外階段に出た。続いて私も出ようとしたとき、誰かがドアを開けたまま押さえてくれている。振り返って「ありがとうご…ギャ! ボーリンさんッ!!」 そして彼の後ろに続くスタッフ全員。「皆さんエレベーターで行ってください~(汗)」と言う私の意見は無視され、全員でザクザクッと一列になって屋上まで階段を上りました(笑)。

インタビューでは、テーブルの上にあったティッシュの箱やドリンクのボトルを並べて、地震の被災地に行って、実際見た様子や建物を再現して説明してくれました。撮影をしてから時間が経っているので、質問に対して、時間をさかのぼって思い出しながら答えてるみたいでした。インタビューも早い時間だったので、思い出すのにちょっと時間がかかったりすることもあったのですが……、その日の夕方、ファンミ、舞台挨拶で語るチェン・ボーリンさんは、一日インタビューでいろいろ質問されて完璧に記憶が甦ったのかw、私がインタビューした時よりスラスラテキパキと答えていて、おぉ!と思いました。だって、p9のインタビュー冒頭、「どのへんから彼女への気持ちが変化したんですか?」のあたりは、高速で記憶再生中って感じでしたから(笑)。

吊り橋のシーンはカメラマンじゃなく照明技師が撮影したと聞いたので、もう一度その映像を確認したくなりますよね。

この日撮影した画像は2誌に掲載。「アジステ」編集長に赤い壁&椅子でのカットの中から、掲載したい画像をセレクトしてもらいました。赤い壁のは私も好きなカット。これは間違いなく大きく使いたい画像。でももう1点選ぶなら…、いや、stroboに掲載するなら…実は、未掲載だったOKカットの中に、私おススメの構図っていうかポーズの1点があったんですよ!私が事前に描いていたラフどおりの、アバンギャルドな(?)、でもなんか面白い、魅力溢れるチェン・ボーリンさんの写真を紹介して締めくくりたいと思います。

どうぞ!

S_51a5707k_2

|

« 【strobo】CODE-Vについて。 | トップページ | 映画『同窓生』レビュー。 »

コメント

裏話、ありがとうございます!!
振り向けば柏霖…そう、本国ならコマーシャルもたくさんでてる有名人ですけど、偉ぶらない素敵な人なんですよねlovely!! 
えくぼの写真も可愛いです…柏霖は膝下が細くてすごくキレイなので、ソファーの写真はバッチリですね!!また柏霖がくるときがあれば、またきよりさんに取材して欲しいなあ~と思います!

投稿: km | 2013年12月17日 (火) 17:53

>kmさん

さっそくコメントありがとございます。

次はいつごろ来日されるんでしょうね。
日本で公開される次回作は何になるか、ですよね。

私も全ての情報を追いかけられず、チェックしきれないので、日本での公開作品の情報ありましたら、教えてください! そしたらまた取材リクエストを出しますので!

投稿: kiyori ♪ | 2013年12月17日 (火) 18:07

キャーーーーー!!!(#^.^#)
やっぱり、きよりさんとカメラマンさんの取材はひと味もふた味も違う!
生意気言うようですが、私、これだけボーリンの写真やらを見てきても、初めてのドキドキ表情&ポージング!
そして、kmさんの言うように、本当に人間的に魅力のあるボーリンのエピソード!
と、とりあえず!どうもありがとうございます!(^_-)-☆

投稿: mami | 2013年12月17日 (火) 18:08

>mamiさん

ファンの方が喜んでくれるってことが、一番嬉しいですね!

インタビューの時のテーブルがホント小さくて、テーブル挟んでいても超ー近かったんですよ。私、作品的には「イタズラな恋愛白書」みたいなアイドルっぽい作品はあまり興味ないんですが、あの作品の最後の方・・・両想いになってから、キスしすぎじゃないか!?wwwってくらいキスしてましたよね!しかもディープに!!ww なんかそれがツボで、「なんであんなにキスシーンがエロいんですか?」と本人目の前にして質問しようか迷ったんですが(*ノートの質問項目には書いてあった)、テーブルを挟んだ距離の近さと、「ブッダ・マウンテン」の作品の雰囲気が、そんな質問をさせませんでした~。(≧∇≦)

投稿: kiyori ♪ | 2013年12月18日 (水) 01:26

うわ~~おうぅぅ(#^.^#)
きよりさん!写真セレクトセンス、ナイス過ぎです~☆☆☆ 予定のない所で立ち止まりポーズするモデル柏霖も、えくぼ満開の茶目っ気柏霖も、アバンギャルドなキメキメ柏霖も、た・た・たまりませ~~ん❤ ありがたくて拝んでしまいました(^O^) 

屋上まで階段をザクザクッと一列で登る光景が目に浮かんで、楽しいやら可笑しいやら(笑)スターぶることなく普通にみんなと階段を上がり、ドアを押さえていてくれるなんて、柏霖の人となりがよくわかる素敵なエピソードですね! 詳しく書いて下さって嬉しいです。

アバンギャルド柏霖の椅子!!私、午後、座ってました~\(◎o◎)/!ちょうどお尻の部分に!あ~午前中にここに柏霖が~って知ってたら、もっと噛みしめて温めて座ったのに~なんて、キャアキャア言いながら堪能させていただきましたよ~(^0_0^) とにかくドキドキが止まらない柏霖の姿を、よくぞ公開して下さいました!!ありがとうございます☆

柏霖のエロいキス、そんな近距離じゃ余計に聞けませんよね~(笑)あ~でもその超近距離が羨まし過ぎます~(-.-)私だったら…質問できないどころか柏霖のクチビルばっかり見て、他の質問も飛んでしまって仕事にならないかもです~(~.~)chu

stroboが届くのが待ち遠しいです。大変な中、みんなのリクエストに応えて増頁して下さった記事を楽しみにしています。読んだらまた感想書かせて頂きますね!

投稿: みー | 2013年12月19日 (木) 02:22

>みーさん

はい、撮影予定のない壁のところで止まってポーズww カメラマンがアイコンタクトで「ここで撮影します?」って聞いてきたので、「うん、本人が撮りたい場所は撮ろう!」と無言の会話をしつつ、すぐにカメラマンのとこに行って構図の指示。

撮影時、ロケハンと撮影打ち合わせは綿密にカメラマンとするんですが、本番の撮影になったら、カメラマンとアーティストにおまかせして、私は離れてることが多いんです。その方がカメラマンもアーティストも撮影に集中できると思うから。

次回作でPOPでキスシーンがあるような作品だったら、今度は必ず聞きますから!!

実は私の中ではこれと同じような感覚だったのが、strobo前号でジローさんに「どうして車の運転があんなにカッコいいんですか?ww」と質問したシーンです。質問する前の気持ち?っていうか葛藤が、今回のボーリンさんにキスのこと聞こうかな?と思った感じと似ています。

投稿: kiyori ♪ | 2013年12月20日 (金) 16:02

きよりさんの記事がなんでこんなに心に留まるのかわかりました。
“アーティストも好きだけど、彼らを応援しているファンの気持ちが好き”と言われていて納得(*^-^)
スタンド花の写真を載せてくれたり、アザーカットを惜しげもなく見せてくれたり。本当にファンの気持ちを汲んでくれているから、記事が素晴らしいんですよ。

「キッチリきれいにまとめたインタビューと、スタートから終わりまでリアルなやりとりを整えて掲載するインタビューどっちが好きですか?」
と以前に聞いてくださいましたが、私はアジステの記事よりも「Strobo」の記事。そして、よりワクワクしながら読んだのは、この「バックステージ」の記事です(^_-)-☆
他の媒体の記事を読んでも、記者さんのつぶやきとか、こぼれ話のようなものが大好きです。ボーリンの人間性が垣間見られて嬉しいのです。
例えば映画のDVDにしても、本編よりもメイキングに意外な発見などがあって好きだし、きよりさんの記事では「(日本語で即答)」と書かれていると、その場の“間”まで感じることができるから好き。そんな感じです(゚ー゚)

新しくファンになった人もたくさんいるので、綺麗にまとめられた記事も必要かとも思います。でも、長くファンやっていると、だんだんとワガママ&ヘンタイ(笑)になってきちゃって、よりリアルなコアな記事や写真を欲してくるものなんですね( ´艸`)プププ
「なぜか立ち止まりポーズをするボーリンさん!!」…こんな風な様子を聞くと、「ボーリンってやっぱりスターなんだな。プロなんだな。ナルシーなんだな(笑)」ってわかって良かったですよ~^^

「チェン・ボーリンさん出演作品で、どれが一番好きですか?」のお答えを私のブログに書いてくれたファンの方がいます。もしよろしければご覧になってください。→http://ameblo.jp/haskychan/entry-11730879291.html#cbox
他にもメールで教えて下さった方もいられるのですが、やはり「藍色夏恋」がダントツでした!

投稿: mami | 2013年12月30日 (月) 16:42

> mamiさん

楽しいコメントありがとうございます。
そうですか、バックステージ記事、楽しんでもらえて良かったです!

毎月、たくさんの映画作品が封切られて、洋画もあれば、アジア作品も、邦画でも大型作品からミニシアター系までホントいろいろあって、気づいたらいつの間にか公開されて、いつの間にか終了…って作品が多いんですよね。そして作品に主演していても、忙しすぎてプロモートのための取材時間がほとんど取れない俳優さんも多いんですよね。

そんな中、今回のチェン・ボーリンさんの日本でのプロモート活動は、神対応ですよ!

次回日本に来てくれるのは、いつになるでしょうね!

投稿: kiyori ♪ | 2014年1月 4日 (土) 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535437/58771873

この記事へのトラックバック一覧です: 【strobo】チェン・ボーリン撮影バックステージ。:

« 【strobo】CODE-Vについて。 | トップページ | 映画『同窓生』レビュー。 »