« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月27日 (月)

【僕らの詩 / words in my head】について。

NYが本社のWEB媒体【KpopStarz日本版】で仕事を始めて1年が経つ。

当初はライブレビューと記者会見の取材をメインにライターをやっていたが、昨年末から日本独自の撮り下ろし取材を始め、日本版の独占取材担当になった。

今年はたくさんのアーティストの独占取材を行った。

インタビューをしていると、多くのアーティストが作詞・作曲の勉強中だったり、作品を書きためていたりすることを知る。日頃の音楽活動の中で、与えられた作品を歌い、パフォーマンスすることにとどまらず、自分の言葉、自分の頭の中で鳴るメロディを発表したい、という気持ちを持っているアーティストは多い。アイデンティティの追求はアーティストにとって当然の衝動。

作詞作曲をしているアーティストは多いのに、彼らの作品を聴く機会はなかなかない。音源化されるラッキーな作品はほんの少し。

世の中に発表される機会がない作品は、どうなっちゃうんだろう。アーティストのパソコンの中か? その作品を見たり聴いたりするのは、作った本人と、あとは音楽プロデューサーとか事務所の社長とか、同じグループの仲間とか。作っても作っても自分だけの宝物。

アーティストが自分の詩を発表出来る場を提供しようと思い、新連載コンテンツをスタートさせた。

タイトルは【僕らの歌 / words in my head】。

Kpopアーティストがオリジナルの詩を発表するクリエイティブなスペースになればいいなと思う。

毎月、自由詩、課題詩、好きなカテゴリーでそれぞれの表現でアプローチする【僕らの歌 / words in my head】で、アーティストの頭の中を少しだけのぞいて見たい!そんな衝動から始まった。

今日はアーティストだけの大切な言葉かもしれないが、明日それは、自分以外の誰かにとっての大切な言葉になるかもしれない。世の中に作品を発表するってそういうことだ。自分の手を離れて、作品が独り歩きする。

音楽や詩・・・メロディや言葉は、それを伝える側にも受け手にも好みがある。あ~、この人の作るメロディが心地いい、って感じることもあれば、私にはちっとも良さがわからない、なんてことも!(笑) 

言葉のチョイスもそうだ。使う言葉、その意味、その意味の意味・・・みたいに作者の心の扉を1枚だけじゃなく、奥へ奥へと深いところまで共鳴したり。

音源化されて販売される作品が名作で、発表されない作品が名作じゃない、なんてことはない。クリエイティブに正解とかないと思うから。

【僕らの歌 / words in my head】で、アーティストがオリジナル作品を発表し、彼らの詩に何かを感じる人がいたら、それでもう嬉しい。
水たまりに石を投げて水面に揺れが生じるみたいに、読んだ人の心に、なにか波紋まではいかなくても、ふと感じる瞬間を与えられたら、それでいい。

「そういう場を作りたいんだよね!」とBIGSTARのメンバーと雑談しながらつい熱く語ってしまった(笑)。

そして今月彼らから届いた最初の詩。
読むときドキドキした。

レファンフィルドッグバラム、3人とも全然テイストが違っていて、言葉選びや言葉のリズム、それぞれ個性的で、わぁ!やっぱりおもしろいな~!って素直に思った。

彼らが発信した言葉は、彼らの手を離れ、どこまで届いただろうか。誰の心を揺さぶっただろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

【KpopStarz mag. #0+】改訂版。

Mag_plus_h1_01

Logo_kpopstarz_color_220_shadow_2

12/08>入稿。

印刷所は台湾です。クリスマス前には皆さんの手元に届くと思います。時間かかってしまいましたが、今回追加したソウル取材は「mag+」が初出しになります。

(ちょっこっと裏話)

江南エリアにあるBIGSTARの事務所ブレイヴに初めて行きました。メインストリートからちょっと細い道へは行った建物は要塞っぽいイメージ?地下にダンスのレッスン室があって、ちょうど新人の子たちがレッスンしていました。メンバーは私たちの取材後にライブイベントがあるということで、ヘアサロンでヘアメイク中で、少し遅れます~の連絡。

その間、どこで撮影しようかなと建物の入口や、階段、壁など周辺をロケハンし、準備OK、という時、メンバーが階段を降りてきました。「わぁー!元気ですかー?」とレファン。「元気でしたか?お久しぶりですー!」とソンハク。じゃあ、さっそく撮影しましょう!と、階段で最初のカットを撮影。久しぶりなので、なんかテレくさいような嬉しいような、お互い笑っちゃう、という感じw 

「次は外でお願いしまーす」と、建物の入口横のガレージの壁前で撮影。そして動画もここで。「今日は壁ドンはやらないんですか?」とレファン。壁ドン・・・そうそう、壁ドン!が今年の日本の流行語大賞にノミネートされてるよ、と雑談。「今日は壁ドンはやりません。皆さんの近況をそれぞれお願いします」。コメントはいつもの感じです~よろしく!と。ところが、あれあれ? いつもの感じじゃないww 1回目は入りからバラバラで、メンバー苦笑い(youtubeにアップしています)。「NGも使ってくださいね~!」とバラム。BIGSTARのメンバーはKpopStarzの動画も記事もよーくチェックしているので、この日は、ソンハクとジュドの詩が「僕らの詩」として掲載されたこともちゃんと知っていて、ジュドは「初めて書いたので、自分でもどうなのか全然わからないです」と。読んだ人がどう感じるのか、すごく気になっているようでした。

インタビューは近くのビルに移動して、会議室のテーブルを囲んであらためて「久しぶり~!」と挨拶。私の左隣がフィルドッグで、そこから時計回りにジュド、レファン、ソンハク、バラム。正直、日本語結構忘れちゃってるんじゃないかなと懸念していたら、びっくりするくらい前と同じ。フィルドッグとレファンは前よりも日本語上達したんじゃない!?ジュドが日本語ヒヤリングできない時、すぐにふたりがジュドに通訳していたので。

予定時間をオーバーして、約1時間のインタビューは終了。「また会おうねー!」とバタバタお互いに次の現場へと移動しました。

11/21>BIGSTARの取材追加。

韓国でBIGSTARの取材を追加して「mag+」に掲載しようと動き始めたのは結構前なんですが、スケジュール調整して今回FIXしたので、「mag+」に記事掲載します。KpopStarz日本版のサイト掲載はそれより少し後になります。なかなか発表できなかったので、最新インタビューなしのまま発行してしまおうか、タイミングを迷いましたが、取材スケジュールが確定したので、もう少しお待ちください。

他にも3ケ月前くらいから一緒に動いてるプロジェクトがあって、そちらもソウル⇔東京なのでなかなか進まなくて、これもまだ時間かかりそう。今回ソウルでBIGSTARのメンバーと仕事の打ち合わせもする予定なんですが、なかなか時間がとれず、どこまで進展するかなぁ。

11/18> 「mag+」を予約されてる方へ。

制作が遅れていてごめんなさい。実は、ソウルでの最新撮り下ろしインタビューを追加で掲載する予定です。それもあって、少し遅くなってしまいました。もうちょっとお待ちください~。

-----------------------

*キャンセル分の予約販売の受付け終了。

//受付期間:なくなり次第終了。

-------------------------

NY本社のWEB媒体【KpopStarz日本版】を、より多くの方へ知ってもらうために、サイトの紹介を兼ねたmini冊子「KpopStarz mag.」の#0を製作し、予約販売しましたが、増刷希望の方がたくさんいましたので、改訂版の#0+(プラス)号を増刷することにしました。

表紙および中ページの画像を一部入れ替え、BIGSTARの個別インタビューは公開可能な範囲の完全版で掲載致します。総ページ数は4~8p増える予定です。

-----------------

*予約販売の受付を開始します。⇒ *終了しました。

//受付期間:10月2日(木)~10月5日(日)23時

------------------------

//特集BIGSTARは表紙合わせて24p~の掲載になります。

//サイズはB6サイズのminiサイズで、総28~32p予定。

//書店など店舗での販売を予定していません。

-----------------

★主な内容(予定。基本は#0をベースにしております)

//表紙:BIGSTAR(new)

//BIGSTAR未公開撮り下ろし写真満載!(#0+new)

//BIGSTAR個人カット(#0)

//メンバー全員の超ディープな単独インタビュー!(new 完全版)

//KpopStarzサイト紹介&2014撮り下ろしダイジェスト(#0)

------

Mag_00__h1

>メモ。

改訂版を作るなら、表紙は最新の画像に差し替えて作り直そう!と思いました。

「#0」ではインタビューをモノローグで掲載していますが、改訂版「#0プラス」では、いつもの会話形式で掲載する予定です。「#0」の感想など、こちらのコメント欄にお願い致します。レス致します。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »