ソウル情報

2012年9月24日 (月)

cafe-t @清潭洞(チョンダムドン)・ソウル

Cimg2306

Cimg2307

雨が降っていたので、江南エリアでブランチでもしようとセレブな地域の1つ狎鴎亭(アックジョン)・清潭洞にあるカフェ「cafe-t」に行ってきました。ガイドブックの情報によると2PM、2AMのメンバーがくつろぎにやってくる、とか。うん、確かにこのカフェ、かなりくつろげます! 高円寺や下北沢にありそうな雰囲気。

Cimg2317音楽系プロダクションT-ENTERTAIMENTのビル1Fにある広々としたカフェ。ビルの中にはレコーディングスタジオや事務所があるみたいです。T-ENTERTAIMENTはジャウリム(紫雨林)などが所属するプロダクション。

カフェの入口には黒ネコが壁に描かれています。

店内を見渡すと、ミッド・センチュリーや北欧モダンを代表するデザイナーズのインテリアが無造作に並んでいて、イームズのラウンジチェア&オットマンが入口すぐのところにさりげな~く配置されていました。

Cimg2304窓側の席を見ると、デンマークの家具デザイナー、ハンス・J・ウェグナーが1949年にデザインした「The Chair(ザ・チェア)」! 

Hansこの椅子、「世界で最も美しい椅子」といわれ、故ケネディ大統領が使用したことでも有名。

メニューを見ると、フードメニューも、ドリンクも、夜になればワインなども充実!

Cimg2312オムレツとパンケーキのブランチセットを注文。サラダやポテト、トーストまでついてワンプレート! オムレツはふわっふわっ。

もうカフェ好きには大満足の店でした。夜も行ってみたいと思えるほど。

Cimg2305_2

店内は大きく禁煙と喫煙でエリア分けされていて、喫煙エリアが窓側の明るい方なんですよね。そして、そっちの壁にも黒ネコがコソッと描かれていました。雨降りの午前中だったので、店がすいていて、「喫煙エリアの撮影してもいいですか?」と聞いたら、どうぞどうぞ、って、ほぼ貸し切り(笑)。

このカフェから歩いてすぐの同じ通りに面した場所に、2PMのテギョンと言えば・・・で有名な「バター・フィンガー・パンケーキ」があるんですが、店の雰囲気とリラックス度は「cafe-t」の方が断然上だと思うな。

Cimg2318

Cimg2308★cafe-t

ソウル市 江南区(カンナムグ) 清潭洞(チョンダムドン)89-9
営業時間 : 10:00~24:00
http://www.cafe-t.co.kr/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

チンソンチッ @江南・新沙(ソウル)

Cimg2276CODE-Vのソルの単独取材をした時、彼のお母さんが働いているサムギョプサルのお店が「味噌漬け三枚肉のサムギョプサル」が味わえる珍しいお店だと聞いていたので、詳しい場所をソルに教えてもらった。

「新沙のプロカンジャンケジャン、わかりますか?」>>「わかりますわかります!」>>>「新沙の駅からプロカンジャンケジャンの次の角に公園があるから、その公園から2軒目です!」

その言葉をたよりに、見つけました!「チンソンチッ」。

普通にソウルガイドブックにも載っている有名店なので、私が行った時も、ガイドブックを見て来た、という日本からの観光客がいました。

Cimg2280さっそくこの店の1番人気メニュー「テンジャンパギセンサムギョッサル(味噌味生三枚肉)」を注文。肉が運ばれてくるのと同時に、いろんな葉もの野菜がテーブルいっぱいに並びました。テンジャンチゲ(みそ鍋)、キムチ、キャベツ、パムチム(ネギの和え物)、蒸し卵、野菜、ゴマの葉などが基本コース。

味噌で2~3日熟成させたサムギョプサルを、ソルのお母さん(超美人!)が切り分けて焼いてくれました。肉はいい感じに焼きあがっていきます。

Imgp0638肉が焼き上がると、美味しい食べ方をレクチャーしてくれました。

最初は粒胡椒に肉を巻いて食べ、次はお皿のソースをつけてサンチュと春菊、粒胡椒と一緒に食べる食べ方。

それから、わさび大根の薄くスライスした大根に焼いた肉をくるんで食べたり。

肉と野菜との組み合わせがいろいろあって、しかもどれもヘルシーで、美味しい!!味噌なのにこってりせず、むしろさっぱり!

次回ソウルを訪れる時も、時間を見つけて食べに行こう!と思います。また食べたい!と思う美味しさでした。

Cimg2272_2★チンソンチッ

ソウル市 瑞草区(ソチョグ) 蚕院洞(チャムウォンドン)30−7 ソンイルビルディング1F

12:00-23:00(月-土)/17:00-24:00(日曜日)

アクセス *地下鉄3号線シンサ(新沙)駅4番出口から徒歩約12分。

| | コメント (2) | トラックバック (0)